検索

5.17. Argo CD ログの表示

download PDF

Red Hat OpenShift のロギングサブシステムを使用して Argo CD ログを表示できます。ログサブシステムは、Kibana ダッシュボード上でログを視覚化します。OpenShift Logging Operator は、デフォルトで Argo CD を使用したロギングを有効にします。

5.17.1. Argo CD ログの保存と取得

Kibana ダッシュボードを使用して、Argo CD ログを保存および取得できます。

前提条件

  • Red Hat OpenShift GitOps Operator がクラスターにインストールされている。
  • Red Hat OpenShift のロギングサブシステムは、デフォルト設定でクラスターにインストールされている。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールで、 red hat applications menu icon メニュー Observability Logging に移動して Kibana ダッシュボードを表示します。
  2. インデックスパターンを作成します。

    1. すべてのインデックスを表示するには、インデックスパターンを * として定義し、Next step をクリックします。
    2. Time Filter field name として @timestamp を選択します。
    3. Create index pattern をクリックします。
  3. Kibana ダッシュボードのナビゲーションパネルで、Discover タブをクリックします。
  4. Argo CD のログを取得するフィルターを作成します。次の手順では、openshift-gitops namespace 内のすべての Pod のログを取得するフィルターを作成します。

    1. Add a filter + をクリックします。
    2. kubernetes.namespace_name フィールドを選択します。
    3. is 演算子を選択します。
    4. openshift-gitops 値を選択します。
    5. Save をクリックします。
  5. オプション: フィルターを追加して検索を絞り込みます。たとえば、特定の Pod のログを取得するには、フィールドとして kubernetes.pod_name を使用して別のフィルターを作成できます。
  6. Kibana ダッシュボードでフィルタリングされた Argo CD ログを表示します。

5.17.2. 関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.