検索

10.4. 一般的な問題および懸念事項

download PDF

このセクションでは、移行時の問題を引き起こす可能性のある懸念事項および一般的な問題について説明します。

10.4.1. ボリュームの直接移行が完了しない

ボリュームの直接移行が完了しない場合、ターゲットクラスターにソースクラスターと同じ node-selector アノテーションが含まれていない場合があります。

MTC (Migration Toolkit for Containers) は、SCC (Security Context Constraints) およびスケジューリング要件を保持するためにすべてのアノテーションで namespace を移行します。ボリュームの直接移行の際に、MTC はソースクラスターから移行された namespace のターゲットクラスターで Rsync 転送 Pod を作成します。ターゲットクラスター namespace にソースクラスター namespace と同じアノテーションがない場合、Rsync 転送 Pod はスケジュールできません。Rsync Pod は Pending 状態のままになります。

以下の手順に従って、この問題を特定し、修正できます。

手順

  1. MigMigration CR のステータスを確認します。

    $ oc describe migmigration <pod> -n openshift-migration

    出力には、以下のようなステータス情報が含まれます。

    出力例

    Some or all transfer pods are not running for more than 10 mins on destination cluster

  2. ソースクラスターで、移行した namespace の詳細を取得します。

    $ oc get namespace <namespace> -o yaml 1
    1
    移行した namespace を指定します。
  3. ターゲットクラスターで、移行した namespace を編集します。

    $ oc edit namespace <namespace>
  4. 以下の例のように、欠落している openshift.io/node-selector アノテーションを移行した namespace に追加します。

    apiVersion: v1
    kind: Namespace
    metadata:
      annotations:
        openshift.io/node-selector: "region=east"
    ...
  5. 移行計画を再度実行します。

10.4.2. エラーメッセージおよび解決

このセクションでは、MTC (Migration Toolkit for Containers) で発生する可能性のある一般的なエラーメッセージと、それらの根本的な原因を解決する方法について説明します。

10.4.2.1. MTC コンソールへの初回アクセス時に CA 証明書エラーが表示されます。

MTC コンソールへの初回アクセスを試みる際に CA certificate error が表示される場合、クラスターのいずれかでの自己署名 CA 証明書の使用が原因である可能性があります。

この問題を解決するには、エラーメッセージに表示される oauth-authorization-server URL に移動し、証明書を受け入れます。この問題を永続的に解決するには、Web ブラウザーの信頼ストアに証明書を追加します。

証明書を受け入れた後に Unauthorized メッセージが表示される場合は、MTC コンソールに移動し、Web ページを更新します。

10.4.2.2. MTC コンソールの OAuth タイムアウトエラー

自己署名証明書を受け入れた後に connection has timed out メッセージが MTC コンソールに表示される場合、以下の原因が考えられます。

  • OAuth サーバーへのネットワークアクセスが中断された。
  • OpenShift Container Platform Web コンソールへのネットワークアクセスが中断された。
  • oauth-authorization-server URL へのアクセスをブロックするプロキシー設定。詳細は、MTC console inaccessible because of OAuth timeout error を参照してください。

タイムアウトの原因を特定できます。

  • ブラウザーの Web インスペクターで MTC コンソールの Web ページを検査します。
  • Migration UI Pod ログでエラーの有無を確認します。

10.4.2.3. 不明な認証局エラーで署名された証明書

自己署名証明書を使用して MTC (Migration Toolkit for Containers) のクラスターまたはレプリケーションリポジトリーのセキュリティーを保護する場合、証明書の検証は Certificate signed by unknown authority というエラーメッセージを出して失敗する可能性があります。

カスタム CA 証明書バンドルファイルを作成し、クラスターまたはレプリケーションリポジトリーの追加時に MTC の Web コンソールでこれをアップロードできます。

手順

リモートエンドポイントから CA 証明書をダウンロードし、これを CA バンドルファイルとして保存します。

$ echo -n | openssl s_client -connect <host_FQDN>:<port> \ 1
  | sed -ne '/-BEGIN CERTIFICATE-/,/-END CERTIFICATE-/p' > <ca_bundle.cert> 2
1
エンドポイントのホスト FQDN およびポートを指定します (例: api.my-cluster.example.com:6443)。
2
CA バンドルファイルの名前を指定します。

10.4.2.4. Velero Pod ログのバックアップストレージの場所についてのエラー

Velero Backup カスタムリソースに、存在しないバックアップストレージロケーション (BSL) が含まれる場合、Velero Pod ログには以下のエラーメッセージが表示される可能性があります。

$ oc logs <Velero_Pod> -n openshift-migration

出力例

level=error msg="Error checking repository for stale locks" error="error getting backup storage location: BackupStorageLocation.velero.io \"ts-dpa-1\" not found" error.file="/remote-source/src/github.com/vmware-tanzu/velero/pkg/restic/repository_manager.go:259"

これらのエラーメッセージは無視できます。BSL がなくても、移行は失敗しません。

10.4.2.5. Velero Pod ログの Pod ボリュームバックアップのタイムアウトエラー

Restic のタイムアウトにより移行が失敗する場合、以下のエラーが Velero Pod ログに表示されます。

level=error msg="Error backing up item" backup=velero/monitoring error="timed out waiting for all PodVolumeBackups to complete" error.file="/go/src/github.com/heptio/velero/pkg/restic/backupper.go:165" error.function="github.com/heptio/velero/pkg/restic.(*backupper).BackupPodVolumes" group=v1

restic_timeout のデフォルト値は 1 時間です。大規模な移行では、このパラメーターの値を大きくすることができます。値を高くすると、エラーメッセージが返されるタイミングが遅れる可能性があることに注意してください。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールで、Operators Installed Operators に移動します。
  2. Migration Toolkit for Containers Operator をクリックします。
  3. MigrationController タブで、migration-controller をクリックします。
  4. YAML タブで、以下のパラメーター値を更新します。

    spec:
      restic_timeout: 1h 1
    1
    有効な単位は h (時間)、m (分)、および s (秒) です (例: 3h30m15s)。
  5. Save をクリックします。

10.4.2.6. MigMigration カスタムリソースの Restic 検証エラー

ファイルシステムデータのコピー方法を使用して永続ボリュームを移行する際にデータ検証が失敗すると、以下のエラーが MigMigration CR に表示されます。

出力例

status:
  conditions:
  - category: Warn
    durable: true
    lastTransitionTime: 2020-04-16T20:35:16Z
    message: There were verify errors found in 1 Restic volume restores. See restore `<registry-example-migration-rvwcm>`
      for details 1
    status: "True"
    type: ResticVerifyErrors 2

1
エラーメッセージは Restore CR 名を識別します。
2
ResticVerifyErrors は、検証エラーが含まれる一般的なエラーの警告です。
注記

データ検証エラーによって移行プロセスが失敗することはありません。

Restore CR を確認して、データ検証エラーのソースを特定できます。

手順

  1. ターゲットクラスターにログインします。
  2. Restore CR を表示します。

    $ oc describe <registry-example-migration-rvwcm> -n openshift-migration

    出力では、PodVolumeRestore エラーのある永続ボリュームを特定できます。

    出力例

    status:
      phase: Completed
      podVolumeRestoreErrors:
      - kind: PodVolumeRestore
        name: <registry-example-migration-rvwcm-98t49>
        namespace: openshift-migration
      podVolumeRestoreResticErrors:
      - kind: PodVolumeRestore
        name: <registry-example-migration-rvwcm-98t49>
        namespace: openshift-migration

  3. PodVolumeRestore CR を表示します。

    $ oc describe <migration-example-rvwcm-98t49>

    出力では、エラーをログに記録した Restic Pod を特定できます。

    出力例

      completionTimestamp: 2020-05-01T20:49:12Z
      errors: 1
      resticErrors: 1
      ...
      resticPod: <restic-nr2v5>

  4. Restic Pod ログを表示し、エラーを見つけます。

    $ oc logs -f <restic-nr2v5>

10.4.2.7. root_squash を有効にして NFS ストレージから移行する場合の Restic パーミッションエラー

NFS ストレージからデータを移行していて、root_squash が有効にされている場合、Resticnfsnobody にマップされ、これには移行を実行するパーミッションがありません。Restic Pod ログには以下のエラーが表示されます。

出力例

backup=openshift-migration/<backup_id> controller=pod-volume-backup error="fork/exec /usr/bin/restic: permission denied" error.file="/go/src/github.com/vmware-tanzu/velero/pkg/controller/pod_volume_backup_controller.go:280" error.function="github.com/vmware-tanzu/velero/pkg/controller.(*podVolumeBackupController).processBackup" logSource="pkg/controller/pod_volume_backup_controller.go:280" name=<backup_id> namespace=openshift-migration

Restic の補助グループを作成し、グループ ID を MigrationController CR マニフェストに追加して、この問題を解決することができます。

手順

  1. NFS ストレージで Restic の補助グループを作成します。
  2. NFS ディレクトリーに setgid ビットを設定して、グループの所有権が継承されるようにします。
  3. restic_supplemental_groups パラメーターを、ソースおよびターゲットクラスターの MigrationController CR マニフェストに追加します。

    spec:
      restic_supplemental_groups: <group_id> 1
    1
    補助グループ ID を指定します。
  4. Restic Pod が再起動し、変更が適用されるまで待機します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.