検索

2.3. Migration Toolkit for Containers 1.5 リリースノート

download PDF

2.3.1. 新機能および機能拡張

本リリースには、以下の新機能および機能拡張が含まれています。

  • Web コンソールの Migration 詳細 ページの Migration リソースツリーが、追加のリソース、Kubernetes イベント、および移行の監視およびデバッグ用のライブステータス情報と共に強化されました。
  • Web コンソールは、数百もの移行プランをサポートできます。
  • ソース名前空間は、移行計画で別のターゲット名前空間にマッピングすることができます。以前のバージョンでは、ソース名前空間は同じ名前を持つターゲット名前空間にマップされていました。
  • ステータス情報を含むフックフェーズは、移行時に Web コンソールに表示されます。
  • Rsync 再試行試行の数は、ボリュームの直接移行時に Web コンソールに表示されます。
  • 永続ボリューム (PV) のサイズ変更は、ターゲットクラスターがディスク領域不足しないように、ボリュームの直接移行用に有効にできます。
  • PV のサイズ変更をトリガーするしきい値は設定可能です。以前のバージョンでは、ディスクの使用状況が 97% を超えると PV のサイズ変更が発生していました。
  • Velero がバージョン 1.6 にアップグレードされ、多くの修正および機能強化が数多く追加されました。
  • キャッシュされた Kubernetes クライアントを有効にして、パフォーマンスを向上させることができます。

2.3.2. 非推奨の機能

以下の機能が非推奨になりました。

  • MTC バージョン 1.2 および 1.3 はサポートされなくなりました。
  • oc convert コマンドが非推奨になるため、非推奨の API の更新手順は、ドキュメントのトラブルシューティングセクションから削除されました。

2.3.3. 既知の問題

本リリースには、以下の既知の問題があります。

  • 400 を超える移行プランを作成する場合、Microsoft Azure ストレージは利用できません。MigStorage カスタムリソースは、以下のメッセージを表示します。The request is being throttled as the limit has been reached for operation type (このリクエストは、操作タイプの制限に達したため、スロットルされています)。(BZ#1977226)
  • 移行に失敗すると、移行計画は休止状態の Pod のカスタム永続ボリューム (PV) 設定を保持しません。移行を手動でロールバックし、移行計画を削除し、PV 設定で新たな移行計画を作成する必要があります。(BZ#1784899)
  • PV のサイズ変更は、pv_resizing_threshold が 42% 以上でない限り、AWS gp2 ストレージでは期待どおりに動作しません。(BZ#1973148)
  • PV のサイズ変更は、以下のシナリオでは OpenShift Container Platform 3.7 および 3.9 ソースクラスターでは機能しません。

    • アプリケーションは、MTC のインストール後にインストールされている。
    • アプリケーション Pod は MTC のインストール後に別のノードで再スケジュールされました。

      OpenShift Container Platform 3.7 および 3.9 では、Velero が Restic Pod に PV を自動的にマウントできるようにする Mount Propagation 機能をサポートしません。MigAnalytic カスタムリソース (CR) は、Restic Pod から PV データを収集できず、リソースを 0 として報告します。MigPlan CR は以下のようなステータスを表示します。

      出力例

      status:
        conditions:
        - category: Warn
          lastTransitionTime: 2021-07-15T04:11:44Z
          message: Failed gathering extended PV usage information for PVs [nginx-logs nginx-html], please see MigAnalytic openshift-migration/ocp-24706-basicvolmig-migplan-1626319591-szwd6 for details
          reason: FailedRunningDf
          status: "True"
          type: ExtendedPVAnalysisFailed

      PV のサイズ変更を有効にするには、ソースクラスターで Restic daemonset を手動で再起動するか、アプリケーションと同じノードで Restic Pod を再起動します。Restic を再起動しない場合、PV のサイズ変更なしにボリュームの直接移行を実行できます。(BZ#1982729)

2.3.4. 技術上の変更点

本リリースには、以下の技術上の変更点があります。

  • OpenShift Container Platform バージョン 3.7 から 4.5 では、従来の Migration Toolkit for Containers Operator バージョン 1.5.1 は手動でインストールします。
  • OpenShift Container Platform バージョン 4.6 以降では、Migration Toolkit for Containers Operator バージョン 1.5.1 は、Operator Lifecycle Manager を使用してインストールします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.