検索

概要

download PDF
OpenShift Container Platform 4.15

OpenShift Container Platform の紹介

Red Hat OpenShift Documentation Team

概要

このドキュメントでは、OpenShift Container Platform 機能の概要を説明します。

第1章 OpenShift Container Platform 4.15 ドキュメント

目次

これは、OpenShift Container Platform 4.15 の公式ドキュメントで、OpenShift Container Platform とその機能について説明しています。

OpenShift Container Platform 4.15 ドキュメント内では、次のいずれかの方法で移動できます。

  • 左側のナビゲーションバーを使用して、ドキュメントを参照します。
  • このウェルカムページのコンテンツから、興味のあるタスクを選択します。

まず、アーキテクチャーセキュリティーとコンプライアンス を確認してください。次に、リリースノート を参照してください。

1.1. クラスターインストーラーのアクティビティー

以下の OpenShift Container Platform インストールタスクを確認してください。

1.2. その他のクラスターインストーラーアクティビティー

  • 制限付きネットワークにクラスターをインストールする: クラスターが AWSGCPvSphereIBM Cloud®IBM Z® および IBM® LinuxONEIBM Power®、または ベアメタル 上の user-provisioned infrastructure を使用し、そのクラスターにインターネットへの完全なアクセス権がない場合、OpenShift Container Platform インストールイメージをミラーリングする必要があります。このアクションを実行するには、制限されたネットワークにクラスターをインストールできるように、次のいずれかの方法を使用します。

  • 既存のネットワークにクラスターをインストールする: AWS または GCP で既存の Virtual Private Cloud (VPC) を使用する場合、または Microsoft Azure で既存の VNet を使用する場合は、クラスターをインストールできます。GCP 上のクラスターを共有 VPC にインストールする ことも検討してください。
  • プライベートクラスターをインストールする: クラスターに外部インターネットアクセスが必要ない場合は、プライベートクラスターを AWSAzureGCP、または IBM Cloud® にインストールできます。クラウド API とインストールメディアにアクセスするには、引き続きインターネットアクセスが必要です。
  • インストールログを確認する: インストールログにアクセスして、OpenShift Container Platform のインストール中に発生する問題を評価します。
  • OpenShift Container Platform にアクセスする: インストールプロセスの最後に出力された認証情報を使用して、コマンドラインまたは Web コンソールから OpenShift Container Platform クラスターにログインします。
  • Red Hat OpenShift Data Foundation をインストールする: Red Hat OpenShift Data Foundation を Operator としてインストールして、高度に統合され、単純化されたコンテナーの永続ストレージを管理できます。
  • Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) イメージの階層化: インストール後のタスクとして、ベースとなっている RHCOS イメージの上に新しいイメージを追加できます。この階層化は、RHCOS のベースイメージを変更しません。代わりに、階層化により、すべての RHCOS 機能を含むカスタムの階層化イメージが作成され、クラスター内の特定のノードに機能が追加されます。

1.3. 開発者のアクティビティー

OpenShift Container Platform を使用して、コンテナー化されたアプリケーションを開発し、デプロイできます。OpenShift Container Platform は、コンテナー化されたアプリケーションを開発し、デプロイするためのプラットフォームです。OpenShift Container Platform の機能をより深く理解するには、次の OpenShift Container Platform ドキュメントを確認してください。

  • OpenShift Container Platform での開発を理解する: 単純なコンテナーから高度な Kubernetes デプロイメントや Operator に至るまで、コンテナー化された各種アプリケーションを説明します。
  • プロジェクトを使用する: OpenShift Container Platform Web コンソールまたは OpenShift CLI (oc) からプロジェクトを作成し、開発するソフトウェアを整理し共有します。
  • Developer パースペクティブを使用してアプリケーションを作成する: OpenShift Container Platform Web コンソールの Developer パースペクティブを使用して、簡単にアプリケーションを作成およびデプロイできます。
  • トポロジービューを使用してアプリケーション構成を表示する: トポロジー ビューを使用して、視覚的にアプリケーションを操作し、ステータスの監視、コンポーネントの接続とグループ化、コードベースの変更を行えます。
  • Service Binding Operator について: アプリケーション開発者は Service Binding Operator を使用して、ワークロードのバインディングデータを自動的に収集および共有することで、Operator マネージドのバッキングサービスにワークロードをバインドできます。Service Binding Operator は、クラスター環境での不一致をなくす、一貫性のある宣言型のサービスバインディングメソッドを使用し、開発ライフサイクルを改善します。
  • CI/CD パイプラインを作成する: パイプラインは、分離されたコンテナーで実行されるサーバーレス、クラウドネイティブ、継続的インテグレーション、および継続的デプロイメントシステムです。パイプラインは、標準の Tekton カスタムリソースを使用してデプロイメントを自動化し、マイクロサービスベースのアーキテクチャーで機能する分散型チーム向けに設計されています。
  • インフラストラクチャーとアプリケーションの設定を管理する: GitOps は、クラウドネイティブアプリケーションの継続的デプロイメントを実装するための宣言的な方法です。GitOps は、インフラストラクチャーおよびアプリケーションの定義をコードとして定義します。GitOps は、このコードを使用して複数のワークスペースおよびクラスターを管理し、インフラストラクチャーおよびアプリケーション設定の作成を単純化します。また、GitOps は複雑なデプロイメントを高速で処理および自動化するため、デプロイメントおよびリリースサイクル中の時間を節約できます。
  • Helm チャートをデプロイする: Helm は、アプリケーションやサービスの OpenShift Container Platform クラスターへのデプロイメントを単純化するソフトウェアパッケージマネージャーです。Helm は charts というパッケージ形式を使用します。Helm チャートは、OpenShift Container Platform リソースを記述するファイルのコレクションです。
  • イメージビルドを理解する: Git リポジトリー、ローカルバイナリー入力、外部アーティファクトなど、各種のソースマテリアルを内包できるビルドストラテジー (Docker、S2I、カスタム、パイプライン) から選択します。基本的なビルドから高度なビルドに至るまで、各種ビルドタイプの例を使用できます。
  • コンテナーイメージを作成する: コンテナーイメージは、OpenShift Container Platform および Kubernetes アプリケーションで最も基本的なビルディングブロックです。イメージストリームを定義すると、イメージストリームの開発を継続しながら、イメージの複数のバージョンを 1 か所に集めることができます。S2I コンテナーを使用すると、ソースコードをベースコンテナーに挿入できます。基本コンテナーは、Ruby、Node.js、Python などの特定のタイプのコードを実行するように設定されています。
  • デプロイメントを作成する: Deployment オブジェクトを使用して、アプリケーションの詳細な管理を行います。デプロイメントは、Pod のライフサイクルを調整するロールアウトストラテジーに従ってレプリカセットを作成します。
  • テンプレートを作成する: 既存のテンプレートを使用するか、アプリケーションのビルドまたはデプロイ方法を記述する独自のテンプレートを作成します。テンプレートは、イメージと説明、パラメーター、レプリカ、公開されたポートおよびアプリケーションの実行またはビルド方法を定義するその他のコンテンツを組み合わせることができます。
  • Operator について理解する: Operator は、OpenShift Container Platform 4.16 で推奨される、クラスターアプリケーションの作成方法です。Operator Framework について、またインストールされた Operator を使用してアプリケーションをプロジェクトにデプロイする方法について説明します。
  • Operator を開発する: Operator は、OpenShift Container Platform 4.16 で推奨される、クラスターアプリケーションの作成方法です。Operator の構築、テスト、およびデプロイのワークフローを説明します。その後、Ansible または Helm をベースにして独自の Operator を作成したり、Operator SDK を使用して ビルトイン Prometheus モニタリング を設定したりすることができます。
  • REST API インデックス の参照: OpenShift Container Platform アプリケーションプログラミングインターフェイスエンドポイントについて説明しています。

1.4. クラスター管理者のアクティビティー

マシンの管理、ユーザーへのサービス提供、監視およびログのレポートの追跡を行います。OpenShift Container Platform の機能をより深く理解するには、次の OpenShift Container Platform ドキュメントを確認してください。

  • OpenShift Container Platform を管理する: OpenShift Container Platform 4.16 コントロールプレーンのコンポーネントを説明します。OpenShift Container Platform コントロールプレーンおよびコンピュートノードが、マシン API および Operators によりどのように管理、更新されるかを確認してください。
  • クラスターのケイパビリティーを有効にする: クラスター管理者は、インストール前に無効になっていたクラスターのケイパビリティーを有効にできます。

1.4.1. クラスターコンポーネントの管理

  • マシンの管理: マシンセットを使用してクラスター内の コンピュート および コントロールプレーン マシンを管理し、ヘルスチェックをデプロイ し、オートスケーリングを適用 します。
  • コンテナーレジストリーを管理する: 各 OpenShift Container Platform クラスターには、そのイメージを保存するための組み込みのコンテナーレジストリーが含まれています。OpenShift Container Platform で使用する別の Red Hat Quay レジストリーを設定することもできます。Quay.io Web サイトは、OpenShift Container Platform コンテナーと Operator を保存するパブリックコンテナーレジストリーを提供します。
  • ユーザーとグループを管理する: クラスターの使用または変更について、さまざまなレベルのパーミッションを持つユーザーおよびグループを追加します。
  • 認証を管理する: OpenShift Container Platform で、ユーザー、グループ、および API 認証がどのように機能するかを確認します。OpenShift Container Platform は、複数のアイデンティティープロバイダー をサポートします。
  • ingressAPI サーバー、および サービス 証明書を管理する: OpenShift Container Platform は、Ingress Operator、API サーバー、および暗号化を必要とする複雑なミドルウェアアプリケーションが必要とするサービスに対して、デフォルトで証明書を作成します。これらの証明書を変更、追加、またはローテーションする必要がある場合があります。
  • ネットワークを管理する: OpenShift Container Platform のクラスターネットワークは、Cluster Network Operator (CNO) によって管理されます。CNO は、kube-proxy の iptables ルールを使用して、ノードとそれらのノード上で実行されている Pod 間のトラフィックを転送します。Multus Container Network Interface は 複数のネットワークインターフェイス を Pod に割り当てる機能を追加します。ネットワークポリシー 機能を使用すると、Pod を分離したり、選択したトラフィックを許可したりできます。
  • ストレージを管理する: OpenShift Container Platform を使用すると、クラスター管理者は Red Hat OpenShift Data FoundationAWS Elastic Block StoreNFSiSCSIContainer Storage Interface (CSI) などを使用して永続ストレージを設定できます。永続ボリュームを拡張 し、動的プロビジョニング を設定し、CSI を使用して永続ストレージの スナップショット の 設定、クローンの作成、および使用が可能です。
  • Operator を管理する: クラスター管理者は Red Hat、ISV、コミュニティーの Operator リストを確認できます。このリストは、クラスターにインストール できます。インストール後に、クラスターで Operator を 実行、アップグレード、バックアップ、管理できます。
  • Windows コンテナーのワークロードを理解する: Red Hat OpenShift の Windows コンテナー機能のサポートを使用して、OpenShift Container Platform クラスターで Windows コンピュートノードを実行できます。これは、Red Hat Windows Machine Config Operator (WMCO) を使用して Windows ノードをインストールし、管理することで実行できます。

1.4.2. クラスターコンポーネントの変更

1.4.3. クラスターの観測

  • OpenShift ロギング: ロギングについて説明し、ログストレージ、ログコレクター、ロギング Web コンソールプラグインなどのさまざまなロギングコンポーネントを設定します。
  • Red Hat OpenShift 分散トレースプラットフォーム: 分散システム、マイクロサービスのスタック全体、高負荷環境を通過する大量のリクエストを保存して視覚化します。分散トレースプラットフォームは、分散トランザクションの監視、インストルメント化されたサービスに関する詳細情報の収集、ネットワークプロファイリング、パフォーマンスとレイテンシーの最適化、根本原因の分析、クラウドネイティブマイクロサービスベースの最新アプリケーションに含まれるコンポーネント間の相互作用のトラブルシューティングに使用します。
  • Red Hat build of OpenTelemetry: テレメトリートレース、メトリクス、ログを計測、生成、収集、エクスポートして、ソフトウェアのパフォーマンスと動作を分析して把握します。Tempo や Prometheus などのオープンソースバックエンドを使用するか、商用製品を使用します。1 つの API と規則のセットについて確認し、生成したデータを所有できます。
  • ネットワーク可観測性: eBPF テクノロジーを使用してネットワークフローを作成し拡充することで、OpenShift Container Platform クラスターのネットワークトラフィックを観測します。さらに洞察を深めてトラブルシューティングを行うために、ダッシュボードの表示とアラートのカスタマイズ、および ネットワークフロー情報の分析 が可能です。
  • クラスター内監視: モニタリングスタックの設定 について説明します。モニタリングの設定後、Web コンソールを使用して モニタリングダッシュボード にアクセスします。インフラストラクチャーメトリクスに加え、独自サービスのメトリクスも収集して表示できます。
  • リモートヘルスモニタリング: OpenShift Container Platform はクラスターについての匿名の集計情報を収集します。Telemetry および Insights Operator を使用すると、このデータは Red Hat によって受信され、OpenShift Container Platform を改善するために使用されます。リモートヘルスモニタリングによって収集されたデータ を表示できます。
  • Red Hat OpenShift 用パワーモニタリング (テクノロジープレビュー): Red Hat OpenShift 用パワーモニタリングを使用すると、電力使用量を監視し、OpenShift Container Platform クラスター内で実行されている消費電力が多いコンテナーを特定できます。パワーモニタリングは、CPU や DRAM などのさまざまなコンポーネントからエネルギー関連のシステム統計情報を収集し、エクスポートします。パワーモニタリングを使用すると、Kubernetes Pod、namespace、ノードの詳細な電力消費データを取得できます。

1.5. Hosted control plane のアクティビティー

第2章 OpenShift Container Platform について

以下のセクションには、OpenShift Container Platform およびその使用に関する有用な情報を記載しています。

2.1. アーキテクト

OpenShift Container Platform についてOpenShift Container Platform デプロイメントの計画関連情報

Enterprise Kubernetes with OpenShift

Tested platforms

OpenShift ブログ

アーキテクチャー

セキュリティーおよびコンプライアンス

OpenShift Container Platform の新機能

 

ネットワーキング

OpenShift Container Platform のライフサイクル

 

バックアップおよび復元

 

2.2. クラスター管理者

OpenShift Container Platform についてOpenShift Container Platform のデプロイOpenShift Container Platform の管理関連情報

Enterprise Kubernetes with OpenShift

OpenShift Container Platform のインストール

Insights を使用したクラスターの問題の特定

サポート

アーキテクチャー

インストール後の設定

ロギング

OpenShift に関するナレッジベースの記事

OpenShift インタラクティブラーニングポータル

ネットワーキング

モニタリングの概要

OpenShift Container Platform のライフサイクル

 

ストレージ

  
 

バックアップおよび復元

  
 

クラスターの更新

  

2.3. アプリケーションサイトリライアビリティーエンジニア (App SRE)

OpenShift Container Platform についてアプリケーションのデプロイと管理関連情報

OpenShift インタラクティブラーニングポータル

プロジェクト

サポート

アーキテクチャー

Operator

OpenShift に関するナレッジベースの記事

 

ロギング

OpenShift Container Platform のライフサイクル

 

ロギングに関するブログ

 
 

モニタリング

 

2.4. 開発者

OpenShift Container Platform でのアプリケーション開発についてアプリケーションのデプロイ

Getting Started with OpenShift for Developers (インタラクティブチュートリアル)

アプリケーションの作成

Red Hat Developer Web サイト

ビルド

Red Hat OpenShift Dev Spaces (旧 Red Hat CodeReady Workspaces)

Operator

 

イメージ

 

開発者向け CLI

法律上の通知

Copyright © 2024 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.