検索

5.13. コンプライアンス Operator のアンインストール

download PDF

OpenShift Container Platform Web コンソールまたは CLI を使用して、クラスターから OpenShift コンプライアンス Operator を削除できます。

5.13.1. Web コンソールを使用した OpenShift Container Platform からの OpenShift コンプライアンス Operator のアンインストール

コンプライアンス Operator を削除するには、まず namespace のオブジェクトを削除する必要があります。オブジェクトが削除されたら、openshift-compliance プロジェクトを削除することで、Operator とその namespace を削除できます。

前提条件

  • cluster-admin パーミッションを持つアカウントを使用して OpenShift Container Platform クラスターにアクセスできる。
  • OpenShift コンプライアンス Operator をインストールする必要があります。

手順

OpenShift Container Platform Web コンソールを使用して コンプライアンス Operator を削除するには、以下を行います。

  1. Operators Installed Operators Compliance Operator ページに移動します。

    1. All instances をクリックします。
    2. All namespaces で、 kebab オプションメニューをクリックし、すべての ScanSettingBinding、ComplainceSuite、ComplianceScan、および ProfileBundle オブジェクトを削除します。
  2. Administration Operators Installed Operators ページに切り替えます。
  3. Compliance Operator エントリーのオプションメニュー kebab をクリックして Uninstall Operator を選択します。
  4. Home Projects ページに切り替えます。
  5. コンプライアンスを検索します。
  6. openshift-compliance プロジェクトの横にある Options メニュー kebab をクリックし、Delete Project を選択します。

    1. ダイアログボックスに openshift-compliance と入力して削除を確認し、Delete をクリックします。

5.13.2. CLI を使用した OpenShift Container Platform からの OpenShift コンプライアンス Operator のアンインストール

コンプライアンス Operator を削除するには、まず namespace のオブジェクトを削除する必要があります。オブジェクトが削除されたら、openshift-compliance プロジェクトを削除することで、Operator とその namespace を削除できます。

前提条件

  • cluster-admin パーミッションを持つアカウントを使用して OpenShift Container Platform クラスターにアクセスできる。
  • OpenShift コンプライアンス Operator をインストールする必要があります。

手順

  1. namespace のすべてのオブジェクトを削除します。

    1. ScanSettingBinding オブジェクトを削除します。

      $ oc delete ssb <ScanSettingBinding-name> -n openshift-compliance
    2. ScanSetting オブジェクトを削除します。

      $ oc delete ss <ScanSetting-name> -n openshift-compliance
    3. ComplianceSuite オブジェクトを削除します。

      $ oc delete suite <compliancesuite-name> -n openshift-compliance
    4. ComplianceScan オブジェクトを削除します。

      $ oc delete scan <compliancescan-name> -n openshift-compliance
    5. ProfileBundle オブジェクトを取得します。

      $ oc get profilebundle.compliance -n openshift-compliance

      出力例

      NAME     CONTENTIMAGE                                                                     CONTENTFILE         STATUS
      ocp4     registry.redhat.io/compliance/openshift-compliance-content-rhel8@sha256:<hash>   ssg-ocp4-ds.xml     VALID
      rhcos4   registry.redhat.io/compliance/openshift-compliance-content-rhel8@sha256:<hash>   ssg-rhcos4-ds.xml   VALID

    6. ProfileBundle オブジェクトを削除します。

      $ oc delete profilebundle.compliance ocp4 rhcos4 -n openshift-compliance

      出力例

      profilebundle.compliance.openshift.io "ocp4" deleted
      profilebundle.compliance.openshift.io "rhcos4" deleted

  2. Subscription オブジェクトを削除します。

    $ oc delete sub <Subscription-Name> -n openshift-compliance
  3. CSV オブジェクトを削除します。

    $ oc delete CSV -n openshift-compliance
  4. プロジェクトを削除します。

    $ oc delete project -n openshift-compliance

    出力例

    project.project.openshift.io "openshift-compliance" deleted

検証

  1. namespace が削除されていることを確認します。

    $ oc get project/openshift-compliance

    出力例

    Error from server (NotFound): namespaces "openshift-compliance" not found

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.