検索

1.3.2. 問題の解決: 再インストールの失敗

download PDF

この問題が発生した場合は、以下の手順を実行します。

  1. アンインストール の手順に従い、現在のコンポーネントを削除し、アンインストールプロセスを実行します。
  2. Installing Helm の手順に従い、Helm CLI バイナリーバージョン 3.2.0 以降をインストールします。
  3. oc コマンドが実行できるように、Red Hat OpenShift Container Platform CLI が設定されていることを確認してください。oc コマンドの設定方法に関する詳細は、Red Hat OpenShift ドキュメントの「CLI の使用方法」を参照してください。
  4. 以下のスクリプトをファイルにコピーします。

    #!/bin/bash
    ACM_NAMESPACE=<namespace>
    oc delete mch --all -n $ACM_NAMESPACE
    helm ls --namespace $ACM_NAMESPACE | cut -f 1 | tail -n +2 | xargs -n 1 helm delete --namespace $ACM_NAMESPACE
    oc delete apiservice v1.admission.cluster.open-cluster-management.io v1beta1.webhook.certmanager.k8s.io
    oc delete clusterimageset --all
    oc delete configmap -n $ACM_NAMESPACE cert-manager-controller cert-manager-cainjector-leader-election cert-manager-cainjector-leader-election-core
    oc delete consolelink acm-console-link
    oc delete crd klusterletaddonconfigs.agent.open-cluster-management.io placementbindings.policy.open-cluster-management.io policies.policy.open-cluster-management.io userpreferences.console.open-cluster-management.io searchservices.search.acm.com
    oc delete mutatingwebhookconfiguration cert-manager-webhook
    oc delete oauthclient multicloudingress
    oc delete rolebinding -n kube-system cert-manager-webhook-webhook-authentication-reader
    oc delete scc kui-proxy-scc
    oc delete validatingwebhookconfiguration cert-manager-webhook

    スクリプトの <namespace> は、Red Hat Advanced Cluster Management がインストールされている namespace 名に置き換えます。namespace が消去され削除されるため、正しい namespace を指定するようにしてください。

  5. スクリプトを実行して、アーティファクトを以前のインストールから削除します。
  6. インストールを実行します。「ネットワーク接続時のオンラインインストール」を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.