検索

1.4.2. コンソールを使用した認証情報の作成

download PDF

Red Hat Advanced Cluster Management コンソールから認証情報を作成するには、以下の手順を実行します。

  1. ナビゲーションメニューから Credentials に移動します。既存の認証情報が表示されます。
  2. Add credential を選択します。
  3. VMware vSphere をプロバイダーとして選択します。
  4. 認証情報の名前を追加します。
  5. 一覧から認証情報の namespace を選択します。

    ヒント: 便宜上およびセキュリティー向上のため、認証情報のホスト専用の namespace を作成します。

  6. オプションで、認証情報の ベース DNS ドメイン を追加できます。ベース DNS ドメインを認証情報に追加した場合には、この認証情報でクラスターを作成すると、このベース DNS ドメインは自動的に正しいフィールドに設定されます。
  7. VMware vCenter サーバーの完全修飾ホスト名または IP アドレス を追加します。値は vCenter サーバーのルート CA 証明書に定義する必要があります。可能な場合は、完全修飾ホスト名を使用します。
  8. VMware vCenter のユーザー名 を追加します。
  9. VMware vCenter パスワード を追加します。
  10. VMware vCenter ルート CA 証明書 を追加します。

    1. VMware vCenter サーバー (https://<vCenter_address>/certs/download.zip) から download.zip として証明書をダウンロードできます。vCenter_address は、vCenter サーバーのアドレスに置き換えます。
    2. download.zip のパッケージを展開します。
    3. 拡張が .0certs/<platform> ディレクトリーから証明書を使用します。ヒント: ls certs/<platform> コマンドを使用して、お使いのプラットフォームで使用可能な全証明書を一覧表示できます。

      <platform> は、linmac または win など、お使いのプラットフォームに置き換えます。

      例: certs/lin/3a343545.0

  11. VMware vSphere クラスター名 を追加します。
  12. VMware vSphere データセンター を追加します。
  13. VMware vSphere デフォルトデータストア を追加します。
  14. Red Hat OpenShift pull secret を入力します。Pull secret からプルシークレットをダウンロードします。
  15. SSH 秘密鍵SSH 公開鍵 を追加し、クラスターに接続できるようにします。既存のキーペアを使用するか、キー生成プログラムで新しいキーを作成できます。詳細は、「SSH プライベートキーの生成およびエージェントへの追加」を参照してください。
  16. Create をクリックします。
  17. 新規の認証情報を確認し、Add をクリックします。認証情報を追加すると、認証情報の一覧に追加されます。

VMware vSphere でのクラスターの作成」の手順を実行して、この認証情報を使用するクラスターを作成します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.