検索

バックアップおよび復元

download PDF
Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes 3.70

Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes のバックアップおよび復元

概要

バックアップからシステムをバックアップし、復元する方法を説明します。

第1章 Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes のバックアップ

Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes のデータバックアップを実行できます。これらのバックアップは、インフラストラクチャーの災害やデータの破損が発生した場合のデータの復元に使用できます。

Amazon S3 または Google Cloud Storage と統合することで、自動バックアップまたはオンデマンドバックアップを設定できます。または、roxctl コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用してオンデマンドバックアップを実行できます。

バックアップには、Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes データベース全体が含まれます。これには、すべての設定、リソース、イベント、および証明書が含まれます。バックアップが安全に保存されていることを確認してください。

重要

3.0.53 以前の Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes を使用している場合は、バックアップに証明書が含まれていません。

1.1. roxctl CLI を使用したオンデマンドバックアップ

roxctl CLI を使用して、backup コマンドを使用してバックアップを作成できます。このコマンドを実行するには、API トークンまたは管理者パスワードのいずれかが必要です。

1.1.1. API トークンを使用したオンデマンドバックアップ

API トークンを使用して、Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes のデータベース全体をバックアップできます。

前提条件

  • Admin ロールを持つ API トークンが必要です。
  • roxctl CLI をインストールしている。

手順

  1. ROX_API_TOKEN および ROX_CENTRAL_ADDRESS 環境変数を設定します。

    $ export ROX_API_TOKEN=<api_token>
    $ export ROX_CENTRAL_ADDRESS=<address>:<port_number>
  2. backup コマンドを実行します。

    • Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes 3.0.55 以降の場合:

      $ roxctl -e "$ROX_CENTRAL_ADDRESS" central backup
    • Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes 3.0.54 以降の場合:

      $ roxctl -e "$ROX_CENTRAL_ADDRESS" central db backup

デフォルトでは、roxctl CLI はコマンドを実行したディレクトリーにバックアップファイルを保存します。--output オプションを使用して、バックアップファイルの場所を指定できます。

関連情報

1.1.2. 管理者パスワードを使用したオンデマンドバックアップ

管理者パスワードを使用して、Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes のデータベース全体をバックアップできます。

前提条件

  • 管理者パスワードが必要である。
  • roxctl CLI をインストールしている。

手順

  1. ROX_CENTRAL_ADDRESS 環境変数を設定します。

    $ export ROX_CENTRAL_ADDRESS=<address>:<port_number>
  2. backup コマンドを実行します。

    • Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes 3.0.55 以降の場合:

      $ roxctl -p <admin_password> -e "$ROX_CENTRAL_ADDRESS" central backup
    • Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes 3.0.54 以降の場合:

      $ roxctl -p <admin_password> -e "$ROX_CENTRAL_ADDRESS" central db backup

デフォルトでは、roxctl CLI はコマンドを実行したディレクトリーにバックアップファイルを保存します。--output オプションを使用して、バックアップファイルの場所を指定できます。

第2章 バックアップからの復元

roxctl コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用して、既存のバックアップから Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes を復元できます。

roxctl CLI を使用して、restore コマンドを使用して Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes を復元できます。このコマンドを実行するには、API トークンまたは管理者パスワードのいずれかが必要です。

2.1. API トークンを使用した復元

API トークンを使用して、Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes のデータベース全体を復元できます。

前提条件

  • Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes バックアップファイルが必要です。
  • 管理者ロールを持つ API トークンがある。
  • roxctl CLI をインストールしている。

手順

  1. ROX_API_TOKEN および ROX_CENTRAL_ADDRESS 環境変数を設定します。

    $ export ROX_API_TOKEN=<api_token>
    $ export ROX_CENTRAL_ADDRESS=<address>:<port_number>
  2. restore コマンドを実行します。

    $ roxctl -e "$ROX_CENTRAL_ADDRESS" central db restore <backup_file>

2.2. 管理者パスワードを使用した復元

管理者パスワードを使用して、Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes のデータベース全体を復元できます。

前提条件

  • Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes バックアップファイルが必要です。
  • 管理者パスワードが必要である。
  • roxctl CLI をインストールしている。

手順

  1. ROX_CENTRAL_ADDRESS 環境変数を設定します。

    $ export ROX_CENTRAL_ADDRESS=<address>:<port_number>
  2. restore コマンドを実行します。

    $ roxctl -p <admin_password> -e "$ROX_CENTRAL_ADDRESS" central db restore <backup_file>

2.3. 復元操作の再開

復元操作中に接続が中断された場合、またはオフラインにする必要がある場合は、復元操作を再開できます。

  • 再開操作を実行しているマシンにアクセスできない場合は、roxctl central db restore status コマンドを使用して、進行中の復元操作の状況を確認してください。
  • 接続が中断された場合、roxctl CLI は、接続が使用可能になると自動的にタスクの復元を試みます。自動接続の再試行は、timeout オプションで指定された期間によって異なります。
  • --timeout オプションを使用して、時間を秒、分、または時間で指定します。その後、roxctl CLI は復元操作の再開を停止します。指定しない場合、デフォルトのタイムアウトは 10 分 (10m) です。
  • 復元操作がスタックしている場合、またはそれをキャンセルしたい場合は、roxctl central db restore cancel コマンドを使用して、進行中の復元操作をキャンセルします。
  • 復元操作がスタックしている場合、キャンセルした場合、またはタイムアウトした場合は、元のコマンドを再実行することで以前の復元を再開できます。
注記
  • 中断中、Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes は、進行中の復元操作を 24 時間キャッシュします。元の復元コマンドを再実行すると、この操作を再開できます。
  • --timeout オプションは、クライアント側の接続の再試行のみを管理し、24 時間のサーバー側の復元キャッシュには影響しません。
  • Central Pod を再起動しても、復元操作を再開することはできません。
  • 復元操作が中断された場合は、24 時間以内に、Central が再起動する前に再起動する必要があります。そうしないと、Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes が復元操作をキャンセルします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.