検索

3.4.2. Scanner 設定

download PDF
パラメーター説明

scanner.analyzer.nodeSelector

この Scanner を特定のノードでのみ実行する場合は、このパラメーターを使用してノードセレクターを設定できます。

scanner.analyzer.tolerations

ノードセレクターが taint されたノードを選択する場合は、このパラメーターを使用して、Scanner の taint toleration キー、値、および effect を指定します。このパラメーターは、主にインフラストラクチャーノードに使用されます。

scanner.analyzer.resources.limits

このパラメーターを使用して、scanner のデフォルトのリソース制限をオーバーライドします。

scanner.analyzer.resources.requests

このパラメーターを使用して、scanner のデフォルトのリソースリクエストをオーバーライドします。

scanner.analyzer.scaling.autoScaling

有効にすると、アナライザーレプリカの数は、指定された範囲内で、負荷に応じて動的に管理されます。

scanner.analyzer.scaling.maxReplicas

アナライザーの自動スケーリング設定で使用するレプリカの最大数を指定します

scanner.analyzer.scaling.minReplicas

アナライザーの自動スケーリング設定で使用する最低限のレプリカを指定します

scanner.analyzer.scaling.replicas

自動スケーリングが無効になっている場合、レプリカの数は常にこの値に一致するように設定されます。

scanner.db.nodeSelector

このコンポーネントを特定のノードでのみ実行する場合は、このパラメーターを使用してノードセレクターを設定できます。

scanner.db.tolerations

ノードセレクターが taint されたノードを選択する場合は、このパラメーターを使用して、Scanner DB の taint toleration キー、値、および effect を指定します。このパラメーターは、主にインフラストラクチャーノードに使用されます。

scanner.db.resources.limits

このパラメーターを使用して、scanner のデフォルトのリソース制限をオーバーライドします。

scanner.db.resources.requests

このパラメーターを使用して、scanner のデフォルトのリソースリクエストをオーバーライドします。

scanner.scannerComponent

Scanner をデプロイしない場合は、このパラメーターを使用して Scanner を無効にできます。Scanner を無効にすると、このセクションの他のすべての設定は effect を持ちません。Red Hat は、Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes Scanner を無効にすることを推奨していません。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.