検索

7.2.2. 再割り当て JSON ファイルの生成

download PDF

指定されたトピックセットのすべてのパーティションを指定のブローカーセットに割り当てる最も簡単な方法は、kafka-reassign-partitions.sh --generate, コマンドを使用して再割り当て JSON ファイルを生成します。

bin/kafka-reassign-partitions.sh --zookeeper <ZooKeeper> --topics-to-move-json-file <TopicsFile> --broker-list <BrokerList> --generate

<TopicsFile> は、移動するトピックを一覧表示する JSON ファイルです。これには、以下の構造が含まれます。

{
  "version": 1,
  "topics": [
    <TopicObjects>
  ]
}

ここで <TopicObjects> は、以下のようなコンマ区切りのオブジェクトリストになります。

{
  "topic": <TopicName>
}

たとえば、topic-a および topic-b のすべてのパーティションをブローカー 4 に移動する場合、 7

bin/kafka-reassign-partitions.sh --zookeeper localhost:2181 --topics-to-move-json-file topics-to-be-moved.json --broker-list 4,7 --generate

ここで、topics-to-be-moved.json の内容があります。

{
  "version": 1,
  "topics": [
    { "topic": "topic-a"},
    { "topic": "topic-b"}
  ]
}
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.