検索

4.2.2. Operator ベースのブローカーデプロイメントのアドレスおよびキューの作成

download PDF

以下の手順では、カスタムリソース (CR) インスタンスを使用してアドレスおよび関連付けられたキューを Operator ベースのブローカーデプロイメントに追加する方法を説明します。

注記

ブローカーデプロイメントに複数のアドレスやキューを作成するには、個別の CR ファイルを作成してそれらを個別にデプロイし、それぞれのケースに新しいアドレスやキュー名を指定する必要があります。さらに、各 CR インスタンスの name 属性は一意である必要があります。

前提条件

手順

  1. カスタムリソース (CR) インスタンスの設定を開始し、ブローカーデプロイメントのアドレスおよびキューを定義します。

    1. OpenShift コマンドラインインターフェースの使用:

      1. ブローカーデプロイメントのプロジェクトに CR をデプロイする権限を持つユーザーとして OpenShift にログインします。

        oc login -u <user> -p <password> --server=<host:port>
      2. ダウンロードした Operator インストールアーカイブの deploy/crs ディレクトリーに含まれる broker_activemqartemisaddress_cr.yaml というサンプル CR ファイルを開きます。
    2. OpenShift Container Platform Web コンソールの使用

      1. ブローカーデプロイメントのプロジェクトに CR をデプロイする権限を持つユーザーとしてコンソールにログインします。
      2. アドレス CRD に基づいて新規 CR インスタンスを起動します。左側のペインで、Administration Custom Resource Definitions をクリックします。
      3. ActiveMQArtemisAddresss CRD をクリックします。
      4. Instances タブをクリックします。
      5. Create ActiveMQArtemisAddress をクリックします。

        コンソールで、YAML エディターが開き、CR インスタンスを設定できます。

  2. CR の spec セクションで、行を追加してアドレス、キュー、およびルーティングタイプを定義します。以下に例を示します。

    apiVersion: broker.amq.io/v2alpha2
    kind: ActiveMQArtemisAddress
    metadata:
        name: myAddressDeployment0
        namespace: myProject
    spec:
        ...
        addressName: myAddress0
        queueName: myQueue0
        routingType: anycast
        ...

    上記の設定では、myQueue0 という名前のキューと anycast ルーティングタイプを持つ myAddress0 という名前のアドレスが定義されます。

    注記

    metadata セクションで、namespace プロパティーを追加し、OpenShift Container Platform Web コンソールを使用して CR インスタンスを作成する場合にのみ値を指定する必要があります。指定する値は、ブローカーデプロイメントの OpenShift プロジェクトの名前です。

  3. CR インスタンスをデプロイします。

    1. OpenShift コマンドラインインターフェースの使用:

      1. CR ファイルを保存します。
      2. ブローカーデプロイメントのプロジェクトに切り替えます。

        $ oc project <project_name>
      3. CR インスタンスを作成します。

        $ oc create -f <path/to/address_custom_resource_instance>.yaml
    2. OpenShift Web コンソールの使用

      1. CR の設定が完了したら、Create をクリックします。
  4. (オプション) CR インスタンスを使用して以前にデプロイメントに追加されたアドレスおよびキューを削除するには、以下のコマンドを使用します。

    $ oc delete -f <path/to/address_custom_resource_instance>.yaml
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.