検索

3.3.2. OperatorHub からの Operator のデプロイ

download PDF

この手順では、OperatorHub を使用して、AMQ Broker の Operator の最新バージョンを指定された OpenShift プロジェクトにデプロイする方法について説明します。

重要

OperatorHub を使用した Operator のデプロイには、クラスター管理者権限が必要です。

前提条件

  • Red Hat Integration - AMQ Broker for RHEL 8 (Multiarch) Operator は Operator Hub で入手できる必要があります。

手順

  1. クラスター管理者として OpenShift Container Platform Web コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションメニューで、Operators OperatorHub をクリックします。
  3. OperatorHub ページ上部の Project ドロップダウンメニューで、Operator をデプロイするプロジェクトを選択します。
  4. OperatorHub ページで、Filter by keyword…​ ボックスを使用して Red Hat Integration - AMQ Broker Operator for RHEL 8 (Multiarch) を見つけます。

    注記

    OperatorHub では、名前に AMQ Broker が含まれているよりも多くの Operator を見つける可能性があります。Red Hat Integration-AMQ Broker for RHEL 8(Multiarch) Operator をクリックしてください。この Operator をクリックしたら、開いている情報ペインを確認します。AMQ Broker 7.9 では、この Operator の最新のマイナーバージョンタグは 7. 9.3-opr-3 です

  5. Red Hat Integration - AMQ Broker for RHEL 8(Multiarch) Operator をクリックします。表示されるダイアログボックスで、Install をクリックします。
  6. Install Operator ページで以下を行います。

    1. Update Channel で、以下のラジオボタンで 7.x を選択して、Operator の更新を追跡および受信するために使用されるチャネルを指定します。

      • 7.x - このチャンネルは利用可能な場合に 7.10 に更新されます。
      • 7.8.x - Long Term Support (LTS) チャンネルです。
    2. インストールモードで、Operator が監視する名前空間を選択します。

      • クラスター上の特定の名前空間: Operator は対象の名前空間にインストールされ、CR に変更がないか、対象の名前空間のみを監視します。
      • すべての名前空間 - Operator は、CR の変更がないか、すべての名前空間を監視します。
      注記

      以前のバージョンの Operator を使用してブローカーをデプロイし、Operator をデプロイして多くの名前空間を監視する場合は、アップグレードする前にを参照してください。

  7. Installed Namespace ドロップダウンメニューから、Operator をインストールするプロジェクトを選択します。
  8. Approval Strategy で、Automatic のラジオボタンが選択されていることを確認します。このオプションは、インストールを実行するために Operator への更新を手動で承認する必要がないように指定します。
  9. Install をクリックします。

Operator のインストールが完了すると、Installed Operators ページが開きます。Red Hat Integration - AMQ Broker for RHEL 8 (Multiarch) Operator が指定したプロジェクト名前空間にインストールされていることが確認できるはずです。

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.