検索

13.2.40. ContainerTemplate スキーマ参照

download PDF

CruiseControlTemplateEntityOperatorTemplateKafkaBridgeTemplateKafkaClusterTemplateKafkaConnectTemplateKafkaExporterTemplateKafkaMirrorMakerTemplateZookeeperClusterTemplate で使用されます。

ContainerTemplateスキーマプロパティの全リスト

コンテナーのカスタムのセキュリティーコンテキストおよび環境変数を設定できます。

環境変数は、env プロパティーで name および value フィールドのあるオブジェクトのリストとして定義されます。以下の例は、Kafka ブローカーコンテナーに設定された 2 つのカスタム環境変数と 1 つのセキュリティーコンテキストを示しています。

# ...
template:
  kafkaContainer:
    env:
    - name: EXAMPLE_ENV_1
      value: example.env.one
    - name: EXAMPLE_ENV_2
      value: example.env.two
    securityContext:
      runAsUser: 2000
# ...

KAFKA_ で始まる環境変数は AMQ Streams 内部となるため、使用しないようにしてください。AMQ Streams によってすでに使用されているカスタム環境変数を設定すると、その環境変数は無視され、警告がログに記録されます。

13.2.40.1. ContainerTemplateスキーマのプロパティ

プロパティー説明

env

コンテナーに適用する必要のある環境変数。

ContainerEnvVar array

securityContext

コンテナーのセキュリティーコンテキスト。詳細は、core/v1 securitycontext の外部ドキュメント を参照してください。

SecurityContext

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.