検索

13.2.20. KafkaAuthorizationKeycloak スキーマ参照

download PDF

KafkaClusterSpec で使用

typeプロパティは、KafkaAuthorizationKeycloakタイプの使用をKafkaAuthorizationSimpleKafkaAuthorizationOpaKafkaAuthorizationCustomと区別するための識別子です。KafkaAuthorizationKeycloak タイプには keycloak の値が必要です。

プロパティー説明

type

keycloak でなければなりません。

string

clientId

Kafka クライアントが OAuth サーバーに対する認証に使用し、トークンエンドポイント URI を使用することができる OAuth クライアント ID。

string

tokenEndpointUri

承認サーバートークンエンドポイント URI。

string

tlsTrustedCertificates

OAuth サーバーへの TLS 接続の信頼済み証明書。

CertSecretSource array

disableTlsHostnameVerification

TLS ホスト名の検証を有効または無効にします。デフォルト値は false です。

boolean

delegateToKafkaAcls

Red Hat Single Sign-On の Authorization Services ポリシーにより DENIED となった場合に、承認の決定を 'Simple' オーソライザーに委譲すべきかどうか。デフォルト値は false です。

boolean

grantsRefreshPeriodSeconds

連続する付与 (Grants) 更新実行の間隔 (秒単位)。デフォルト値は 60 です。

integer

grantsRefreshPoolSize

アクティブなセッションの付与(Grants) の更新に使用するスレッドの数。スレッドが多いほど並列処理多くなるため、ジョブがより早く完了します。ただし、使用するスレッドが多いほど、承認サーバーの負荷が大きくなります。デフォルト値は 5 です。

integer

superUsers

スーパーユーザーの一覧。無制限のアクセス権を取得する必要のあるユーザープリンシパルの一覧が含まれなければなりません。

文字列の配列

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.