検索

10.2. Ansible Visual Studio Code 拡張機能エラーのトラブルシューティング

download PDF

10.2.1. Ansible VS Code 拡張機能を使用して生成されたコードの推奨事項を表示できない

以下のシナリオが考えられます。

  • 403 エラー メッセージが表示される。

    このエラーを解決するには、以下を確認してください。

    • 組織管理者が組織用に Red Hat Ansible Lightspeed を設定している。
    • Ansible Automation Platform と IBM watsonx Code Assistant の両方にトライアルまたは有料のサブスクリプションがある組織に所属している。
  • 必要な Ansible VS コードエクステンション設定が指定されていない。

    • このエラーを解決するには、Lightspeed:Enabled および Lightspeed Suggestions:Enabled 設定を有効にしていることを確認してください。詳細は、Ansible VS Code 拡張機能の設定 を参照してください。
  • VS Code で推論要求を行うと、Failure on completion requests エラーが発生する。

    Ansible Automation Platform と IBM watsonx Code Assistant の両方の試用版または有料サブスクリプションを所有する組織の一員であるが、組織管理者が組織用に IBM watsonx Code Assistant モデルを設定していない場合、VS Code で推論リクエストを行うときに Failure on completion requests エラーが発生します。

  • 1 つまたは複数のタスクをリクエストした場合に Ansible Lightspeed encountered an error.Try again after some time. エラーメッセージが表示される。

    このエラーは、VS Code でリモート SSH 拡張機能を使用して、Playbook で単一タスクまたはマルチタスクの推奨事項をリクエストしたときに発生します。ただし、ロールを使用する場合は、タスクの推奨事項が生成されます。このエラーは、多数のロールを含むワークスペースで発生します。

  • VS Code Workspace 設定は、ユーザー設定を上書きします。

    ワークスペース設定が指定されている場合、Ansible VS Code 拡張機能を正しく設定していても、ユーザー設定が上書きされる可能性があります。ワークスペース設定により VS Code 拡張機能設定が無効になる可能性があるため、Ansible Lightspeed サービスにアクセスできなくなります。

    このエラーを解決するには、VS Code に Workspace 設定が設定されていないことを確認してください。詳細は、VS Code ドキュメントの Workspace settings を参照してください。

  • マルチタスクプロンプトを入力しましたが、コードの推奨事項は生成されない。

    このエラーを解決するには、VS Code からログアウトし、Red Hat アカウントを使用して再度ログインします。

  • 別の場所をクリックしたか、別のウィンドウに切り替えました。したがって、入力されたコードの推奨事項は表示されなくなりました。

    Red Hat Ansible Lightspeed サービスでは、コードの推奨事項を入力するのにタスクごとに数秒かかる場合があります。マルチタスクプロンプトを使用している場合は、Red Hat Ansible Lightspeed サービスが結果を入力するのに少し時間がかかります。コードの推奨事項の生成中は、カーソルを移動したりキーを押したりしないでください。カーソルの位置を変更するか、任意のキーを押すと、Ansible VS Code 拡張機能はリクエストをキャンセルし、Red Hat Ansible Lightspeed サービスはリクエストを処理しません。このシナリオでは、カーソルを元の位置に戻し、結果を再入力する必要があります。

10.2.2. Ansible VS Code 拡張機能を使用してコードの推奨事項を要求できない

次のエラーメッセージが表示されます (
Your trial to the generative AI model has expired.Refer to your IBM Cloud Account to re-enable access to the IBM watsonx Code Assistant.)。

このエラーを解決するには、IBM Cloud アカウントを参照してアップグレードオプションを選択してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.