検索

第1章 Red Hat build of OpenJDK の概要

download PDF

OpenJDK は、Java Platform Standard Edition (Java SE)のオープンソース実装です。Red Hat ビルドの OpenJDK は、アップストリームの OpenJDK 8u、OpenJDK 11u、および OpenJDK 17u プロジェクトをベースとしており、すべてのバージョンで Shenandoah Garbage Collector が含まれています。

  • マルチプラットフォーム: Red Hat build of OpenJDK が Windows および RHEL でサポートされるようになりました。これは、デスクトップ、データセンター、およびハイブリッドクラウド全体で単一の Java プラットフォームを標準化するのに役立ちます。
  • 頻繁なリリース: Red Hat は、Red Hat build of OpenJDK 8、Red Hat build of OpenJDK 11、および Red Hat build of OpenJDK 17 ディストリビューションに対して、JRE および JDK の四半期の更新を提供します。これらは rpm、portables、msizip ファイル、およびコンテナーとして利用できます。
  • 長期サポート: Red Hat は、最近リリースされた Red Hat build of OpenJDK 8、Red Hat build of OpenJDK 11、および Red Hat build of OpenJDK 17 ディストリビューションをサポートします。サポートライフサイクルの詳細は、OpenJDK のライフサイクルおよびサポートポリシー を参照してください。
  • Java Web Start: Red Hat build of OpenJDK は、RHEL 用の Java Web Start をサポートします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.