検索

3.10. バケットライフサイクル

download PDF

ストレージ管理者では、バケットのライフサイクル設定を使用してオブジェクトを管理し、そのオブジェクトが有効期間中効果的に保存されるようにすることができます。たとえば、オブジェクトを、ユースケースに基づいて、コストの低いストレージクラス、アーカイブ、または削除にできます。

注記

radosgw-admin lc reshard コマンドは Red Hat Ceph Storage 3.3 で非推奨となり、Red Hat Ceph Storage 4 以降のリリースではサポートされません。

3.10.1. ライフサイクル管理ポリシーの作成

radosgw-admin コマンドを使用する代わりに、標準の S3 操作を使用してバケットのライフサイクルポリシー設定を管理できます。RADOS Gateway は、バケットに適用される Amazon S3 API ポリシー言語のサブセットのみをサポートします。ライフサイクル設定には、バケットオブジェクトのセットに定義される 1 つまたは複数のルールが含まれます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Storage クラスター
  • Ceph Object Gateway のインストール
  • Ceph Object Gateway ノードへのルートレベルのアクセス。
  • S3 バケットが作成されている。
  • ユーザーアクセスで作成された S3 ユーザー。
  • AWS CLI パッケージがインストールされた Ceph Object Gateway クライアントへのアクセス。

手順

  1. ライフサイクル設定用の JSON ファイルを作成します。

    [user@client ~]$ vi lifecycle.json

  2. ファイルに特定のライフサイクル設定ルールを追加します。

    {
    	"Rules": [
            {
    		    "Filter": {
    			    "Prefix": "images/"
    		    },
    		    "Status": "Enabled",
    		    "Expiration": {
    			    "Days": 1
    		    },
    		    "ID": "ImageExpiration"
    	    }
        ]
    }

    ライフサイクル設定の例では、1 日以上経過した images ディレクトリーのオブジェクトの有効期限が切れます。

  3. バケットにライフサイクル設定を設定します。

    構文

    aws --endpoint-url=RADOSGW_ENDPOINT_URL:PORT s3api put-bucket-lifecycle-configuration --bucket BUCKET_NAME --lifecycle-configuration file://PATH_TO_LIFECYCLE_CONFIGURATION_FILE/LIFECYCLE_CONFIGURATION_FILE.json

    [user@client ~]$ aws --endpoint-url=http://host01:80 s3api put-bucket-lifecycle-configuration --bucket testbucket --lifecycle-configuration file://lifecycle.json

    この例では、lifecycle.json ファイルが現在のディレクトリーに存在します。

検証

  • バケットのライフサイクル設定を取得します。

    構文

    aws --endpoint-url=RADOSGW_ENDPOINT_URL:PORT s3api get-bucket-lifecycle-configuration --bucket BUCKET_NAME

    [user@client ~]$ aws --endpoint-url=http://host01:80 s3api get-bucket-lifecycle-configuration --bucket testbucket
    {
    	"Rules": [
            {
    		    "Expiration": {
    			    "Days": 1
    		    },
    		    "ID": "ImageExpiration",
    		    "Filter": {
    			    "Prefix": "images/"
    		    },
    		    "Status": "Enabled"
    	    }
        ]
    }

  • オプション:Ceph Object Gateway ノードから、Cephadm シェルにログインし、バケットのライフサイクル設定を取得します。

    構文

    radosgw-admin lc get --bucket=BUCKET_NAME

    [root@rgw ~]# radosgw-admin lc get --bucket=testbucket
    {
    	"prefix_map": {
    		"images/": {
    			"status": true,
    			"dm_expiration": false,
    			"expiration": 1,
    			"noncur_expiration": 0,
    			"mp_expiration": 0,
    			"transitions": {},
    			"noncur_transitions": {}
    		}
    	},
    	"rule_map": [
            {
    		"id": "ImageExpiration",
    		"rule": {
    			"id": "ImageExpiration",
    			"prefix": "",
    			"status": "Enabled",
    			"expiration": {
    				"days": "1",
    				"date": ""
    			},
    			"mp_expiration": {
    				"days": "",
    				"date": ""
    			},
    			"filter": {
    				"prefix": "images/",
    				"obj_tags": {
    					"tagset": {}
    				}
    			},
    			"transitions": {},
    			"noncur_transitions": {},
    			"dm_expiration": false
    		}
    	}
      ]
    }

関連情報

3.10.2. ライフサイクル管理ポリシーの削除

s3api delete-bucket-lifecycle コマンドを使用すると、指定されたバケットのライフサイクル管理ポリシーを削除できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Storage クラスター
  • Ceph Object Gateway のインストール
  • Ceph Object Gateway ノードへのルートレベルのアクセス。
  • S3 バケットが作成されている。
  • ユーザーアクセスで作成された S3 ユーザー。
  • AWS CLI パッケージがインストールされた Ceph Object Gateway クライアントへのアクセス。

手順

  • ライフサイクル設定を削除します。

    構文

    aws --endpoint-url=RADOSGW_ENDPOINT_URL:PORT s3api delete-bucket-lifecycle --bucket BUCKET_NAME

    [user@client ~]$ aws --endpoint-url=http://host01:80 s3api delete-bucket-lifecycle --bucket testbucket

検証

  • バケットのライフサイクル設定を取得します。

    構文

    aws --endpoint-url=RADOSGW_ENDPOINT_URL:PORT s3api get-bucket-lifecycle-configuration --bucket BUCKET_NAME

    [user@client ~]# aws --endpoint-url=http://host01:80  s3api get-bucket-lifecycle-configuration --bucket testbucket

  • オプション:Ceph Object Gateway ノードから、バケットのライフサイクル設定を取得します。

    構文

    radosgw-admin lc get --bucket=BUCKET_NAME

    [root@rgw ~]# radosgw-admin lc get --bucket=testbucket

    注記

    バケットのライフサイクルポリシーが存在しない場合、このコマンドは情報を返しません。

関連情報

3.10.3. ライフサイクル管理ポリシーの更新

s3cmd put-bucket-lifecycle-configuration コマンドを使用すると、ライフサイクル管理ポリシーを更新できます。

注記

put-bucket-lifecycle-configuration は、既存のバケットのライフサイクル設定を上書きします。現在のライフサイクルポリシー設定を保持する場合は、ライフサイクル設定ファイルに追加する必要があります。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Storage クラスター
  • Ceph Object Gateway のインストール
  • Ceph Object Gateway ノードへのルートレベルのアクセス。
  • S3 バケットが作成されている。
  • ユーザーアクセスで作成された S3 ユーザー。
  • AWS CLI パッケージがインストールされた Ceph Object Gateway クライアントへのアクセス。

手順

  1. ライフサイクル設定用の JSON ファイルを作成します。

    [user@client ~]$ vi lifecycle.json

  2. ファイルに特定のライフサイクル設定ルールを追加します。

    {
    	"Rules": [
            {
    		    "Filter": {
    			    "Prefix": "images/"
    		    },
    		    "Status": "Enabled",
    		    "Expiration": {
    			    "Days": 1
    		    },
    		    "ID": "ImageExpiration"
    	    },
    		{
    			"Filter": {
    				"Prefix": "docs/"
    			},
    			"Status": "Enabled",
    			"Expiration": {
    				"Days": 30
    			},
    			"ID": "DocsExpiration"
    		}
    	]
    }

  3. バケットでライフサイクル設定を更新します。

    構文

    aws --endpoint-url=RADOSGW_ENDPOINT_URL:PORT s3api put-bucket-lifecycle-configuration --bucket BUCKET_NAME --lifecycle-configuration file://PATH_TO_LIFECYCLE_CONFIGURATION_FILE/LIFECYCLE_CONFIGURATION_FILE.json

    [user@client ~]$ aws --endpoint-url=http://host01:80 s3api put-bucket-lifecycle-configuration --bucket testbucket --lifecycle-configuration file://lifecycle.json

検証

  • バケットのライフサイクル設定を取得します。

    構文

    aws --endpointurl=RADOSGW_ENDPOINT_URL:PORT s3api get-bucket-lifecycle-configuration --bucket BUCKET_NAME

    [user@client ~]$ aws -endpoint-url=http://host01:80 s3api get-bucket-lifecycle-configuration --bucket testbucket
    
    {
        "Rules": [
            {
                "Expiration": {
                    "Days": 30
                },
                "ID": "DocsExpiration",
                "Filter": {
                    "Prefix": "docs/"
                },
                "Status": "Enabled"
            },
            {
                "Expiration": {
                    "Days": 1
                },
                "ID": "ImageExpiration",
                "Filter": {
                    "Prefix": "images/"
                },
                "Status": "Enabled"
            }
        ]
    }

  • オプション:Ceph Object Gateway ノードから、Cephadm シェルにログインし、バケットのライフサイクル設定を取得します。

    構文

    radosgw-admin lc get --bucket=BUCKET_NAME

    [root@rgw ~]# radosgw-admin lc get --bucket=testbucket
    {
    	"prefix_map": {
            "docs/": {
    			"status": true,
    			"dm_expiration": false,
    			"expiration": 1,
    			"noncur_expiration": 0,
    			"mp_expiration": 0,
    			"transitions": {},
    			"noncur_transitions": {}
    		},
    		"images/": {
    			"status": true,
    			"dm_expiration": false,
    			"expiration": 1,
    			"noncur_expiration": 0,
    			"mp_expiration": 0,
    			"transitions": {},
    			"noncur_transitions": {}
    		}
    	},
    	"rule_map": [
            {
            "id": "DocsExpiration",
        	"rule": {
        		"id": "DocsExpiration",
        		"prefix": "",
        		"status": "Enabled",
        		"expiration": {
        			"days": "30",
        			"date": ""
        		},
                "noncur_expiration": {
                    "days": "",
                    "date": ""
                },
        		"mp_expiration": {
        			"days": "",
        			"date": ""
        		},
        		"filter": {
        			"prefix": "docs/",
        			"obj_tags": {
        				"tagset": {}
        			}
        		},
        		"transitions": {},
        		"noncur_transitions": {},
        		"dm_expiration": false
        	}
        },
        {
    		"id": "ImageExpiration",
    		"rule": {
    			"id": "ImageExpiration",
    			"prefix": "",
    			"status": "Enabled",
    			"expiration": {
    				"days": "1",
    				"date": ""
    			},
    			"mp_expiration": {
    				"days": "",
    				"date": ""
    			},
    			"filter": {
    				"prefix": "images/",
    				"obj_tags": {
    					"tagset": {}
    				}
    			},
    			"transitions": {},
    			"noncur_transitions": {},
    			"dm_expiration": false
    		}
    	}
      ]
    }

関連情報

3.10.4. バケットライフサイクルのモニタリング

ライフサイクル処理を監視することや、radosgw-admin lc list および radosgw-admin lc process コマンドを使用してバケットのライフサイクルを手動で処理することができます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • Ceph Object Gateway ノードへのルートレベルのアクセス。
  • ライフサイクル設定ポリシーが適用される S3 バケットが作成されている。

手順

  1. バケットのライフサイクルの進捗を一覧表示します。

    [root@rgw ~]# radosgw-admin lc list
    
    [
       {
             “bucket”: “:testbucket:8b63d584-9ea1-4cf3-8443-a6a15beca943.54187.1”,
             “started”: “Thu, 01 Jan 1970 00:00:00 GMT”,
             “status” : “UNINITIAL”
       },
       {
             “bucket”: “:testbucket1:8b635499-9e41-4cf3-8443-a6a15345943.54187.2”,
             “started”: “Thu, 01 Jan 1970 00:00:00 GMT”,
             “status” : “UNINITIAL”
       }
    ]

    バケットのライフサイクル処理ステータスは、以下のいずれかになります。

    • UNINITIAL - プロセスはまだ実行されていません。
    • PROCESSING - プロセスは現在実行中です。
    • COMPLETE - プロセスが完了しました。
  2. オプション: バケットのライフサイクルポリシーを手動で処理できます。

    1. 単一バケットのライフサイクルポリシーを処理します。

      構文

      radosgw-admin lc process --bucket=BUCKET_NAME

      [root@rgw ~]# radosgw-admin lc process --bucket=testbucket1

    2. すべてのバケットのライフサイクルポリシーを即座に処理します。

      [root@rgw ~]# radosgw-admin lc process

検証

  • バケットのライフサイクルポリシーを一覧表示します。

    [root@rgw ~]# radosgw-admin lc list
    [
        {
              “bucket”: “:testbucket:8b63d584-9ea1-4cf3-8443-a6a15beca943.54187.1”,
              “started”: “Thu, 17 Mar 2022 21:48:50 GMT”,
              “status” : “COMPLETE”
        }
        {
              “bucket”: “:testbucket1:8b635499-9e41-4cf3-8443-a6a15345943.54187.2”,
              “started”: “Thu, 17 Mar 2022 20:38:50 GMT”,
              “status” : “COMPLETE”
        }
    ]

関連情報

3.10.5. ライフサイクルの有効期間の設定

rgw_lifecycle_work_time パラメーターを設定すると、毎日ライフサイクル管理プロセスが実行される時間を設定できます。デフォルトでは、ライフサイクルの処理は 1 日 1 回午前 0 時に行われます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • Ceph Object Gateway のインストール
  • Ceph Object Gateway ノードへのルートレベルのアクセス。

手順

  1. ライフサイクルの有効期限を設定します。

    構文

    ceph config set client.rgw rgw_lifecycle_work_time %D:%D-%D:%D

    %d:%d-%d:%dstart_hour:start_minute-end_hour:end_minute に置き換えます。

    [root@rgw ~]# ceph config set client.rgw rgw_lifecycle_work_time 06:00-08:00

検証

  • ライフサイクル満了の作業時間を取得します。

    [root@rgw ~]# ceph config get client.rgw rgw_lifecycle_work_time
    
    06:00-08:00

関連情報

3.10.6. ストレージクラスター内での S3 バケットライフサイクルの移行

バケットライフサイクル設定を使用してオブジェクトを管理し、オブジェクトのライフタイム全体でオブジェクトを効果的に保存できます。オブジェクトライフサイクルの移行ルールを使用すると、オブジェクトのライフタイム全体でオブジェクトを管理し、効果的に保存できます。オブジェクトを、コストの低いストレージクラス、アーカイブ、または削除にできます。

以下についてストレージクラスを作成できます。

  • I/O 機密ワークロード用の SSD や NVMe などの高速メディア
  • アーカイブを行うため、SAS や SATA などの処理が遅いメディア。

ホットストレージクラスとコールドストレージクラスとの間で、データの移動をスケジュールできます。指定された時間後にこの移行をスケジュールして、オブジェクトの期限が切れ、永続的に削除されます。たとえば、オブジェクトを作成/からストレージクラスの作成後、またはストレージクラスを 1 年にアーカイブした後に、オブジェクトを 30 日間移行することができます。これは、移行ルールを使用して実行できます。このルールは、あるストレージクラスから別のストレージクラスに移行するオブジェクトに適用されます。ライフサイクル設定には、<Rule> 要素を使用した 1 つ以上のルールが含まれます。

関連情報

3.10.7. あるストレージクラスから別のストレージクラスへのオブジェクトの移行

オブジェクトライフサイクルの移行ルールにより、オブジェクトをあるストレージクラスから別のストレージクラスに移行することができます。

前提条件

  • Ceph Object Gateway ソフトウェアのインストール。
  • Ceph Object Gateway ノードへのルートレベルのアクセス。
  • ユーザーアクセスで作成された S3 ユーザー。

手順

  1. 新しいデータプールを作成します。

    構文

    ceph osd pool create POOL_NAME

    [root@rgw ~]# ceph osd pool create test.hot.data

  2. 新規ストレージクラスを追加します。

    構文

    radosgw-admin zonegroup placement add  --rgw-zonegroup default --placement-id PLACEMENT_TARGET --storage-class STORAGE_CLASS

    [root@rgw ~]# radosgw-admin zonegroup placement add  --rgw-zonegroup default --placement-id default-placement --storage-class hot.test
    {
            "key": "default-placement",
            "val": {
                "name": "default-placement",
                "tags": [],
                "storage_classes": [
                    "STANDARD",
                    "hot.test"
                ]
            }
        }

  3. 新規ストレージクラスのゾーン配置情報を提供します。

    構文

    radosgw-admin zone placement add --rgw-zone default --placement-id PLACEMENT_TARGET --storage-class STORAGE_CLASS --data-pool DATA_POOL

    [root@rgw ~]# radosgw-admin zone placement add --rgw-zone default --placement-id default-placement --storage-class hot.test --data-pool test.hot.data
    {
               "key": "default-placement",
               "val": {
                   "index_pool": "test_zone.rgw.buckets.index",
                   "storage_classes": {
                       "STANDARD": {
                           "data_pool": "test.hot.data"
                       },
                       "hot.test": {
                           "data_pool": "test.hot.data",
                      }
                   },
                   "data_extra_pool": "",
                   "index_type": 0
               }

    注記

    一度書き込みでコールドまたはアーカイブデータストレージプールを作成する際には、compression_type を設定することを検討してください。

  4. データプールの rgw アプリケーションを有効にします。

    構文

    ceph osd pool application enable POOL_NAME rgw

    [root@rgw ~] ceph osd pool application enable test.hot.data rgw
    enabled application 'rgw' on pool 'test.hot.data'

  5. すべての rgw デーモンを再起動します。
  6. バケットを作成します。

    [root@rgw ~]# aws s3api create-bucket --bucket testbucket10 --create-bucket-configuration LocationConstraint=default:default-placement --endpoint-url http://1x.7x.2xx.1xx:80

  7. オブジェクトを追加します。

    [root@rgw ~]# aws --endpoint=http://1x.7x.2xx.1xx:80 s3api put-object --bucket testbucket10  --key compliance-upload --body /root/test2.txt

  8. 2 番目のデータプールを作成します。

    構文

    ceph osd pool create POOL_NAME

    [root@rgw ~]# ceph osd pool create test.cold.data

  9. 新規ストレージクラスを追加します。

    構文

    radosgw-admin zonegroup placement add  --rgw-zonegroup default --placement-id PLACEMENT_TARGET --storage-class STORAGE_CLASS

    [root@rgw ~]# radosgw-admin zonegroup placement add  --rgw-zonegroup default --placement-id default-placement --storage-class cold.test
    {
            "key": "default-placement",
            "val": {
                "name": "default-placement",
                "tags": [],
                "storage_classes": [
                    "STANDARD",
                    "cold.test"
                ]
            }
        }

  10. 新規ストレージクラスのゾーン配置情報を提供します。

    構文

    radosgw-admin zone placement add --rgw-zone default --placement-id PLACEMENT_TARGET --storage-class STORAGE_CLASS --data-pool DATA_POOL

    [root@rgw ~]# radosgw-admin zone placement add --rgw-zone default --placement-id default-placement --storage-class cold.test --data-pool test.cold.data

  11. データプールの rgw アプリケーションを有効にします。

    構文

    ceph osd pool application enable POOL_NAME rgw

    [root@rgw ~] ceph osd pool application enable test.cold.data rgw
    enabled application 'rgw' on pool 'test.cold.data'

  12. すべての rgw デーモンを再起動します。
  13. ゾーングループ設定を表示するには、次のコマンドを実行します。

    構文

    radosgw-admin zonegroup get
    {
        "id": "3019de59-ddde-4c5c-b532-7cdd29de09a1",
        "name": "default",
        "api_name": "default",
        "is_master": "true",
        "endpoints": [],
        "hostnames": [],
        "hostnames_s3website": [],
        "master_zone": "adacbe1b-02b4-41b8-b11d-0d505b442ed4",
        "zones": [
            {
                "id": "adacbe1b-02b4-41b8-b11d-0d505b442ed4",
                "name": "default",
                "endpoints": [],
                "log_meta": "false",
                "log_data": "false",
                "bucket_index_max_shards": 11,
                "read_only": "false",
                "tier_type": "",
                "sync_from_all": "true",
                "sync_from": [],
                "redirect_zone": ""
            }
        ],
        "placement_targets": [
            {
                "name": "default-placement",
                "tags": [],
                "storage_classes": [
                    "hot.test",
                    "cold.test",
                    "STANDARD"
                ]
            }
        ],
        "default_placement": "default-placement",
        "realm_id": "",
        "sync_policy": {
            "groups": []
        }
    }

  14. ゾーン設定を表示するには、以下を実行します。

    構文

    radosgw-admin zone get
    {
        "id": "adacbe1b-02b4-41b8-b11d-0d505b442ed4",
        "name": "default",
        "domain_root": "default.rgw.meta:root",
        "control_pool": "default.rgw.control",
        "gc_pool": "default.rgw.log:gc",
        "lc_pool": "default.rgw.log:lc",
        "log_pool": "default.rgw.log",
        "intent_log_pool": "default.rgw.log:intent",
        "usage_log_pool": "default.rgw.log:usage",
        "roles_pool": "default.rgw.meta:roles",
        "reshard_pool": "default.rgw.log:reshard",
        "user_keys_pool": "default.rgw.meta:users.keys",
        "user_email_pool": "default.rgw.meta:users.email",
        "user_swift_pool": "default.rgw.meta:users.swift",
        "user_uid_pool": "default.rgw.meta:users.uid",
        "otp_pool": "default.rgw.otp",
        "system_key": {
            "access_key": "",
            "secret_key": ""
        },
        "placement_pools": [
            {
                "key": "default-placement",
                "val": {
                    "index_pool": "default.rgw.buckets.index",
                    "storage_classes": {
                        "cold.test": {
                            "data_pool": "test.cold.data"
                        },
                        "hot.test": {
                            "data_pool": "test.hot.data"
                        },
                        "STANDARD": {
                            "data_pool": "default.rgw.buckets.data"
                        }
                    },
                    "data_extra_pool": "default.rgw.buckets.non-ec",
                    "index_type": 0
                }
            }
        ],
        "realm_id": "",
        "notif_pool": "default.rgw.log:notif"
    }

  15. バケットを作成します。

    [root@rgw ~]# aws s3api create-bucket --bucket testbucket10 --create-bucket-configuration LocationConstraint=default:default-placement --endpoint-url http://1x.7x.2xx.1xx:80

  16. ライフサイクル設定用の JSON ファイルを作成します。

    [root@rgw ~]# vi lifecycle.json

  17. ファイルに特定のライフサイクル設定ルールを追加します。

    {
        "Rules": [
            {
                "Filter": {
                    "Prefix": ""
                },
                "Status": "Enabled",
                "Transitions": [
                    {
                        "Days": 5,
                        "StorageClass": "hot.test"
                    },
     {
                        "Days": 20,
                        "StorageClass": "cold.test"
                    }
                ],
                "Expiration": {
                    "Days": 365
                },
                "ID": "double transition and expiration"
            }
        ]
    }

    ライフサイクル設定の例では、デフォルトの STANDARD ストレージクラスから 5 日後に hot.test ストレージクラスに移行し、20 日後に再び cold.test ストレージクラスに移行し、最後に cold.test ストレージクラスで 365 日後に期限切れとなるオブジェクトを示しています。

  18. バケットにライフサイクル設定を設定します。

    [root@rgw ~] aws s3api put-bucket-lifecycle-configuration --bucket testbucket20 --lifecycle-configuration file://lifecycle.json

  19. バケットでライフサイクル設定を取得します。

    [root@rgw ~]aws s3api get-bucket-lifecycle-configuration --bucket testbucket20
    {
        "Rules": [
            {
                "Expiration": {
                    "Days": 365
                },
                "ID": "double transition and expiration",
                "Prefix": "",
                "Status": "Enabled",
                "Transitions": [
                    {
                        "Days": 20,
                        "StorageClass": "cold.test"
                    },
                    {
                        "Days": 5,
                        "StorageClass": "hot.test"
                    }
                ]
            }
        ]
    }

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.