検索

3.7. クォータ管理

download PDF

Ceph Object Gateway を使用すると、ユーザーが所有するユーザーおよびバケットにクォータを設定することができます。クォータには、バケットのオブジェクトの最大数と、メガバイト単位のストレージの最大サイズが含まれます。

  • Bucket: --bucket オプションでは、ユーザーが所有するバケットのクォータを指定できます。
  • Maximum Objects: --max-objects 設定では、オブジェクトの最大数を指定できます。負の値を設定すると、この設定が無効になります。
  • Maximum Size: --max-size オプションでは、バイトの最大数のクォータを指定できます。負の値を設定すると、この設定が無効になります。
  • Quota Scope: --quota-scope オプションは、クォータのスコープを設定します。オプションは bucketuser です。バケットクォータは、ユーザーが所有するバケットに適用されます。ユーザークォータはユーザーに適用されます。
重要

多数のオブジェクトを含むバケットは、深刻なパフォーマンスの問題を引き起こす可能性があります。1 つのバケット内のオブジェクトの推奨最大数は 100,000 です。この数を増やすには、バケットインデックスシャーディングを設定します。詳細は、「バケットシャーディングの設定」 を参照してください。

3.7.1. ユーザークォータの設定

クォータを有効にする前に、まずクォータパラメーターを設定する必要があります。以下に例を示します。

[root@master-zone]# radosgw-admin quota set --quota-scope=user --uid=<uid> [--max-objects=<num objects>] [--max-size=<max size>]

以下に例を示します。

radosgw-admin quota set --quota-scope=user --uid=johndoe --max-objects=1024 --max-size=1024

num オブジェクトおよび/または最大サイズの負の値は、特定のクォータ属性チェックが無効になっていることを意味します。

3.7.2. ユーザークォータの有効化および無効化

ユーザークォータを設定したら、これを有効にすることができます。以下に例を示します。

[root@master-zone]# radosgw-admin quota enable --quota-scope=user --uid=<uid>

有効なユーザークォータを無効にすることができます。以下に例を示します。

[root@master-zone]# radosgw-admin quota disable --quota-scope=user --uid=<uid>

3.7.3. バケットクォータの設定

バケットクォータは、指定された uid が所有するバケットに適用されます。ユーザーからは独立しています。

構文

radosgw-admin quota set --uid=USER_ID --quota-scope=bucket --bucket=BUCKET_NAME [--max-objects=NUMBER_OF_OBJECTS] [--max-size=MAXIMUM_SIZE_IN_BYTES]

NUMBER_OF_OBJECTSMAXIMUM_SIZE_IN_BYTES、またはその両方が負の値の場合、特定のクォータ属性チェックが無効になっていることを意味します。

3.7.4. バケットクォータの有効化および無効化

バケットクォータを設定したら、これを有効にすることができます。以下に例を示します。

[root@master-zone]# radosgw-admin quota enable --quota-scope=bucket --uid=<uid>

有効なバケットクォータを無効にすることができます。以下に例を示します。

[root@master-zone]# radosgw-admin quota disable --quota-scope=bucket --uid=<uid>

3.7.5. クォータ設定の取得

ユーザー情報 API を使用して、各ユーザーのクォータ設定にアクセスすることができます。CLI インターフェイスを使用してユーザークォータ設定情報を読み取るには、以下を実行します。

# radosgw-admin user info --uid=<uid>

テナントユーザーのクォータ設定を取得するには、ユーザー ID とテナントの名前を指定します。

+ radosgw-admin user info --uid=_user-id_ --tenant=_tenant_

3.7.6. クォータウォーターを更新

クォータ統計は非同期で更新されます。すべてのユーザーおよびすべてのバケットのクォータ統計を手動で更新して、最新のクォータ統計を取得できます。

[root@master-zone]# radosgw-admin user stats --uid=<uid> --sync-stats

3.7.7. ユーザークォータ使用統計の取得

ユーザーが消費したクォータの量を確認するには、次の手順を実行します。

# radosgw-admin user stats --uid=<uid>
注記

最新のデータを受け取るには、--sync-stats オプションを指定して radosgw-admin user stats を実行する必要があります。

3.7.8. クォータキャッシュ

クォータ統計は、各 Ceph Gateway インスタンスに対してキャッシュされます。複数のインスタンスがある場合、インスタンスごとにクォータのビューが異なるため、キャッシュによってクォータが完全に適用されないようにすることができます。これを制御するオプションは、rgw bucket quota ttlrgw user quota bucket sync interval、および rgw user quota sync interval です。これらの値が高いほど、クォータ操作は効率的ですが、複数のインスタンスが同期しなくなります。これらの値が低いほど、複数のインスタンスは完全に近い形で適用されます。3 つすべてが 0 の場合には、クォータキャッシュは実質的に無効になり、複数のインスタンスで完全にクォータが適用されます。これらのオプションの詳細は、4章設定リファレンス を参照してください。

3.7.9. グローバルクォータの読み取りおよび作成

ゾーングループマップでクォータ設定を読み書きできます。ゾーングループマップを取得するには、次のコマンドを実行します。

[root@master-zone]# radosgw-admin global quota get

グローバルクォータ設定は、quota setquota enable、および quota disable コマンドに対応する global quota で操作できます。次に例を示します。

[root@master-zone]# radosgw-admin global quota set --quota-scope bucket --max-objects 1024
[root@master-zone]# radosgw-admin global quota enable --quota-scope bucket
注記

レルムと期間が存在するマルチサイト設定では、グローバルクォータへの変更は、period update --commit を使用してコミットする必要があります。期間が表示されていない場合、変更を有効にするには、Ceph Object Gateway を再起動する必要があります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.