検索

2.15. 静的 Web ホスティング用のゲートウェイの設定

download PDF

従来の Web ホストでは、各 Web サイトに Web サーバーをを設定する必要があります。これは、コンテンツが動的に変更されない場合、リソースは効率的に使用されない可能性があります。Ceph Object Gateway は、S3 バケットで静的 Web サイトをホストできます。つまり、PHP、サーブレット、データベース、nodejs などのサーバー側のサービスを使用しないサイトです。このアプローチは、サイトごとに Web サーバーを備えた仮想マシンをセットアップするよりも、はるかに経済的です。

2.15.1. 静的 Web ホストの前提条件

静的 Web ホストには、1 つ以上の実行中の Ceph Storage Cluster が必要です。また、静的 Web サイト用に 2 つ以上の Ceph Object Gateway インスタンスが必要です。Red Hat は、各ゾーンに HAProxy/keepalived によって負荷分散された複数のゲートウェイインスタンスがあることを前提としています。

HAProxy/keepalived の詳細は、HAProxy/keepalived の設定 を参照してください。

注記

Red Hat は、Ceph Object Gateway インスタンスを使用した標準の S3/Swift API と静的 Web ホストの両方を同時にデプロイすることはサポート されません

2.15.2. 静的 Web ホストの要件

静的 Web ホスティング機能は独自の API を使用するため、S3 バケットで静的 Web サイトを使用するようにゲートウェイを設定するには、以下が必要です。

  1. S3 静的 Web ホストでは、Ceph Object Gateway インスタンスが使用され、標準の S3/Swift API のユースケースに使用されるインスタンスと区別されます。
  2. S3 静的 Web サイトをホストするゲートウェイインスタンスは、標準の S3/Swift API ゲートウェイインスタンスとは別の重複しないドメイン名を持っている必要があります。
  3. S3 静的 Web サイトをホストするゲートウェイインスタンスは、標準の S3/Swift API ゲートウェイインスタンスとは別のパブリック向け IP アドレスを使用する必要があります。
  4. S3 静的 Web サイトをホストするゲートウェイインスタンスは負荷分散し、必要に応じて HAProxy/keepalived を使用して SSL を終了します。

2.15.3. 静的 Web ホストゲートウェイの設定

静的 Web ホスト用のゲートウェイを有効にするには、Ceph 設定ファイルを編集して以下の設定を追加します。

[client.rgw.<STATIC-SITE-HOSTNAME>]
...
rgw_enable_static_website = true
rgw_enable_apis = s3, s3website
rgw_dns_name = objects-zonegroup.domain.com
rgw_dns_s3website_name = objects-website-zonegroup.domain.com
rgw_resolve_cname = true
...

rgw_enable_static_website 設定は true にする必要があります。rgw_enable_apis 設定 は s3website API を有効にする必要があります。rgw_dns_name 設定および rgw_dns_s3website_name 設定は、完全修飾ドメインを提供する必要があります。サイトが標準的な名前の拡張子を使用する場合は、rgw_resolve_cnametrue に設定します。

重要

rgw_dns_name および rgw_dns_s3website_name の完全修飾ドメイン名は重複 しないでください

2.15.4. 静的 Web ホスティング DNS 設定

以下は、想定される DNS 設定の例です。最初の 2 行は、標準の S3 インターフェイスを使用してゲートウェイインスタンスのドメインを指定し、それぞれ IPv4 アドレスおよび IPv6 アドレスを指しています。3 行目は、正規名の拡張を使用して S3 バケットのワイルドカード CNAME 設定を提供します。4 番目と 5 番目の行は、S3 の Web サイトインターフェイスを使用してゲートウェイインスタンスのドメインを指定し、それぞれ IPv4 アドレスおよび IPv6 アドレスを参照します。

objects-zonegroup.domain.com. IN    A 192.0.2.10
objects-zonegroup.domain.com. IN AAAA 2001:DB8::192:0:2:10
*.objects-zonegroup.domain.com. IN CNAME objects-zonegroup.domain.com.
objects-website-zonegroup.domain.com. IN    A 192.0.2.20
objects-website-zonegroup.domain.com. IN AAAA 2001:DB8::192:0:2:20
注記

最初の 2 行にある IP アドレスは、4 番目と 5 行目の IP アドレスとは異なります。

マルチサイト設定で Ceph Object Gateway を使用している場合は、ルーティングソリューションを使用してトラフィックをクライアントに最も近いゲートウェイにルーティングすることを検討してください。

Amazon Web Service (AWS) では、ホスト名に一致するように静的 Web ホストバケットが必要です。Ceph は DNS を設定するいくつかの方法を提供し、プロキシーに適合する証明書がある場合に HTTPS は機能します

サブドメインのバケットのホスト名

AWS 形式の S3 サブドメインを使用するには、DNS エントリーでワイルドカードを使用し、要求を任意のバケットにリダイレクトできます。DNS エントリーは以下のようになります。

*.objects-website-zonegroup.domain.com. IN CNAME objects-website-zonegroup.domain.com.

以下の方法でバケット名にアクセスします。

http://bucket1.objects-website-zonegroup.domain.com

バケット名は bucket1 です。

一致しないバケットのホスト名

Ceph は、リクエストにバケット名を含めずにドメイン名をバケットへのマッピングをサポートします。これは Ceph Object Gateway に固有のものです。ドメイン名を使用してバケットにアクセスするには、ドメイン名をバケット名にマップします。DNS エントリーは以下のようになります。

www.example.com. IN CNAME bucket2.objects-website-zonegroup.domain.com.

バケット名は bucket2 です。

以下の方法でバケットにアクセスします。

http://www.example.com

CNAME を使用した長いバケットのホスト名

AWS は通常、ドメイン名に一致するバケット名を必要とします。CNAME を使用して静的 Web ホストに DNS を設定するには、DNS エントリーは以下のようになります。

www.example.com. IN CNAME www.example.com.objects-website-zonegroup.domain.com.

以下の方法でバケットにアクセスします。

http://www.example.com

CNAME のない長いバケットのホスト名

DNS 名には、SOANSMXTXT などの他の非 CNAME レコードが含まれている場合、DNS レコードはドメイン名を IP アドレスに直接マップする必要があります。以下に例を示します。

www.example.com. IN A 192.0.2.20
www.example.com. IN AAAA 2001:DB8::192:0:2:20

以下の方法でバケットにアクセスします。

http://www.example.com

2.15.5. 静的 Web ホストサイトの作成

静的 Web サイトを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. S3 バケットを作成します。バケット名は、Web サイトのドメイン名と同じである場合があります。たとえば、mysite.com のバケット名は mysite.com になります。これは AWS に必要ですが、Ceph には必要ありません。詳細は DNS 設定 を参照してください。
  2. 静的 Web コンテンツをバケットにアップロードします。コンテンツには、HTML、CSS、クライアント側の JavaScript、イメージ、音声/ビデオコンテンツなどのダウンロード可能なファイルが含まれる場合があります。Web サイトには index.html ファイルが必要で、error.html ファイルも利用できます。
  3. Web サイトの内容を確認します。この時点で、バケットの作成者のみがコンテンツにアクセスできます。
  4. ファイルにパーミッションを設定し、それらが一般に公開されるようにします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.