検索

13.2. ジョブスケジューラーの設定

download PDF
Certificate Manager は、Job Scheduler が有効な場合に限りジョブを実行できます。ジョブスケジュールの有効化、周波数の設定、ジョブモジュールの有効化などのジョブ設定は、Certificate System CA Console または CScfg. ファイルを編集することで実行できます。
ジョブスケジューラーを有効にするには、次のコマンドを実行します。
  1. Certificate Manager Console を開きます。
    pkiconsole https://server.example.com:8443/ca
  2. Configuration タブナビゲーションツリーで、Job Scheduler をクリックします。
    これにより、General Settings タブが開き、Job Scheduler が現在有効になっているかどうかを確認します。
  3. Enable Jobs Schedule チェックボックスをクリックして、Job Scheduler を有効または無効にします。
    ジョブスケジューラーを無効にすると、すべてのジョブが無効になります。
  4. スケジューラーが Check Frequency フィールドでジョブをチェックする頻度を設定します。
    頻度は、Job Scheduler デーモンスレッドがウェイクアップし、cron 指定に対応する設定済みのジョブを呼び出す頻度です。デフォルトでは、1 分に設定されています。
    注記
    この情報を入力するウィンドウは小さすぎて入力内容を確認できない可能性があります。Certificate Manager Console の隅をウィンドウ全体を拡大します。
  5. Save をクリックします。
注記
pkiconsole が非推奨になりました。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.