検索

B.3. 標準仕様の X.509 v3 証明書拡張機能リファレンス

download PDF
X.509 v3 証明書には、証明書に任意の数の追加フィールドを追加できる拡張フィールドが含まれています。証明書拡張機能は、代替サブジェクト名や使用制限などの情報を証明書に追加する方法を提供します。Red Hat Directory Server や Red Hat Certificate System などの古い Netscape サーバーは、PKIX パート 1 標準が定義される前に開発されたため、Netscape 固有の拡張機能が必要です。
以下は、X.509 v3 拡張機能が含まれる証明書のセクションの例です。Certificate System は、以下に示すように、読み取り可能な pretty-print 形式で証明書を表示できます。この例のように、証明書の拡張子は順番に表示され、証明書ごとに特定の拡張子のインスタンスが 1 つだけ表示される場合があります。たとえば、証明書に含まれるサブジェクトキー識別子の拡張子は 1 つだけです。これらの拡張機能をサポートする証明書には、バージョン 0x2 があります (これは、バージョン 3 に対応します)。

例B.4 Pretty-Print 証明書拡張機能の例

Data:
  Version:  v3
  Serial Number: 0x1
  Signature Algorithm: SHA1withRSA - 1.2.840.113549.1.1.5
  Issuer: CN=Certificate Manager,OU=netscape,O=ExampleCorp,L=MV,ST=CA,C=US
  Validity:
    Not Before: Friday, February 21, 2005 12:00:00 AM PST America/Los_Angeles
    Not  After: Monday, February 21, 2007 12:00:00 AM PST America/Los_Angeles
  Subject: CN=Certificate Manager,OU=netscape,O=ExampleCorp,L=MV,ST=CA,C=US
  Subject Public Key Info:
    Algorithm: RSA - 1.2.840.113549.1.1.1
    Public Key:
      Exponent: 65537
      Public Key Modulus: (2048 bits) :
        E4:71:2A:CE:E4:24:DC:C4:AB:DF:A3:2E:80:42:0B:D9:
        CF:90:BE:88:4A:5C:C5:B3:73:BF:49:4D:77:31:8A:88:
        15:A7:56:5F:E4:93:68:83:00:BB:4F:C0:47:03:67:F1:
        30:79:43:08:1C:28:A8:97:70:40:CA:64:FA:9E:42:DF:
        35:3D:0E:75:C6:B9:F2:47:0B:D5:CE:24:DD:0A:F7:84:
        4E:FA:16:29:3B:91:D3:EE:24:E9:AF:F6:A1:49:E1:96:
        70:DE:6F:B2:BE:3A:07:1A:0B:FD:FE:2F:75:FD:F9:FC:
        63:69:36:B6:5B:09:C6:84:92:17:9C:3E:64:C3:C4:C9
  Extensions:
    Identifier: Netscape Certificate Type - 2.16.840.1.113730.1.1
      Critical: no
      Certificate Usage:
        SSL CA
        Secure Email CA
        ObjectSigning CA
    Identifier: Basic Constraints - 2.5.29.19
      Critical: yes
      Is CA: yes
      Path Length Constraint: UNLIMITED
    Identifier: Subject Key Identifier - 2.5.29.14
      Critical: no
      Key Identifier:
        3B:46:83:85:27:BC:F5:9D:8E:63:E3:BE:79:EF:AF:79:
        9C:37:85:84
    Identifier: Authority Key Identifier - 2.5.29.35
      Critical: no
      Key Identifier:
        3B:46:83:85:27:BC:F5:9D:8E:63:E3:BE:79:EF:AF:79:
        9C:37:85:84
    Identifier: Key Usage: - 2.5.29.15
      Critical: yes
      Key Usage:
        Digital Signature
        Key CertSign
        Crl Sign
  Signature:
    Algorithm: SHA1withRSA - 1.2.840.113549.1.1.5
    Signature:
      AA:96:65:3D:10:FA:C7:0B:74:38:2D:93:54:32:C0:5B:
      2F:18:93:E9:7C:32:E6:A4:4F:4E:38:93:61:83:3A:6A:
      A2:11:91:C2:D2:A3:48:07:6C:07:54:A8:B8:42:0E:B4:
      E4:AE:42:B4:B5:36:24:46:4F:83:61:64:13:69:03:DF:
      41:88:0B:CB:39:57:8C:6B:9F:52:7E:26:F9:24:5E:E7:
      BC:FB:FD:93:13:AF:24:3A:8F:DB:E3:DC:C9:F9:1F:67:
      A8:BD:0B:95:84:9D:EB:FC:02:95:A0:49:2C:05:D4:B0:
      35:EA:A6:80:30:20:FF:B1:85:C8:4B:74:D9:DC:BB:50
オブジェクト識別子 (OID) は、証明書の拡張子や会社の証明書運用明細書など、一意のオブジェクトを識別する数字の文字列です。Certificate System には、サーバーが発行する証明書に X.509 証明書拡張を追加できるようにする拡張固有のプロファイルプラグインモジュールのセットが付属しています。一部の拡張機能には、OID を指定するためのフィールドが含まれています。
PKIX 標準では、証明書で使用される拡張子やステートメントなどのすべてのオブジェクトを OID の形式で含めることを推奨しています。これにより、共有ネットワーク上の組織間の相互運用性が促進されます。共有ネットワークで使用される証明書が発行される場合は、OID 接頭辞を適切な登録機関に登録してください。
OID は、国際標準組織 (ISO) 登録機関によって制御されます。場合によっては、この権限は ISO から地域の登録機関に委任されます。米国では、American National Standards Institute (ANSI) がこの登録を管理します。
別の組織に登録されている OID を使用したり、OID の登録に失敗したりすると、状況によっては法的な結果が生じる可能性があります。登録には手数料がかかる場合があります。詳細は、適切な登録認証局にお問い合わせください。
カスタムオブジェクトの OID を定義または割り当てるには、会社の アーク、つまり民間企業の OID を知ってください。会社にアーカイブがない場合は、ファイルを取得する必要があります。http://www.alvestrand.no/objectid/ には、OID の登録および使用に関する詳細情報が記載されています。
たとえば、Netscape Certificate Comment という名前の拡張の Netscape 定義の OID は 2.16.840.1.113730.1.13 です。この拡張機能に割り当てられた OID は階層的であり、以前の Netscape 社のアーク 2.16.840.1 が含まれています。OID 定義エントリーは http://www.alvestrand.no/objectid/2.16.840.1.113730.1.13.html です。
OID 拡張が証明書に存在し、クリティカルとマークされている場合、証明書を検証するアプリケーションは、任意の修飾子を含めて拡張を解釈できる必要があります。そうでない場合は、証明書を拒否する必要があります。すべてのアプリケーションが OID の形式で埋め込まれた会社のカスタム拡張機能を解釈できる可能性は低いため、PKIX 標準では、拡張機能を常に非クリティカルではないとマークすることを推奨しています。
このセクションでは、インターネット X.509 バージョン 3 標準の一部として定義されている拡張タイプを要約し、PKIX ワーキンググループが推奨するタイプを紹介します。
この参照では、各証明書に関する重要な情報をまとめています。完全な詳細については、ITU から入手可能な X.509 v3 の規格、および RFC 3280 で入手可能な『Internet X.509 Public Key Infrastructure - Certificate and CRL Profile (RFC 3280)』 の両方を参照してください。拡張機能の説明は、拡張機能について説明している標準ドラフトの RFC とセクション番号を参照しています。各拡張機能のオブジェクト識別子 (OID) も提供しています。
証明書の各拡張は、クリティカルまたは非クリティカルとして指定できます。Web ブラウザーなどの証明書を使用するシステムは、認識できない重要な拡張子に遭遇した場合、証明書を拒否する必要があります。ただし、重要でない拡張子は、認識されない場合は無視できます。

B.3.1. authorityInfoAccess

Authority Information Access 拡張機能は、証明書の発行者に関する情報にアクセスする方法と場所を示します。エクステンションには accessMethod および accessLocation フィールドが含まれます。accessMethod は、accessLocation という名前の発行者に関する情報のタイプおよび形式を OID に指定します。
PKIX Part 1 は、accessMethod (id-ad-calssuers) を 1 つ定義して、この拡張機能を使用して、証明書の発行者よりも CA チェーンの上位にある証明書を発行した CA のリストを取得します。accessLocation フィールドには、通常、リストの取得に使用される場所とプロトコル (LDAP、HTTP、または FTP) を示す URL が含まれます。
RFC 2560 で入手可能な Online Certificate Status Protocol (RFC 2560) は、OCSP を使用して証明書を検証するために accessMethod (id-ad-ocsp) を定義します。次に、accessLocation フィールドには、証明書を検証できる OCSP レスポンダーへのアクセスに使用される場所とプロトコルを示す URL が含まれます。

OID

1.3.6.1.5.5.7.1.1

Criticality

この拡張はクリティカルでない必要があります。

B.3.2. authorityKeyIdentifier

Authority Key Identifier 拡張機能は、証明書の署名に使用される秘密鍵に対応する公開鍵を識別します。この拡張機能は、CA 証明書が更新される場合など、発行者が複数の署名キーを持っている場合に役立ちます。
拡張機能は、次のいずれかまたは両方で設定されます。
  • keyIdentifier フィールドに設定される明示的なキー識別子
  • authorityCertSerialNumber フィールドで設定、シリアル番号、authorityCertSerialNumber フィールドで設定、証明書を識別。
keyIdentifier フィールドが存在する場合は、一致する subjectKeyIdentifier 拡張子を持つ証明書を選択するために使用されます。AuthorityCertIssuer および authorityCertSerialNumber フィールドが存在する場合、それらは issuer および serialNumber によって正しい証明書を識別するために使用されます。
この拡張子が存在しない場合は、発行者名のみが発行者証明書の識別に使用されます。
PKIX Part 1 では、自己署名ルート CA 証明書を除くすべての証明書にこの拡張機能が必要です。キー識別子が確立されていない場合、PKIX は authorityCertIssuer および authorityCertSerialNumber フィールドを指定することが推奨されます。これらのフィールドにより、発行元証明書の authortiyCertIssuer および authorityCertSerialNumber 拡張子で、発行者の証明書内の SubjectName フィールドおよび CertificateSerialNumber フィールドを照合して完全な証明書チェーンを作成できます。

OID

2.5.29.35

Criticality

この拡張は常に非クリティカルではなく、常に評価されます。

B.3.3. basicConstraints

この拡張機能は、証明書チェーンの検証プロセス中に、CA 証明書を識別し、証明書チェーンパスの長さの制約を適用するために使用されます。cA コンポーネントは、すべての CA 証明書に対して true に設定する必要があります。PKIX は、この拡張がエンドエンティティーの証明書に表示されないことを推奨します。
pathLenConstraint コンポーネントが存在する場合、その値は、エンドエンティティー証明書から始まり、チェーンを上に移動して、これまでに処理された CA 証明書の数よりも大きくなければなりません。pathLenConstraint を省略し、拡張機能が存在する場合は、チェーン内のすべての上位レベルの CA 証明書にこのコンポーネントを含めることはできません。

OID

2.5.29.19

Criticality

PKIX Part 1 では、この拡張が critical とマークされている必要があります。この拡張機能は、その重要度に関係なく評価されます。

B.3.4. certificatePoliciesExt

Certificate Policies 拡張機能は、1 つ以上のポリシーを定義します。各ポリシーは、OID と任意の修飾子で設定されます。拡張機能には、発行者の Certificate Practice Statement への URI を含めることも、ユーザー通知などの発行者情報をテキスト形式で埋め込むこともできます。この情報は、証明書が有効なアプリケーションで使用できます。
この拡張機能が存在する場合、PKIX Part 1 では、ポリシーを OID のみで識別するか、必要に応じて特定の推奨修飾子のみで識別することを推奨しています。

OID

2.5.29.32

Criticality

この拡張機能は、重要な場合と重要でない場合があります。

B.3.5. CRLDistributionPoints

この拡張は、CRL 情報の取得方法を定義します。システムが CRL 発行ポイントを使用するように設定されている場合は、これを使用する必要があります。
拡張機能に、タイプが URI に設定されている DistributionPointName が含まれている場合は、指定された失効理由のために現在の CRL へのポインターであると見なされ、cRLIssuer という名前で発行されます。URI の想定される値は、Subject Alternative Name 拡張に定義される値です。distributionPoints の理由を省略する場合は、すべての理由で CRL の取り消しを含める必要があります。distributionPointcRLIssuer を省略する場合、証明書を発行した CA によって CRL を発行する必要があります。
PKIX は、CA およびアプリケーションでこの拡張をサポートすることを推奨します。

OID

2.5.29.31

Criticality

PKIX では、この拡張機能を非クリティカルとマークし、すべての証明書でサポートすることが推奨されます。

B.3.6. extKeyUsage

Extended Key Usage 拡張機能は、認証された公開キーを使用できる目的を示します。これらの目的は、Key Usage 拡張機能に示されている基本的な目的に加えてまたはその代わりになる場合があります。
Extended Key Usage 拡張機能には、レスポンダーによって検証された証明書に署名した CA 署名キーが OCS P 署名キーでもない限り、OCSP レスポンダーの証明書内の OCSP Signing が含まれる必要があります。OCSP レスポンダーの証明書は、レスポンダーが検証する証明書に署名する CA によって直接発行される必要があります。
Key Usage、Extended Key Usage、および Basic Constraints 拡張機能は連携して機能し、証明書の使用目的を定義します。アプリケーションはこれらの拡張機能を使用して、不適切なコンテキストでの証明書の使用を禁止できます。
表B.36「PKIX Extended Key Usage Extension の使用」 は、この拡張機能に対して PKIX によって定義された用途を一覧表示します。表B.37「Private Extended Key Usage Extension の使用」 は、Netscape によって非公開で定義されたものを使用します。

OID

2.5.29.37

Criticality

この拡張機能がクリティカルとマークされている場合、証明書は指定された目的の 1 つにのみ使用する必要があります。クリティカルとマークされていない場合は、キーを識別するために使用できるアドバイザリーフィールドとして扱われますが、証明書の使用は指定された目的に制限されません。

表B.36 PKIX Extended Key Usage Extension の使用
使用 OID
サーバー認証 1.3.6.1.5.5.7.3.1
クライアント認証 1.3.6.1.5.5.7.3.2
コード署名 1.3.6.1.5.5.7.3.3
Email 1.3.6.1.5.5.7.3.4
タイムスタンプ 1.3.6.1.5.5.7.3.8
OCSP 署名
1.3.6.1.5.5.7.3.9[a]
[a] OCSP 署名は PKIX Part 1 では定義されていませんが、RFC 2560 『X.509 Internet Public Key Infrastructure Online Certificate Status Protocol - OCSP』 では定義されていません。
表B.37 Private Extended Key Usage Extension の使用
使用 OID
証明書トラストリスト署名 1.3.6.1.4.1.311.10.3.1
Microsoft Server Gated Crypto (SGC) 1.3.6.1.4.1.311.10.3.3
Microsoft 暗号化ファイルシステム 1.3.6.1.4.1.311.10.3.4
Netscape SGC 2.16.840.1.113730.4.1

B.3.7. issuerAltName 拡張

Issuer Alternative Name 拡張は、インターネットスタイルのアイデンティティーを証明書発行者に関連付けるために使用されます。名前には、Subject Alternative Name 拡張機能に定義したフォームを使用する必要があります。

OID

2.5.29.18

Criticality

PKIX Part 1 は、この拡張を非クリティカルとしてマークすることを推奨します。

B.3.8. keyUsage

Key Usage 拡張機能は、証明書に含まれるキーの目的を定義します。Key Usage、Extended Key Usage、および Basic Constraints 拡張機能は連携して機能し、証明書を使用できる目的を指定します。
この拡張機能が全く含まれる場合は、以下のようにビットを設定します。
  • SSL クライアント証明書、S/MIME 署名証明書、およびオブジェクト署名証明書用の digitalSignature (0)。
  • 一部の S/MIME 署名証明書およびオブジェクト署名証明書用の nonRepudiation (1)
    警告
    このビットの使用は議論の的になっています。証明書に設定する前に、その使用による法的影響を慎重に検討してください。
  • これは、SSL サーバー証明書および S/MIME 暗号化証明書の keyEncipherment (2) に設定されます。
  • dataEncipherment (3) サブジェクトの公開鍵を使用して、鍵情報ではなくユーザーデータを暗号化するとき。
  • keyAgreement (4) サブジェクトの公開鍵がキー合意に使用される場合。
  • すべての CA 署名証明書用の keyCertSign (5)。
  • CRL の署名に使用される CA 署名証明書の cRLSign (6)。
  • encipherOnly (7) 公開鍵がデータの暗号化にのみ使用される場合。このビットが設定されている場合 、keyAgreement も設定する必要があります。
  • decipherOnly (8) 公開鍵がデータの暗号化にのみ使用される場合。このビットが設定されている場合 、keyAgreement も設定する必要があります。
表B.38「証明書の使用とそれに対応する鍵の使用方法」 は、通常の証明書使用ガイドラインをまとめています。
keyUsage 拡張機能が存在してクリティカルとマークされる場合は、証明書とキーの使用を強制するために使用されます。拡張機能は、キーの使用を制限するために使用されます。拡張機能が存在しないか非クリティカルな場合は、すべてのタイプの使用が許可されます。
keyUsage 拡張機能が存在する場合、クリティカルかどうかに関係なく、特定の操作に対して複数の証明書から選択するために使用されます。たとえば、操作用に個別の証明書とキーペアを持っているユーザーの個別の署名証明書と暗号化証明書を区別するために使用されます。

OID

2.5.29.15

Criticality

この拡張機能は、重要な場合と重要でない場合があります。PKIX Part 1 を使用する場合は、クリティカルなマークを付けることが推奨されます。

表B.38 証明書の使用とそれに対応する鍵の使用方法
証明書の目的 必要な鍵使用量のビット
CA 署名
  • keyCertSign
  • cRLSign
SSL クライアント digitalSignature
SSL Server keyEncipherment
S/MIME 署名 digitalSignature
S/MIME 暗号化 keyEncipherment
証明書の署名 keyCertSign
オブジェクトの署名 digitalSignature

B.3.9. nameConstraints

この拡張機能は、CA 証明書でのみ使用でき、証明書パス内の後続の証明書のすべてのサブジェクト名を配置する必要がある名前空間を定義します。

OID

2.5.29.30

Criticality

PKIX Part 1 では、この拡張が critical とマークされている必要があります。

B.3.10. OCSPNocheck

拡張は OCSP 署名証明書に含まれることを目的としています。拡張機能は、(応答は OCSP レスポンダーによって再度署名され、クライアントは署名証明書の有効性ステータスを再度要求するため) OCSP レスポンダーに照会せずに署名証明書を信頼できることを OCSP クライアントに通知します。このエクステンションは null 値であり、その意味は存在するか、または存在しない場合により決定されます。
証明書にこの拡張機能が存在すると、OCSP クライアントはその証明書で署名された応答を信頼するため、この拡張機能の使用は慎重に管理する必要があります。OCSP 署名キーが危険にさらされると、証明書の有効期間中、PKI で証明書を検証するプロセス全体が危険にさらされます。したがって、OCSPNocheck を使用する証明書は短期間発行され、頻繁に更新される必要があります。

OID

1.3.6.1.5.5.7.48.4

Criticality

この拡張はクリティカルではありません。

B.3.11. policyConstraints

この拡張 (CA 証明書のみ) は、パスの検証を 2 つの方法で制限します。ポリシーマッピングを禁止したり、パス内の各証明書に受け入れ可能なポリシー識別子が含まれていることを要求したりするために使用できます。
PKIX は、(存在する場合)、この拡張は null シーケンスで設定されるべきではありません。利用可能な 2 つのフィールドが少なくとも 1 つ存在している必要があります。

OID

2.5.29.36

Criticality

この拡張機能は、重要な場合と重要でない場合があります。

B.3.12. policyMappings

Policy Mappings の拡張は、CA 証明書でのみ使用されます。これは、ある CA の対応するポリシーが別の CA のポリシーと同等であることを示すために使用される OID の 1 つ以上のペアをリストします。これは、ペア間の証明書のコンテキストで役に立つ場合があります。
この拡張機能は CA およびアプリケーションでサポートされる可能性があります。

OID

2.5.29.33

Criticality

この拡張はクリティカルでない必要があります。

B.3.13. privateKeyUsagePeriod

Private Key Usage Period の拡張機能により、証明書発行者は、証明書自体に秘密鍵に異なる有効期間を指定できます。この拡張は、デジタル署名鍵の使用を目的としています。
注記
PKIX Part 1 はこの拡張機能の使用に対して推奨されます。PKIX Part 1 に準拠する CA は、この拡張で証明書を生成 することはできません

OID

2.5.29.16

B.3.14. subjectAltName

Subject Alternative Name 拡張には、CA によって認証された公開鍵にバインドされた ID の 1 つ以上の代替 (X.500 以外) 名が含まれます。証明書サブジェクト名に加えて、またはその代わりとして使用できます。定義された名前の形式には、インターネット電子メールアドレス (RFC-822 で定義された SMTP)、DNS 名、IP アドレス (IPv4 と IPv6 の両方)、および URI (Uniform Resource Identifier) が含まれます。
PKIX では、サブジェクトフィールドで使用される X.500 識別名 (DN) 以外の名前形式で識別されるエンティティーに対してこの拡張機能が必要です。PKIX Part 1 では、この拡張機能とサブジェクトフィールドの関係に関する追加のルールを説明します。
電子メールアドレスは、Subject Alternative Name 拡張機能、証明書のサブジェクト名フィールド、またはその両方で指定できます。メールアドレスが件名の一部である場合は、PKCS #9 で定義された属性 EmailAddress の形式である必要があります。S/MIME をサポートするソフトウェアは、サブジェクト代替名拡張子またはサブジェクト名フィールドのいずれかから電子メールアドレスを読み取ることができる必要があります。

OID

2.5.29.17

Criticality

証明書の subject フィールドが空の場合は、この拡張機能にクリティカルのマークが付けられている必要があります。

B.3.15. subjectDirectoryAttributes

Subject Directory Attributes 機能拡張は、証明書の件名に必要なディレクトリー属性の値をすべて伝えます。提案されている PKIX 標準の必須部分としては推奨されていませんが、ローカル環境で使用できます。

OID

2.5.29.9

Criticality

PKIX Part 1 では、この拡張が非クリティカルなものとしてマークされている必要があります。

B.3.16. subjectKeyIdentifier

Subject Key Identifier 拡張は、この証明書で認定された公開鍵を識別します。この拡張機能は、特定のサブジェクト名に複数の公開鍵が使用可能な場合に、公開鍵を区別する方法を提供します。
この拡張機能の値は、PKIX で推奨されているとおり、証明書の DER エンコードされた subjectPublicKey の SHA ハッシュを実行して計算する必要があります、Subject Key Identifier 拡張機能は、CA 証明書の Authority Key Identifier 拡張機能と組み合わせて使用されます。CA 証明書に Subject Key Identifier 拡張がある場合、検証される証明書の Authority Key Identifier のキー識別子は、CA の Subject Key Identifier 拡張のキー識別子と一致する必要があります。この場合、検証者がキー識別子を再計算する必要はありません。
PKIX Part 1 では、すべての CA 証明書にこの拡張機能が必要であり、他のすべての証明書にこの拡張機能を推奨しています。

OID

2.5.29.14

Criticality

この拡張機能は常にクリティカルではありません。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.