検索

13.6. Web サービスのカスタマイズ

download PDF
すべてのサブシステム (TKS を除く) には、エージェント用の Web ベースのサービスページや、その他のロール (管理者やエンドエンティティーなど) 用の Web ベースのサービスページがあります。これらの Web ベースのサービスページは基本的な HTML や JavaScript を使用しており、既存のサイトやイントラネットに合わせて、さまざまな色、ロゴ、その他のデザイン要素を使用するようにカスタマイズできます。

13.6.1. サブシステム Web アプリケーションのカスタマイズ

各 PKI サブシステムには以下が含まれる対応する web アプリケーションがあります。
  • テキスト、JavaScript コード、ページレイアウト、CSS フォーマットなどを含む HTML ページ
  • サーブレット、パス、セキュリティー制約などを定義する web.xml ファイル
  • PKI ライブラリーへのリンク
サブシステムの Web アプリケーションは、/var/lib/pki/pki-tomcat/conf/Catalina/localhost/ のディレクトリーにあるコンテキストファイル (ca.xml ファイル など) を使用してデプロイされます。
<Context docBase="/usr/share/pki/ca/webapps/ca" crossContext="true" allowLinking="true">
    ...
</Context>
docBase は、デフォルトの Web アプリケーションディレクトリー /usr/share/pki/ の場所を参照します。
Web アプリケーションをカスタマイズするには、Web アプリケーションディレクトリーをインスタンスの webapps ディレクトリーにコピーします。
$ cp -r /usr/share/pki/ca/webapps/ca /var/lib/pki/pki-tomcat/webapps
次に、webapps ディレクトリーから相対的なカスタム Web アプリケーションのディレクトリーを参照するように、docBase を変更します。
<Context docBase="ca" crossContext="true" allowLinking="true">
    ...
</Context>
変更は、サーバーを再起動しなくてもすぐに有効になります。
カスタム Web アプリケーションを削除するには、docBase を元に戻し、カスタムの Web アプリケーションディレクトリーを削除します。
$ rm -rf /var/lib/pki/pki-tomcat/webapps/ca

13.6.2. Web UI テーマのカスタマイズ

同じインスタンスのサブシステムの web アプリケーションは、同じテーマを共有します。これには以下が含まれます。
  • CSS ファイル (グローバルの外観を決定する)
  • ロゴ、アイコン、およびその他のイメージファイル
  • ページタイトル、ロゴリンク、タイトルの色などを判断するブランディングプロパティー
Web UI のテーマは、/var/lib/pki/pki-tomcat/conf/Catalina/localhost/ ディレクトリーの pki.xml コンテキストファイルを使用してデプロイされます。
<Context docBase="/usr/share/pki/common-ui" crossContext="true" allowLinking="true">
    ...
</Context>
docBase は、デフォルトのテーマディレクトリー /usr/share/pki/ の場所を参照します。
テーマをカスタマイズするには、デフォルトのテーマディレクトリーをインスタンスの webapps ディレクトリーにある pki ディレクトリーにコピーします。
$ cp -r /usr/share/pki/common-ui /var/lib/pki/pki-tomcat/webapps/pki
次に、webapps ディレクトリーから相対的なカスタムテーマのディレクトリーを参照するように、docBase を変更します。
<Context docBase="pki" crossContext="true" allowLinking="true">
    ...
</Context>
変更は、サーバーを再起動しなくてもすぐに有効になります。
カスタムテーマを削除するには、docBase を元に戻して、カスタムテーマのディレクトリーを削除します。
$ rm -rf /var/lib/pki/pki-tomcat/webapps/pki

13.6.3. TPS トークンの状態ラベルのカスタマイズ

デフォルトのトークンの状態ラベルは /usr/share/pki/tps/conf/token-states.properties ファイルに保存され、「トークンの状態および遷移ラベル」 で説明されています。
ラベルをカスタマイズするには、ファイルをインスタンスディレクトリーにコピーします。
$ cp /usr/share/pki/tps/conf/token-states.properties /var/lib/pki/pki-tomcat/tps/conf
変更は、サーバーを再起動しなくてもすぐに有効になります。
カスタマイズされたラベルを削除するには、カスタマイズされたファイルを削除するだけです。
$ rm /var/lib/pki/pki-tomcat/tps/conf/token-states.properties
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.