検索

第20章 パッケージと設定ファイルのアップグレード

download PDF
サブシステムデータベースをアップグレードする前に、最新の更新プログラムをインストールします。
# yum update
このコマンドは、サーバー上のすべてのパッケージを更新します。Directory Server が別のホストにインストールされている場合は、そのホストのパッケージも更新します。
更新時に、/etc/pki/instance_name/subsystem/CS.cfg/etc/pki/instance_name/server.xml などの証明書システムの設定ファイルが新規バージョンに自動的に変更されます。
Certificate System のアップグレード時に生成されるログファイルは以下の通りです。
  • /var/log/pki/pki-server-upgrade-version.log
  • /var/log/pki/pki-upgrade-version.log
ログファイル名のバージョン番号は、Certificate System のバージョンではなく、pki* パッケージのバージョンを表します。
Directory Server の更新に関する詳細は、以下を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.