検索

1.2.4. リポジトリーのリモートの追加

download PDF

Git Perspective にリポジトリーを設定したら、リポジトリーにリモートを追加します。これは、新たに作成または追加されたリポジトリーに 1 度だけ必要な設定ステップです。

Git Perspective を使用してリポジトリーにリモートを設定する方法を説明します。

手順

  1. CodeReady Studio を起動します。
  2. Git Perspective を開きます。
  3. リポジトリーを展開します。

    crs creating a remote
  4. Remotes Create Remote と右クリックします。

    New Remote ウインドウが表示されます。

    crs naming the remote
  5. リモートに名前を付けます。
  6. Configure push が選択されていることを確認します。
  7. Create をクリックします。

    Configure Push ウィンドウが表示されます。

    crs configure push window
  8. 変更 をクリックします。

    Select a URI ウィンドウが表示されます。

    crs select uri window
  9. ソースリポジトリーの URI、ユーザー名、およびパスワードを追加します。

    Host および Repository パスフィールドが自動的に入力されます。

  10. Finish をクリックします。
  11. Save をクリックします。

新たに追加されたリモートが、CodeReady Studio の Git Repositories ビューに表示されます。

crs remote created
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.