検索

5.6. S2I ファイルを基にしたアプリケーションのビルド

download PDF

S2I ファイルを基にしてアプリケーションをデプロイするには、ローカルのワークスペースに空のプロジェクトが必要です。さらに、OpenShift にもコンポーネントを作成するための空のプロジェクトが必要です。コンポーネントの確立後、プロジェクトが更新され、OpenShift で作成されたローカルおよびリモートアーティファクトも更新されます。

Procedure

  1. CodeReady Studio を起動します。
  2. Ctrl+N キーを押します。

    Select a wizard ウインドウが表示されます。

    crs launcher project wizard
  3. 検索フィールドに Launcher と入力します。
  4. Launcher project を選択します。
  5. Next をクリックします。

    New Launcher project ウインドウが表示されます。

    crs launcher project creation
  6. Missionrest-http に設定します。
  7. Runtime tovert.x community を設定します。
  8. プロジェクトに名前を付けます。
  9. プロジェクトの場所を選択します。
  10. Finish をクリックします。

    依存関係の解決プロセスが完了するまで時間がかかることがあるため注意してください。

    新たに作成されたランチャープロジェクトが Project Explorer ビューに表示されます。

  11. OpenShift Application Explorer を起動します。
  12. OpenShift Application Explorer New Project の任意の場所をクリックします。

    crs os project

    New project ウインドウが表示されます。

    crs os new project window
  13. プロジェクトに名前を付けます。
  14. OK をクリックします。

    新たに作成したプロジェクトが OpenShift Application Explorer ビューに表示されます。

  15. ターゲットの Project New Component を右クリックします。

    crs os new component

    Create component ウィンドウが表示されます。

    crs s2i component

  16. プロジェクトに名前を付けます。
  17. Browse をクリックして Eclipse Project を選択します。
  18. S2I の横にある矢印をクリックし、Component typejava に設定します。
  19. Component versionlatest に設定します。
  20. アプリケーションに名前を付けます。
  21. Push after create チェックボックスを未選択にします。
  22. Finish をクリックします。

    Console ビューが表示され、検証プロセスが表示されます。

    新たに作成されたコンポーネントが、プロジェクト下の OpenShift Application Explorer ビューに表示されます。

S2I ファイルをベースとするアプリケーションが構築されている。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.