検索

7.6. Hibernate コンソール設定ファイルの作成

download PDF

コンソール設定ファイルには、Hibernate プラグインがどのように Hibernate を設定するかが記述されています。また、POJO や JDBC ドライバーなどのロードに必要な設定ファイルおよびクラスパスも記述されています。これは、クエリープロトタイピング、リバースエンジニアリング、およびコードの生成を使用するために必要です。プロジェクトごとに複数のコンソール設定を指定できますが、1 つの設定で十分です。

CodeReady Studio で Hibernate コンソール設定ファイルを作成する方法を説明します。

手順

  1. CodeReady Studio を起動します。
  2. Ctrl+N キーを押します。

    Select a wizard ウインドウが表示されます。

    crs creating a hibernate console config
  3. 検索フィールドに Hibernate と入力します。
  4. Hibernate Console Configuration を選択します。
  5. Next をクリックします。

    Create Hibernate Console Configuration ウィンドウが表示されます。

    crs create hibernate console config
  6. 設定ファイルに名前を付けます。
  7. TypeCore に設定されていることを確認します。
  8. 正しい Hibernate version を選択します。
  9. Browse をクリックしてプロジェクトを見つけます。
  10. New をクリックして、新しい Database connection を設定します。

    New Connection Profile ウインドウが表示されます。

  11. Data Connection を選択するか、新たに作成します。
  12. Setup をクリックし、Property file を設定します。

    Setup property file ウインドウを表示します。

  13. Create new をクリックします。

    Create Hibernate Properties file (.properties) ウインドウが表示されます。

    crs create hibernate properties file
  14. 親ディレクトリーを選択します。
  15. your.properties ファイルに名前を付けます
  16. Finish をクリックします。
  17. Setup をクリックし、Configuration file を設定します。
  18. target.cfg.xml ファイルへのパスを選択します。

    Setup configuration file ウインドウが表示されます。

  19. Create new をクリックします。

    Create Hibernate Configuration file (cfg.xml) ウインドウが表示されます。

    crs selecting parent dir for hibernate config file
  20. 親ディレクトリーを選択します。
  21. Next をクリックします。

    Hibernate Configuration File(cfg.xml) ウインドウが表示されます。

    crs hibenate config file creation
  22. Database dialect フィールドの下矢印をクリックして、データベースを選択します。
  23. Driver class フィールドの下矢印をクリックして、ドライバーを選択します。
  24. Connection URL フィールドの下矢印をクリックし、URL を選択します。
  25. Finish をクリックします。

    Create Hibernate Console Configuration ウィンドウが表示されます。

    crs creation of console config
  26. データベース接続を sakila に設定します。
  27. Finish をクリックします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.