検索

6.4.2. MicroProfile REST Client プロパティーの言語サポートの有効化

download PDF

MicroProfile REST Client プロパティーの言語サポートを有効にする方法を説明します。

前提条件

手順

  1. CodeReady Studio を起動します。
  2. Project Explorer を起動します。
  3. Quarkus project src/main/java を展開します。
  4. org.acme New Other を右クリックします。

    Select wizard ウインドウが表示されます。

    crs new file creation
  5. 検索フィールドに file と入力します。
  6. File を選択します。
  7. Next をクリックします。

    Create a new file resource ウインドウが表示されます。

    crs new dotjava file
  8. 新しいファイルに名前を付けます。
  9. Finish をクリックします。
  10. 新たに作成されたファイルに以下の内容を貼り付けます。

    package org.acme;
    
    import javax.ws.rs.GET;
    import javax.ws.rs.Path;
    import javax.ws.rs.core.Response;
    
    import org.eclipse.microprofile.rest.client.inject.RegisterRestClient;
    
    @RegisterRestClient
    public interface MyServiceClient {
    	@GET
        ("/greet")
        Response greet();
    }
  11. Ctrl+S キーを押して変更を保存します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.