検索

第1章 サービスアカウント

download PDF

アカウントはユーザーアカウントまたはサービスアカウントのどちらかです。ユーザーアカウントで、組織内のユーザー (人) を認証します。サービスアカウントは、人間の介入なしにアプリケーションやサービスを認証します。以下の目的で、Red Hat Hybrid Cloud Console でサービスアカウントを作成します。

  • アプリケーションまたはサービスは特定のリソースへのアクセスを必要である。
  • アプリケーションまたはサービスは、人の介入を必要とせずにリソースにアクセスする必要がある。
  • アプリケーションまたはサービスは、複数の場所からリソースにアクセスする必要がある。

Red Hat Hybrid Cloud Console のクラウドサービス API に接続するには、サービスアカウントを使用する必要があります。Red Hat の Basic 認証のサポートは 2024 年 12 月 31 日に終了予定で、その日以降はトークンベースの認証のみが許可されます。サービスアカウントは、トークンベースの認証をサポートします。

サービスアカウントの実装の詳細は、サービスアカウントを介した Basic 認証からトークンベース認証への Red Hat Hybrid Cloud ConsoleAPI の移行 を参照してください。

注記

API には、Red Hat Single Sign-On からのアクセストークンが必要です。トークンは 15 分 (900 秒) 後に期限切れになります。アクセストークンを取得するプロセスを 10 分 (600 秒) ごとに繰り返し、有効期限が切れる前にトークンがローテーションされるようにします。(RFC 6749, Section 4.1.4)

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.