検索

8.33. USER(1)

download PDF

8.33.1. 名前

user - プロパティーセキュリティーレルムで Data Grid ユーザーを管理します。

8.33.2. 概要

user ls

user create 'username'

user describe 'username'

user remove 'username'

user password 'username'

user groups 'username'

user encrypt-all

8.33.3. 説明

プロパティーセキュリティーレルムに保存されているユーザーを管理(リスト、作成、説明、削除、変更)します。注記:このコマンドは、プロパティーレルムでのみ使用できます。

8.33.4. コマンドの概要

user ls
プロパティーファイルに存在するユーザーまたはグループをリスト表示します。
user create 'username'
パスワードの入力を求めた後、ユーザーを作成します。
user describe 'username'
ユーザー名、レルム、およびユーザーが属するグループを含め、ユーザーについて説明します。
user remove 'username'
指定されたユーザーをプロパティーファイルから削除します。
user password 'username'
ユーザーのパスワードを変更します。
user groups 'username'
ユーザーが属するグループを設定します。
user encrypt-all
プレーンテキストのユーザープロパティーファイル内のすべてのパスワードを暗号化します。

8.33.5. 共通のオプション

これらのオプションは、すべてのコマンドに適用されます。

-h, --help
コマンドまたはサブコマンドのヘルプページを表示します。
-s, --server-root='path-to-server-root'
サーバールートへのパス。デフォルトは server です。
-f, --users-file='users.properties'
ユーザーパスワードを含むプロパティーファイルの名前。デフォルトは users.properties です。
-w, --groups-file='groups.properties'
ユーザーからグループへのマッピングを含むプロパティーファイルの名前。デフォルトは groups.properties です。

8.33.6. ユーザー作成/変更のオプション

-a, --algorithms
パスワードのハッシュに使用されるアルゴリズムを指定します。
-g, --groups='group1,group2,…​'
ユーザーが属するグループを指定します。
-p, --password='password'
ユーザーのパスワードを指定します。
-r, --realm='realm'
レルム名を指定します。
--plain-text
パスワードをプレーンテキストで保存するかどうかを定義します (非推奨)。

8.33.7. ユーザーリストのオプション

--groups
ユーザーの代わりにグループのリストを表示します。

8.33.8. ユーザー暗号化 (すべて) のオプション

-a, --algorithms
パスワードのハッシュに使用されるアルゴリズムを指定します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.