検索

7.2.10. コンソールを使用した CoS の管理

download PDF
本セクションでは、Directory Server コンソールを使用して CoS を作成し、編集する方法を説明します。

7.2.10.1. 新規 CoS の作成

  1. Directory Server コンソールで、Directory タブを選択します
  2. 左側のナビゲーションペインでツリーを参照し、新しいクラスの親エントリーを選択します。
  3. Object メニューに移動し、New > Class of Service を選択します。
    または、エントリーを右クリックし、New > Class of Service を選択します。
  4. 左側のペインで General を選択します。右側のペインで、Class Name フィールドに新しいクラスのサービスの名前を入力します。Description フィールドにクラスの説明を入力します。
  5. 左側のペインで 属性 をクリックします。右側のペインには、ターゲットエントリーで生成された属性の一覧が表示されます。
    Add をクリックして、可能な属性の一覧を参照し、一覧に追加します。
  6. リストに属性が追加されると、サービス の動作 列にドロップダウンリストが表示されます。
    • Does not override target entry attribute を選択して、エントリーとともに対応する属性値が保存されていない場合に限り、ディレクトリーに対して生成された値を返すよう指示します。
    • Overrides target entry attribute を選択して、CoS が生成した属性の値がローカル値をオーバーライドします。
    • Overrides target entry attribute を選択し、 属性がローカル値を上書きして、属性が機能しないようにするため、明示的に要求されない限り、クライアントアプリケーションに表示されないようにすることができます。
    • Does not override target entry attribute を選択し、エントリーに対応する属性値が格納されておらず、属性が機能しなくなった(明示的に要求されない限りクライアントアプリケーションに表示されない)場合にのみ、生成された値を返すようにディレクトリーに指示する 機能です。
    注記
    属性は、スキーマで操作可能としても定義されている場合にのみ操作できます。たとえば、CoS description 属性の値を生成する場合、Overrides ターゲットエントリー属性を選択することはできません。この属性はスキーマで稼働してい ないためです。
  7. 左側のペインで Template をクリックします。右側のペインで、テンプレートエントリーの特定方法を選択します。
    • DN です。DN(ポインター CoS)のみで識別されるテンプレートエントリーを指定するには、Template DN フィールドにテンプレートの DN を入力します。Browse をクリックして、ローカルサーバーで DN を見つけます。これは、cn=CoS template,ou=People,dc=example,dc=com などの DN の正確な DN になります
    • ターゲットエントリーの属性の 1 つの値の使用。ターゲットエントリーの属性の 1 つ(間接的な CoS)の値で識別されるテンプレートエントリーが識別されるようにするには、Attribute Name フィールドに属性名を入力します。Change をクリックして、利用可能な属性の一覧から別の属性を選択します。
    • その DN とターゲットエントリーの属性の 1 つの値の両方を使用します。DN とターゲットエントリーの属性のいずれかの値(classic CoS)の両方によって識別されるテンプレートエントリーを設定するには、テンプレート DN と属性名の両方を入力します。Classic CoS のテンプレート DN はポインター CoS に対してより一般的です。テンプレートエントリーが存在するサフィックスまたは従属接尾辞を参照します。Classic CoS には複数のテンプレートが存在する場合があります。
  8. OK をクリックします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.