検索

6.3.3. すべてのデータベースの復元

download PDF
以下の手順では、Directory Server コンソールとコマンドラインから、ディレクトリー内のすべてのデータベースを復元する方法を説明します。
注記
バックアップからデータベースを復元すると、changelog も復元します。
重要
データベースの復元中、サーバーが稼働している必要があります。ただし、復元中にデータベースが処理操作の対象になります。
したがって、データベースを復元する前に、すべてのレプリケーションプロセスを停止します。詳細は、「レプリカ合意の無効化および再有効化」 を参照してください。

6.3.3.1. コンソールからのすべてのデータベースの復元

データベースが破損したら、Directory Server コンソールを使用して、以前に生成されたバックアップからデータを復元します。このプロセスは、サーバーを停止し、データベースおよび関連するインデックスファイルをバックアップの場所からデータベースディレクトリーにコピーすることで構成されます。
警告
データベースの復元は、既存のデータベースファイルを上書きします。
重要
データベースの復元中、サーバーが稼働している必要があります。ただし、復元中にデータベースが処理操作の対象になります。
したがって、データベースを復元する前に、すべてのレプリケーションプロセスを停止します。詳細は、「レプリカ合意の無効化および再有効化」 を参照してください。
以前に作成したバックアップからデータベースを復元するには、以下を行います。
  1. Directory Server コンソールで、Tasks タブを選択します
  2. Directory Server のリストア をクリックします。
  3. Available Backups リストからバックアップを選択するか、Directory テキストボックスに既存のバックアップへの完全パスを入力します。
    利用可能なバックアップの一覧には、デフォルトのディレクトリー /var/lib/dirsrv/slapd-instance/bak/backup_directory にあるバックアップがすべて表示されます。backup_directory は、serverID-YYYY_MM_DD_hhmmss 形式の最新のバックアップのディレクトリーです。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.