検索

6.3.5. 複製されたエントリーが含まれるデータベースの復元

download PDF
サプライヤーサーバーを復元すると、いくつかの状況が発生する可能性があります。
  • コンシューマーサーバーも復元します。
    非常にまれな状況では、すべてのデータベースで、(データが同期されるため)、コンシューマーはサプライヤーと同期したままとなり、他に何もする必要はありません。レプリケーションは中断せずに再開します。
  • サプライヤーだけが復元します。
    サプライヤーのみが復元された場合や、コンシューマーが別のバックアップから復元された場合は、サプライヤーがコンシューマーを再初期化して、データベースのデータを更新します。サプライヤーのみが復元された場合や、コンシューマーが別のバックアップから復元された場合は、サプライヤーがコンシューマーを再初期化して、データベースのデータを更新します。
  • サプライヤーサーバーでチェンジログエントリーの有効期限が切れていません。
    データベースのバックアップの取得後にサプライヤーの変更ログが期限切れになっていない場合は、ローカルコンシューマーを復元し、通常の操作を継続します。この状態は、cn=changelog5,cn=config エントリーで、最大 changelog age 属性 nsslapd-changelogmaxage に設定された値よりも短い期間内にバックアップを取得した場合に限り発生します。このオプションの詳細は、『Red Hat Directory Server 設定、コマンド、およびファイルリファレンス』 を参照してください。
    Directory Server は、レプリカとその changelog 間の互換性を自動的に検出します。不一致が検出されると、サーバーは古い changelog ファイルを削除し、空のファイルを新たに作成します。
  • changelog エントリーは、ローカルバックアップの時間以降、サプライヤーサーバーで期限切れです。
    changelog エントリーの有効期限が切れている場合は、コンシューマーを再初期化します。コンシューマーの再初期化に関する詳細は、「コンシューマーの初期化」 を参照してください。

例6.1 Directory Server のレプリケーショントポロジーの復元

たとえば、2 つのマスターと 2 つのコンシューマーサーバーで構成されるレプリケーション環境のサーバーをすべて復元するには、以下を実行します。
  1. 最初のマスターを復元します。-r オプションを指定せずに ldif2db ユーティリティーを使用して、データをインポートします。「コマンドラインからのインポート」 を参照してください。
  2. レプリケーションを使用して残りのサーバーをオンラインに初期化します。
    1. 最初のマスターから 2 番目のマスターを初期化します。
    2. マスターからコンシューマーを初期化します。
    詳細は、「コンシューマーの初期化」 を参照してください。
  3. 各サーバーで nsds5replicaLastUpdateStatus 属性を表示し、レプリケーションが正しく機能していることを確認します。
    # ldapsearch -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -b "cn=example_agreement,cn=replica,cn=dc\=example\,dc\=com,cn=mapping tree,cn=config" nsds5replicaLastUpdateStatus
    可能なステータスの詳細は、Red 『Hat Directory Server の設定、コマンド、およびファイルリファレンス の付録 レプリカ合意の状況 を参照してください』。
復元操作中に、復元されたデータベースに関連する changelog が削除されます。再初期化が必要であることを示すメッセージが、サプライヤーサーバーのログファイルに記録されます。
レプリケーションの管理に関する情報は、「15章レプリケーションの管理」を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.