検索

2.3.2.2. LDAP 制御チェーン

download PDF
LDAP 制御による操作リクエストを連鎖させることは できません。デフォルトでは、以下の制御で行われる要求は、データベースリンクによってリモートサーバーに転送されます。
  • 仮想リストビュー (VLV)。この制御は、すべてのエントリー情報を返すのではなく、エントリーの一部のリストを提供します。
  • サーバー側のソート。この制御では、通常は特定のマッチングルールを使用して、エントリーを属性値に従ってソートます。
  • 逆参照。この制御は、検索内のエントリー属性の参照を上書きし、参照されるエントリーから指定された属性情報をプルし、残りの検索結果とともに返します。
  • 管理 DSA。この制御は、参照に従うのではなく、スマート参照をエントリーとして返します。そのため、スマートの参照自体は変更または削除できます。
  • ループ検出。この制御では、別のサーバーとのサーバー連鎖の回数を追跡します。数が設定された数に達すると、ループが検出され、クライアントアプリケーションに通知が送信されます。この制御の使用方法は、「ループの検出」を参照してください。
注記
サーバー側のソートおよび VLV 制御は、1 つのデータベースにクライアントアプリケーション要求が行われている場合にのみサポートされます。データベースリンクは、クライアントアプリケーションが複数のデータベースに要求を行う場合に、これらの制御をサポートしません。
2.3.2.2.1. コンソールを使用した LDAP 制御の連鎖
  1. Directory Server コンソールで、Configuration タブを選択します。
  2. 左側のペインで Data フォルダーを展開し、Database Link Settings をクリックします。
  3. 右側のウィンドウで Settings タブを選択します。
  4. データベースリンクセクションによって転送される LDAP ControlsAdd ボタンをクリックして、LDAP コントロールを一覧に追加します。
  5. リストに追加するコントロールの OID を選択し、OK をクリックします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.