検索

2.2.2. Directory データベースの維持

download PDF

2.2.2.1. 読み取り専用モードでのデータベースの配置

データベースが読み取り専用モードの場合は、エントリーを作成、変更、または削除することはできません。読み取り専用モードが役立つ状況の 1 つは、コンシューマーを手動で初期化する場合や、Directory Server からデータをバックアップまたはエクスポートする前です。読み取り専用モードは、特定の時点でのこれらのデータベースの状態の正確なイメージを保証します。
Directory Server コンソールおよびコマンドラインユーティリティーは、エクスポート操作またはバックアップ操作の前にディレクトリーを読み取り専用モードに自動的に配置しません。これは、ディレクトリーの更新で利用できなくなるためです。ただし、マルチマスターレプリケーションでは、これは問題ではない可能性があります。
2.2.2.1.1. コンソールを使用したデータベースの読み取り専用の設定
  1. Directory Server コンソールで、Configuration タブを選択します。
  2. 左側のペインで Data を展開します。データベースが含まれる接尾辞を展開して、読み取り専用モードにします。
  3. 読み取り専用モードに設定するデータベースを選択します。
  4. 右側のペインで、Database Settings タブを選択します。
  5. データベースが読み取り専用 チェックボックスにチェックマークを入れます。
この変更は即座に有効になります。
データベースをインポートまたは復元する前に、操作の影響を受けるデータベースが読み取り専用モード ではないことを確認してください
読み取り専用モードを無効にするには、Directory Server Console でデータベースを再度開き、データベースが読み取り専用 チェックボックスの選択を解除します。
2.2.2.1.2. コマンドラインからデータベースの読み取り専用の設定
データベースを読み取り専用モードに手動で配置するには、以下を実行します。
  1. ldapmodify を実行します。
    # ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -x
  2. read-only 属性を on に変更します。
    dn: cn=database_name,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
    changetype: modify
    replace: nsslapd-readonly
    nsslapd-readonly: on
注記
デフォルトでは、インストール時に作成されるデータベースの名前は userRoot です。
2.2.2.1.3. 読み取り専用モードでの Directory Server の配置
Directory Server が複数のデータベースを維持し、すべてのデータベースを読み取り専用モードで配置する必要がある場合は、1 回の操作で実行できます。
警告
この操作は、Directory Server 設定が読み取り専用であるため、サーバー設定の更新、プラグインの有効化または無効化、読み取り専用モードの場合は Directory Server を再起動することはできません。読み取り専用モードを有効にすると、コンソールから元に戻す ことはできません。設定ファイルを変更する必要があります。
注記
Directory Server にレプリカが含まれている場合は、レプリケーションを無効にするため、読み取り専用モードを使用 しないでください
Directory Server を読み取り専用モードにするには、以下を実行します。
  1. Directory Server コンソールの Configuration タブを選択し、左側のペインのナビゲーションツリーでトップエントリーを選択します。
  2. 右側のペインで Settings タブを選択します。
  3. Make Entire Server Read-Only チェックボックスを選択します。
  4. Save をクリックし、サーバーを再起動します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.