検索

18.13.2.7. 認証方法に基づいたアクセスの定義

download PDF
bind ルールの authmethod キーワードは、サーバーに接続する際にクライアントが使用する認証方法を設定し、ACI を適用します。
auth キーワードでルールをバインドするには、以下の構文を使用します。
authmethod comparison_operator "authentication_method"
以下の認証方法を設定できます。
  • none: 認証は不要で、匿名のアクセスを表します。これがデフォルトになります。
  • simple: クライアントは、ディレクトリーにバインドするユーザー名とパスワードを提供する必要があります。
  • SSL: クライアントは、データベース、スマートカード、または他のデバイスのいずれかで TLS 証明書を使用してディレクトリーにバインドする必要があります。証明書ベースの認証の詳細は、「証明書ベースのクライアント認証の使用」を参照してください。
  • SASL: クライアントは、Simple Authentication and Security Layer (SASL) 接続を介してディレクトリーにバインドする必要があります。bind ルールでこの認証方法を使用する場合は、EXTERNAL などの SASL メカニズムも指定します。

例18.34 EXTERNAL SASL 認証方法を使用した接続でのみアクセスのみの有効化

接続が証明書ベースの認証メソッドまたは SASL を使用していない場合にサーバーへのアクセスを拒否するには、以下を実行します。
# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -x
dn: ou=People,dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (version 3.0; acl "Deny all access without certificate"; deny (all)
 (authmethod = "none" or authmethod = "simple");)
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.