検索

5.2. レプリケーションによる参照整合性の使用

download PDF
レプリケーション環境で Referential Integrity Postoperation プラグインを使用する場合は、特定の制限があります。
  • 専用のコンシューマーサーバー (読み取り専用レプリカのみが含まれるサーバー) では有効に しないでください
  • 読み書きレプリカと読み取り専用レプリカの組み合わせが含まれるサーバーで有効に しないでください
  • 読み書きレプリカのみが含まれるサプライヤーサーバーで有効にできます。
  • マルチマスターレプリケーションでは、1 つのサプライヤーでプラグインを有効にします。
レプリケーション環境がこれらのすべての条件を満たす場合は、Referential Integrity Postoperation プラグインを有効にすることができます。
  1. 「参照整合性の有効化および無効化」 の説明に従って、Referential Integrity Postoperation プラグインを有効にします。
  2. 変更ログに整合性の更新を記録するようにプラグインを設定します。
  3. すべてのコンシューマーサーバーで、Referential Integrity Postoperation プラグインが無効になっていることを確認します。
    注記
    サプライヤーサーバーが Referential Integrity Postoperation 整合性プラグインの変更をコンシューマーサーバーに送信するため、コンシューマーサーバーで Referential Integrity Postoperation プラグインを実行する必要はありません。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.