検索

7.2.10.2. CoS テンプレートエントリーの作成

download PDF
ポインター CoS または従来の CoS の場合は、サービスのクラスの作成時に設定されたテンプレート DN に従い、テンプレートエントリーが必要です。cosTemplateDn 属性がその DN を反映しますが、テンプレートエントリーを CoS 自体に配置するのが最善の方法です。
  • ポインター CoS の場合は、このエントリーが CoS の作成時に与えられた正確な DN を反映していることを確認します。
  • Classic CoS の場合、テンプレート DN は、テンプレートのベース接尾辞として CoS エントリー自体を参照する再帰的である必要があります。
  1. Directory Server コンソールで、Directory タブを選択します
  2. 左側のナビゲーションペインでツリーを参照し、サービスのクラスが含まれる親エントリーを選択します。
    CoS が他のエントリーと共に右側のペインに表示されます。
  3. CoS を右クリックし、New > Other の順に選択します
    または、右側のペインで CoS を選択し、上部のメニューの Object をクリックし、New > Other を選択します。
  4. オブジェクトクラスの一覧から cosTemplate を選択します。
    注記
    LDAPsubentry オブジェクトクラスは新規テンプレートエントリーに追加できます。CoS テンプレートエントリーを LDAPsubentry オブジェクトクラスのインスタンスに設定すると、通常の検索を設定エントリーによって妨げられません。ただし、テンプレートエントリーがすでに存在し、その他(ユーザーエントリーである場合など)に使用される場合は、LDAPsubentry オブジェクトクラスをテンプレートエントリーに追加する必要はありません。
  5. オブジェクトクラス属性を選択し、Add Value をクリックします。
  6. extensibleObject オブジェクトクラス を追加します。これにより、ディレクトリーで利用可能な属性を追加できます。
  7. Add Attribute ボタンをクリックします。
  8. cn 属性を追加し、ターゲットエントリーの属性値に対応する値を指定します。たとえば、従来の CoS の値を設定するために manager 属性を使用する場合は、cnuid=bparker,ou=people,dc=example,dc=com などのマネージャーの DN の値を指定します。または、cn=QA Role,dc=example,dc=com や通常の属性値などのロールに設定します。たとえば、employeeType 属性が選択された場合は、完全な時間または 一時的 になります
  9. 右下の Change ボタンをクリックして naming 属性を変更します。
  10. エントリーの cospriority を、cn ではなく naming 属性として使用します。
  11. Add Attribute ボタンをクリックし、CoS にリストされている属性を追加します。ここで使用する値は、ターゲットエントリーのディレクトリー全体で使用されます。
  12. cospriority を設定します。エントリーの特定の属性に適用される CoS が複数ある場合があります。cospriority 属性は、その特定の CoS の重要性をランク付けします。cospriority が高いものは競合に優先します。最も高い優先度は 0 です。
    cosPriority 属性が含まれないテンプレートは、優先度が最も低いとみなされます。2 つ以上のテンプレートが属性値を指定し、優先度が同じ(または優先順位がない)場合、値は任意に選択されます。
    注記
    負の cosPriority 値の動作は Directory Server では定義されないため、負の値を入力しないでください。
    注記
    cosPriority 属性は、間接的な CoS ではサポートされていません。
CoS は、その下にエントリーがある場合に、左側のナビゲーションペインに表示されます。Classic CoS の場合、属性指定子の潜在的な値に応じて、複数のエントリーが存在する可能性があります。
既存の CoS のターゲットエントリーで生成された説明または属性を編集するには、Directory タブに一覧表示されている CoS エントリーをダブルクリックして、エディターウィンドウで適切な変更を加えます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.