検索

20.7.2. コマンドラインでのデータベースの監視

download PDF
データベースの現在のアクティビティーは、ldapsearch などの LDAP ツールを使用して監視できます。検索は、LDBM データベースエントリーの監視サブツリー cn=monitor,cn=database_name,cn= ldbm database,cn=plugins,cn=config をターゲットにします。これには、その特定のデータベースインスタンスの監視属性がすべて含まれます。
以下に例を示します。
# ldapsearch -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -x -s base -b "cn=monitor,cn=database_name,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config" "(objectclass=*)"
表20.12 データベースモニタリングの属性
属性 詳細
データベース 現在モニターされているデータベースのタイプを特定します。
readonly データベースが読み取り専用モードであるかどうかを指定します。0 は サーバーが読み取り専用モードではないことを意味します。1 は、読み取り専用モードであることを意味します。
entrycachehits 成功したエントリーキャッシュルックアップの合計数。つまり、ディスクに移動するのではなくキャッシュからデータを取得することで、サーバーが検索要求を処理できる合計回数です。
entrycachetries ディレクトリーが最後に開始されてからのエントリーキャッシュルックアップの合計数。つまり、サーバー起動以降にサーバーに対して実行される検索操作の合計数。
entrycachehitratio
エントリーキャッシュの検索の成功を試みる比率。この数は、ディレクトリーが最後に開始された後のルックアップおよびヒットの合計に基づいています。この値を 100% にすると、より良い値になります。検索操作がエントリーキャッシュに存在しないエントリーの検索を試みるたびに、ディレクトリーがエントリーを取得するためにディスクアクセスを実行する必要があります。そのため、この比率はゼロに対してドロップするため、ディスクアクセスの数は増加し、ディレクトリー検索のパフォーマンス低下します。
比率を改善するには、エントリーキャッシュの自動調整を有効にします。詳細は、『Red Hat Directory Server パフォーマンスチューニングガイド』の該当するセクションを参照してください
currententrycachesize
エントリーキャッシュに現在存在するディレクトリーエントリーの合計サイズ(バイト単位)。
maxentrycachesize
エントリーキャッシュで保持できるディレクトリーエントリーの最大サイズ(バイト単位)。
エントリーキャッシュのサイズは、cn= database _name,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーの nsslapd-cachememsize 属性に設定されます。パフォーマンスを最適化するには、エントリーキャッシュの自動調整を有効にします。詳細は、『Red Hat Directory Server パフォーマンスチューニングガイド』の該当するセクションを参照してください
dbcachehits ディスクに移動するのではなく、キャッシュからデータを取得することで、サーバーがリクエストを処理できる回数。
dbcachetries サーバー起動後のデータベースアクセスの総数。
dbcachehitratio キャッシュの比率は、キャッシュヒットの成功を試みます。この数を 100% にすると、より良い数値になります。
dbcachepagein ディスクからキャッシュに読み取られるページ数。
dbcachepageout キャッシュからディスクに書き込まれたページ数。
dbcacheroevict 新規ページのスペースを作成するために、キャッシュから破棄された読み取り専用ページの数。キャッシュから破棄されたページはディスクに書き込まれ、サーバーのパフォーマンスに影響する可能性があります。ページの数が小さいほどエビクトされます。
dbcacherwevict 新規ページのスペースを作成するために、キャッシュから破棄された読み取り/書き込みページの数。この値は、変更されていない読み取り書き込みページを破棄する点で、Pages Written Out とは異なります。キャッシュから破棄されたページはディスクに書き込まれ、サーバーのパフォーマンスに影響する可能性があります。ページの数が小さいほどエビクトされます。
dbfilename-number ファイルの名前です。数値は、ファイルの連続した整数識別子(0 から開始)を提供します。ファイルに関連付けられたすべての統計には、同じ数値 ID が指定されます。
dbfilecachehit-number 検索によって、この特定のファイルでキャッシュがヒットした回数。つまり、クライアントはこのファイルからデータを必要とする検索を実行し、ディレクトリーはキャッシュから必要なデータを取得します。
dbfilecachemiss-number 検索結果が、この特定のファイルのキャッシュに到達できなかった回数。つまり、このファイルから必要なデータが実行されており、必要なデータがキャッシュにあることができませんでした。
dbfilepagein-number このファイルからキャッシュに移動するページ数。
dbfilepageout-number キャッシュからディスクに書き込まれるこのファイルのページ数。
currentdncachesize
DN キャッシュに現在存在する DN の合計サイズ(バイト単位)。
DN キャッシュに存在するエントリーのサイズを増やすには、データベースの cn= database_name , cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーの nsslapd-dncachememsize 属性の値を増やします。
maxdncachesize
DN キャッシュで保持できる DN の最大サイズ(バイト単位)。
キャッシュに存在するエントリーのサイズを増やすには、データベースの cn= database_name、cn= ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーの nsslapd-dncachememsize 属性の値を増やします。
currentdncachecount DN キャッシュに現在存在する DN の数。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.