検索

21.4. SNMP トラップの設定

download PDF
SNMP トラップは基本的に、監視対象のサーバーによって問題が発生した場合に通知をトリガーするしきい値です。トラップを使用するには、マスターエージェントを設定して、トラップを許可し、それらの操作を行うように設定する必要があります。たとえば、トラップは、Directory Server インスタンスの管理者が停止するメール通知をトリガーできます。
サブエージェントは、トラップをマスターエージェントに送信するだけです。マスターエージェントとトラップハンドラーは、使用している SNMP マスターエージェントのドキュメントに従って設定する必要があります。
トラップは Entity Table からの情報に付随します。これには、名前やバージョン番号などの Directory Server インスタンスに固有の情報が含まれます。Entity Table は、「エンティティーテーブル」で説明しています。つまり、マスターエージェントがトラップを受けたときに取るアクションは、あるインスタンスでは dsEntityContact 変数に定義された電子メールアドレスに電子メールを送信する一方で、別のインスタンスでは dsEntityContact 変数に定義されたページャー番号に通知を送信するなど、柔軟に対応することができます。
サブエージェントでサポートされるトラップは 2 つあります。
  • DirectoryServerDown.このトラップは、サブエージェントが Directory Server が実行されていないことを検出するたびに生成されます。このトラップは、Directory Server インスタンスの説明、バージョン、物理的な場所、および連絡先情報と共に送信されます。詳細は、dsEntityDescr 変数、dsEntityVers 変数、dsEntityLocation 変数、および dsEntityContact 変数を参照してください。
  • DirectoryServerStart.このトラップは、サブエージェントが Directory Server が起動または再起動していることを検出すると常に生成されます。このトラップは、Directory Server インスタンスの説明、バージョン、物理的な場所、および連絡先情報と共に送信されます。詳細は、dsEntityDescr 変数、dsEntityVers 変数、dsEntityLocation 変数、および dsEntityContact 変数を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.