検索

21.5. 管理情報ベースの使用

download PDF
Directory Server の MIB は、redhat -directory.mib と呼ばれるファイルです。この MIB には、そのディレクトリーのネットワーク管理に関する変数の定義が含まれます。これらの変数は、管理オブジェクトと呼ばれます。ディレクトリー MIB および Net-SNMP を使用すると、ネットワーク上の他の全デバイスと同様にディレクトリーを監視できます。MIB を使用する方法は、「Directory Server の SNMP Agent の設定」を参照してください。
クライアントツールは、Directory Server MIB を読み込み、以下のセクションに記載されている変数名を使用する必要があります。
ディレクトリー MIB を使用すると、管理者は SNMP を使用してディレクトリーの管理情報を確認し、リアルタイムでサーバーを監視できるようになります。ディレクトリー MIB は、管理オブジェクトの 4 つの異なるテーブルに分類されています。
注記
SNMP に監視される Directory Server 属性はすべて、32 ビットシステムであってもカウンターに 64 ビット整数を使用します。

21.5.1. 操作表

Operations Table は、Directory Server のアクセス、操作、およびエラーに関する統計情報を提供します。表21.1「操作テーブル: 管理オブジェクトと説明」は、redhat-directory.mib ファイルの Operations Table に保存されている管理オブジェクトを説明します。
表21.1 操作テーブル: 管理オブジェクトと説明
管理オブジェクト 説明
dsAnonymousBinds サーバーの起動以降、ディレクトリーへの匿名バインド数。
dsUnauthBinds サーバーの起動以降、ディレクトリーへの認証されていないバインド数。
dsSimpleAuthBinds サーバーが起動してから、単純な認証方法 (パスワード保護など) で確立された、ディレクトリーのバインド数。
dsStrongAuthBinds サーバーの起動してから、強力な認証方法 (TLS や、Kerberosのような SASL メカニズムなど) を使用して確立されたディレクトリーへのバインドの数。
dsBindSecurityErrors サーバーの起動以降に、認証失敗または無効な認証情報により、ディレクトリーで拒否されたバインド要求の数。
dsInOps サーバーの起動以降、別のディレクトリーからこのディレクトリーに転送される操作の数。
dsReadOps アプリケーションが起動してからこのディレクトリーによる読み取り操作の数。LDAP は検索操作を使用して間接的に読み取り操作を実装するため、このオブジェクトの値は常に 0 になります。
dsCompareOps サーバーの起動時にこのディレクトリーによる比較操作の数。
dsAddEntryOps サーバーの起動時にこのディレクトリーによる追加操作の数。
dsRemoveEntryOps サーバーの起動以降、このディレクトリーがサービス化された削除操作の数。
dsModifyEntryOps サーバーの起動以降、このディレクトリーがサービス化された変更操作の数。
dsModifyRDNOps サーバー起動以降、このディレクトリーが処理する RDN 操作の数。
dsListOps サーバーの起動時にこのディレクトリーによるリスト操作の数。LDAP は検索操作を使用して間接的にリスト操作を実装するため、このオブジェクトの値は常に 0 になります。
dsSearchOps サーバーの起動以降、このディレクトリーで処理された検索操作の合計数。
dsOneLevelSearchOps サーバー起動以降、このディレクトリーが処理する 1 レベルの検索操作の数。
dsWholeSubtreeSearchOps サーバー起動以降、このディレクトリーが指定したサブツリー検索操作全体の数。
dsReferrals サーバー起動からクライアント要求に対応して、このディレクトリーが返す参照数。
dsSecurityErrors セキュリティー要件を満たしていないこのディレクトリーに転送される操作の数。
dsErrors エラー (セキュリティーエラーや参照エラー以外) のためにサービスを提供できなかった要求の数です。エラーには、名前エラー、更新エラー、属性エラー、およびサービスエラーなどがあります。部分的に設定されたリクエストはエラーとしてカウントされません。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.