検索

20.6. サーバーアクティビティーの監視

download PDF
Directory Server の現在のアクティビティーは、Directory Server コンソールまたはコマンドラインから監視できます。また、すべてのデータベースのキャッシュアクティビティーを監視することもできます。

20.6.1. Directory Server コンソールからのサーバーの監視

  1. Status タブを選択します。
  2. ナビゲーションツリーで Performance Counters を選択します。
    右側のペインの Status タブには、サーバーアクティビティーに関する現在の情報が表示されます。サーバーが現在実行していない場合は、このタブではパフォーマンスの監視情報は提供されません。
  3. Refresh をクリックし、現在の表示を更新します。サーバーが表示する情報を継続的に更新するには、Continuous チェックボックスを選択します。
General Information の表には、サーバーの基本情報が記載されています。これは、収集された統計に関するベースラインを設定するのに役立ちます。
表20.2 一般情報(サーバー)
フィールド 詳細
サーバーバージョン 現在のサーバーバージョンを識別します。
サーバー上の起動時間 サーバーが開始した日時。
サーバーの現在の時間 サーバーの現在の日時。
リソースサマリー の表には、そのインスタンスによって実行されるすべての操作の合計が表示されます。
表20.3 リソースの概要
リソース 起動時の使用方法 1 分あたりの平均数
接続 サーバーの起動以降、このサーバーへの接続の合計数。 サーバーの起動から 1 分あたりの平均接続数
操作開始 サーバーの起動以降に開始された操作の合計数。操作には、検索、追加、変更などのサーバーアクションのクライアント要求が含まれます。多くの場合、接続ごとに複数の操作が開始されます。 サーバーの起動から 1 分あたりの操作の平均。
完了した操作 サーバーの起動以降、サーバーによって完了した操作の合計数。 サーバーの起動から 1 分あたりの操作の平均。
クライアントに送信されるエントリー サーバーの起動以降にクライアントに送信されるエントリーの合計数。エントリーは、検索要求の結果でクライアントに送信されます。 サーバーの起動時に 1 分あたりにクライアントに送信されるエントリーの平均数。
クライアントに送信されるバイト サーバーの起動以降にクライアントに送信される合計バイト数。 サーバーの起動時に 1 分あたりにクライアントに送信される平均のバイト数。
現在のリソース使用状況 の表には、サーバー上の現在の要求が表示されます。
表20.4 現在のリソース使用
リソース 現在の合計
アクティブなスレッド リクエストの処理に使用される現在のアクティブなスレッドの数。追加のスレッドは、レプリケーションやチェーンなどの内部サーバータスクで作成できます。
開いている接続 オープン接続の合計数。各接続は複数の操作のために考慮できるため、複数のスレッドがあります。
残りの利用可能な接続 サーバーが同時に開くことのできる残りの接続の合計数。この数は、現在開いている接続の数と、サーバーが開くことのできる同時接続の合計数に基づいています。多くの場合、後者の値はオペレーティングシステムによって決定され、タスクで利用可能なファイル記述子の数で表示されます。
クライアントへの書き込みを待機するスレッド クライアントへの書き込みを待機するスレッドの合計数。スレッドは、クライアントにデータ送信中にサーバーを一時停止する必要がある場合にすぐに書き込みできない場合があります。一時停止の理由には、低速なネットワーク、低速なクライアント、またはクライアントに送信される非常に多くの情報などがあります。
クライアントからの読み取りを待機するスレッド クライアントから読み取りを待機するスレッドの合計数。サーバーがクライアントから要求を受信していった場合、スレッドはすぐに読み取らない場合があり、一部の理由でその要求の送信は停止します。通常、読み取りを待機するスレッドは、低速なネットワークまたはクライアントを示します。
使用中のデータベース サーバーによってサービスされるデータベースの合計数。
Connection Status テーブルには、現在のアクティブな接続が表示されます。これには、関連する接続情報が含まれます。
表20.5 接続の状態
テーブルヘッダー 詳細
開かれた時間 接続が最初に開かれたサーバー上の時間。
Started このコネクションによって開始される操作の数。
完了 この接続のためにサーバーが完了した操作の数。
バインド: サーバーにバインドするためにクライアントによって使用される識別名。クライアントがサーバーに対して認証されていない場合、サーバーはこのフィールドで バインドされません
読み取り/書き込み サーバーが現在クライアントへの読み取りまたは書き込みアクセスに対してブロックされているかどうかを示します。以下の 2 つの値を使用できます。
ブロックされないということは、サーバーがアイドル状態であること、データをクライアントにアクティブに送信したり、クライアントからデータをアクティブに読み込むことを意味します。
ブロック とは、サーバーがクライアントへのデータの送信またはクライアントからのデータの読み取りを試みるが、できないことを意味します。おそらく、ネットワークまたはクライアントが遅くなる可能性があります。
Global Database Cache テーブルには、Directory Server インスタンス内のすべてのデータベースのキャッシュ情報が記載されています。
注記
グローバルデータベースキャッシュのパフォーマンスカウンターは、Directory Server コンソールの他のサーバーパフォーマンスカウンターと共に一覧表示されますが、実際のデータベースキャッシュエントリーは、cn =monitor,cn= database_instance,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config に置かれ、その他のデータベースアクティビティーであるためです。コマンドラインでこれらのエントリーを監視する方法については、「コマンドラインでのデータベースの監視」 を参照してください。
表20.6 グローバルデータベースのキャッシュ情報
テーブルヘッダー 詳細
Hits ディスクに移動するのではなく、キャッシュからデータを取得することで、サーバーがリクエストを処理できる回数。
tries サーバー起動後のデータベースアクセスの総数。
Ratio のヒット キャッシュの比率は、キャッシュヒットの成功を試みます。この数を 100% にすると、より良い数値になります。
ページの読み取り ディスクからキャッシュに読み取られるページ数。
ページが書き込まれる キャッシュからディスクに書き込まれたページ数。
読み取り専用ページのエビクション 新規ページのスペースを作成するために、キャッシュから破棄された読み取り専用ページの数。キャッシュから破棄されたページはディスクに書き込まれ、サーバーのパフォーマンスに影響する可能性があります。ページの数が小さいほどエビクトされます。
読み取り/書き込みページのエビクション 新規ページのスペースを作成するために、キャッシュから破棄された読み取り/書き込みページの数。この値は、変更されていない読み取り書き込みページを破棄する点で、Pages Written Out とは異なります。キャッシュから破棄されたページはディスクに書き込まれ、サーバーのパフォーマンスに影響する可能性があります。ページのエビクト数が少ないほど、パフォーマンスが向上します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.