検索

16.11.2. 完全同期の実行

download PDF
データに大きな変更があった場合や、既存の Directory Server エントリーに同期属性を追加する場合は、再同期 を開始する必要があります。再同期は合計更新であり、同期されたサブツリーのコンテンツ全体が検証され、必要に応じて更新されます。再同期は changelog を使用せずに行われます。これは、レプリケーションのコンシューマーの初期化または再初期化に似ています。

16.11.2.1. コンソールを使用した完全同期の実行

完全同期を実行するには、以下を実行します。
  1. コンソールの Configuration タブに移動します。
  2. Replication フォルダーを開き、適切なデータベースを展開します。
  3. 同期合意を選択します。
  4. 合意を右クリックしたり、Object メニューを開きます。
  5. ドロップダウンメニューから Initialize Full Re-synchronization を選択します。
    Resynchronizing は、同期ピアのデータを削除しません。すべての更新を送受信して、新規または変更した Directory Server エントリーを追加します。たとえば、ntUser オブジェクトクラスが追加された既存の Directory Server ユーザーを追加します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.