検索

6.3. データのバックアップおよび復元

download PDF
データベースは、Directory Server コンソールまたはコマンドラインスクリプトを使用してバックアップおよび復元できます。バックアップには以下が含まれます。以下に例を示します。
  • それらのデータベース内に格納されているデータを含む、userRoot および NetscapeRoot などの全データベースファイル
  • トランザクションログ
  • インデックス
バックアップとは対照的に、「データのエクスポート」 の説明に従ってデータをエクスポートできます。エクスポート機能を使用して、LDAP Data Interchange Format (LDIF) 形式のサーバーからサブツリーなどの特定のデータをエクスポートします。
本セクションでは、以下の手順について説明します。
警告
バックアップまたは復元操作中にサーバーを停止しないでください。

6.3.1. すべてのデータベースのバックアップ

以下の手順では、Directory Server コンソールとコマンドラインから、ディレクトリー内のすべてのデータベースのバックアップを説明します。
注記
これらのバックアップメソッドは、データベースリンクを使用してチェーンされるリモートサーバーのデータベースに含まれるデータのバックアップには使用できません。

6.3.1.1. コンソールからのすべてのデータベースのバックアップ

Directory Server コンソールからデータベースをバックアップする場合、サーバーはすべてのデータベースコンテンツおよび関連するインデックスファイルをバックアップの場所にコピーします。サーバーの実行中にバックアップを実行できます。
Directory Server コンソールからデータベースをバックアップするには、以下を実行します。
  1. Tasks タブを選択します。
  2. Directory Server のバックアップ をクリックします。
  3. Directory テキストボックスにバックアップファイルを保存するディレクトリーの完全パスを入力するか、Use default をクリックすると、サーバーはバックアップディレクトリーの名前を指定します。
    コンソールがディレクトリーと同じマシンで実行されている場合は、Browse をクリックしてローカルディレクトリーを選択します。
    デフォルトの場所で、バックアップファイルは /var/lib/dirsrv/slapd-instance/bak に配置されます。デフォルトでは、バックアップディレクトリー名にはサーバーインスタンスの名前が含まれ、バックアップが作成された日時(instance-YYYY_MM_DD_hhmmss)が含まれます。

6.3.1.2. コマンドラインでのすべてのデータベースのバックアップ

データベースは、db2bak コマンドラインスクリプトまたは db2bak.pl Perl スクリプトを使用してコマンドラインからバックアップできます。コマンドラインスクリプトは、サーバーの実行時またはサーバーが停止しているときに機能します。Perl スクリプトは、サーバーが実行されているときにのみ使用できます。
重要
バックアップされるデータベースがマスターデータベース(つまり changelog)である場合は、db 2bak.pl Perl スクリプトを使用してバックアップするか、サーバーが実行中の場合は Directory Server Console を使用してバックアップする必要があります。changelog は、サーバーのシャットダウン時に RUV エントリーをデータベースに書き込みます。サーバーの実行中に changelog はその変更をメモリーに保持します。Perl スクリプトとコンソールの場合、これらの changelog RUV は、バックアッププロセスの実行前にデータベースに書き込まれます。ただし、この手順はコマンドラインスクリプトでは実行されません。
db2bak は、実行中のマスターサーバーでは実行しないでください。Perl スクリプトを使用するか、またはサーバーを停止してからバックアップを実行します。
このバックアップ方法で設定情報をバックアップ することはできません。設定情報をバックアップする方法は、「dse.ldif 設定ファイルのバックアップ」 を参照してください。
db2bak.pl スクリプトを使用してコマンドラインからディレクトリーをバックアップするには、バックアップのファイル名とディレクトリーを指定して、Perl スクリプト db2bak.pl を実行します。
# db2bak.pl -Z instance_name -D "cn=Directory Manager" -w password -a /var/lib/dirsrv/slapd-example/bak/instance-2020_04_30_16_27_5-custom-name
注記
-a オプションを使用して nsslapd-bakdir ディレクティブで設定したデフォルトのバックアップディレクトリーを指定する場合は、末尾のスラッシュ("/")を使用しないでください。以下に例を示します。
# db2bak.pl -Z instance_name -D "cn=Directory Manager" -w password -a /var/lib/dirsrv/slapd-example/bak
slapd-example/bak の後にスラッシュがないことに注意してください
この制限は、nsslapd-bakdir で設定されるディレクトリーと同じディレクトリーを指定する場合にのみ適用されます。デフォルトのバックアップディレクトリー( bak/custom-name/など)内であっても、他のディレクトリーは、末尾のスラッシュの有無でも指定できます。
サーバーがバックアップしたデータベースを保存するバックアップディレクトリーは、スクリプトで指定できます。ディレクトリーを指定しないと、バックアップファイルは /var/lib/dirsrv/slapd-instance/bak に保存されます。デフォルトでは、バックアップディレクトリーは Directory Server インスタンス名とバックアップの日付(serverID-YYYY_MM_DD_hhmmss)で名前が付けられます。

6.3.1.3. cn=tasks エントリーを使用したデータベースのバックアップ

Directory Server 設定の cn=tasks,cn=config エントリーは、サーバーがタスクの管理に使用する一時的なエントリーのコンテナーエントリーです。複数の共通ディレクトリータスクには、cn=tasks,cn=config の下にコンテナーエントリーがあります。一時タスクエントリーは、cn=backup,cn=tasks,cn=config の下に作成し、バックアップ操作を開始できます。
バックアップタスクエントリーには以下の 3 つの属性が必要です。
  • 一意の名前(cn)
  • バックアップファイルを書き込むディレクトリー(nsArchiveDir)。バックアップファイルには、Directory Server インスタンス名とバックアップの日付(serverID-YYYY_MM_DD_hhmmss)という名前が付けられます。
  • データベースのタイプ(nsDatabaseType)。唯一のオプションは ldbm データベース です。
エントリーは、ldapmodify を使用したエントリーの追加」 で説明されているように ldapmodify を使用して追加されます。以下に例を示します。
# ldapmodify -a -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -x

dn: cn=example backup,cn=backup,cn=tasks,cn=config
changetype: add
objectclass: extensibleObject
cn: example backup
nsArchiveDir: /export/backups/
nsDatabaseType: ldbm database
タスクが完了するとすぐに、エントリーはディレクトリー設定から削除されます。
この例で使用される属性と、このエントリーに設定できるその他の属性の詳細は、Red Hat Directory Server 設定、コマンド、およびファイルリファレンス の cn=backup,cn=tasks,cn=config エントリーの説明を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.