検索

18.13.2.4. 接続に一定レベルのセキュリティーの要求

download PDF
接続のセキュリティーは、操作を処理するために必要な最低限の鍵の強度を設定する SSF (Security Strength Factor) によって決定されます。バインドルールで ssf キーワードを使用すると、接続が一定レベルのセキュリティーを使用する必要があります。これにより、パスワード変更などの操作を強制的に、暗号化された接続上で実行できます。
すべての操作の SSF 値は、TLS 接続と SASL バインドの間の値が高くなります。これは、サーバーが TLS で実行されるように設定され、レプリカ合意が SASL/GSSAPI に対して設定されている場合は、操作の SSF が利用可能な暗号化タイプがよりセキュアであることを意味します。
ssf キーワードでルールをバインドするには、以下の構文を使用します。
ssf comparison_operator key_strength
以下の比較演算子を使用できます。
  • = (等しい)
  • ! (等しくない)
  • < (より小さい)
  • > (より大きい)
  • <= (より小さいか等しい)
  • >= (より大きいか等しい)
key_strength パラメーターが 0 に設定されている場合、LDAP 操作にセキュアな操作は必要ありません。

例18.31 接続に一定レベルのセキュリティーの要求

dc=example,dc=com エントリーのユーザーが、SSF が 128 以上の場合にのみ、userPassword 属性を更新できるように設定する場合は、以下を実行します。
# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -x
dn: dc=example,dc=com
changetype: modify
add: aci
aci: (targetattr = "userPassword") (version 3.0;
 acl "Allow users updating own userPassword";
 allow (write) (userdn = "ldap:///self") (ssf >= "128");)
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.