検索

12.3. オブジェクトクラスの作成

download PDF
本セクションでは、コマンドラインおよび Web コンソールを使用してオブジェクトクラスを作成する方法を説明します。

12.3.1. コマンドラインを使用したオブジェクトクラスの作成

ldapmodify ユーティリティーを使用して、新しいオブジェクトクラスエントリーを作成します。以下に例を示します。
# dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com schema objectclasses add examplePerson --oid="2.16.840.1133730.2.123" --desc="Example Person Object Class" --sup="inetOrgPerson" --kind="AUXILIARY" --must="cn" --may exampleDateOfBirth examplePreferredOS
オブジェクトクラス定義の詳細は、「オブジェクトクラス」を参照してください。

12.3.2. Web コンソールを使用したオブジェクトクラスの作成

Web コンソールを使用してオブジェクトクラスの作成するには、以下を行います。
  1. Web コンソールで Directory Server ユーザーインターフェイスを開きます。「Web コンソールを使用した Directory Server へのログイン」を参照してください。
  2. インスタンスを選択します。
  3. Schema Objectclasses を選択します。
  4. Add ObjectClass をクリックします。
  5. 親オブジェクトクラスを選択します。
  6. オブジェクトクラス名を入力し、オプションでオブジェクト識別子 (OID) を設定します。
  7. オブジェクトクラスの種類を選択します。
  8. 対応するフィールドに必須属性および許可属性を入力します。
  9. Add をクリックします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.