検索

第7章 属性および値の管理

download PDF
Red Hat Directory Server は、ディレクトリーエントリーで一部の属性タイプを動的かつ自動的に維持するためのさまざまなメカニズムを提供します。これらのプラグインおよび設定オプションを使用すると、ディレクトリーデータの管理やエントリー間の関係の表現が容易になります。
エントリーの特徴の一部は、相互 関係 です。とうぜん。マネージャーには従業員がいるため、この 2 つのエントリーには関連性があります。グループはメンバーに関連付けられます。共通の物理的な場所を共有するエントリー間のように、あまり明白でない関係もあります。
Red Hat Directory Server は、このようなエントリー間の関係をスムーズにかつ一貫して維持する方法を複数提供します。複数のプラグインは、ディレクトリー内のデータの一部として属性を自動的に適用または生成できます。これには、サービスのクラス、属性のリンク、一意の数値属性値の生成が含まれます。

7.1. 属性の一意性の有効化

ディレクトリーまたはサブツリー全体で属性の値が一意になるように、Attribute Uniqueness プラグインを使用します。
複数の属性を一意にしたい場合や、異なる条件を使用する場合は、プラグインに複数の設定レコードを作成します。

7.1.1. Attribute Uniqueness プラグインの新規設定レコードの作成

値が一意である必要がある属性ごとに、Attribute Uniqueness プラグインの新しい設定レコードを作成します。
注記
コマンドラインからプラグインの新しい設定レコードのみを作成できます。
Example Attribute Uniqueness という名前のプラグインの設定解除および無効にした新しい設定レコードを作成するには、以下を実行します。
dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com plugin attr-uniq add "Example" --attr-name uid

7.1.2. 接尾辞またはサブツリーにおける属性一意の設定

Attribute Uniqueness プラグインを設定して、特定の接尾辞、サブツリー、または接尾辞およびサブツリーで属性の値が一意になるようにすることができます。

7.1.2.1. コマンドラインで接尾辞またはサブツリーに対する属性一意の設定

たとえば、mail 属性に保存される値が一意となるように設定するには、以下を実行します。
  1. たとえば mail Attribute Uniqueness という名前の Attribute Uniqueness プラグインの新たな設定レコードを作成します。詳細については、Attribute Uniqueness プラグインの新規設定レコードの作成」 を参照してください。
  2. プラグイン設定レコードを有効にします。
    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com plugin attr-uniq enable "mail Attribute Uniqueness"
  3. mail 属性に保存されている値は、内部で一意である必要があります。たとえば、ou=Engineering,dc=example,dc=com および ou=Sales,dc=example,dc=com サブツリーなどです。
    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com plugin attr-uniq set "mail Attribute Uniqueness" --attr-name mail --subtree ou=Engineering,dc=example,dc=com ou=Sales,dc=example,dc=com
  4. 必要に応じて、このプラグイン設定レコードに設定されたすべてのサブツリーで一意性を設定するには、以下を実行します。
    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com plugin attr-uniq set "mail Attribute Uniqueness" --across--all-subtrees=on
  5. インスタンスを再起動します。
    # dsctl instance_name restart

7.1.2.2. Web コンソールを使用した接尾辞またはサブツリーに対する属性の一意の設定

たとえば、mail 属性に保存される値が一意となるように設定するには、以下を実行します。
  1. Web コンソールで Directory Server ユーザーインターフェイスを開きます。「Web コンソールを使用した Directory Server へのログイン」を参照してください。
  2. インスタンスを選択します。
  3. Plugins メニューを開きます。
  4. Attribute Uniqueness プラグインを選択します。
  5. Add Config をクリックします。
  6. フィールドを入力し、設定を有効にします。以下に例を示します。

    図7.1 属性一意設定の追加

    属性一意設定の追加
  7. インスタンスを再起動します。「Web コンソールを使用した Directory Server インスタンスの起動および停止」を参照してください。

7.1.3. オブジェクトクラスに対する属性の一意性の設定

Attribute Uniqueness プラグインを設定して、特定のオブジェクトクラスが含まれるサブツリーエントリーで属性の値が一意になるようにすることができます。Directory Server は、更新されたオブジェクトの親エントリーでこのオブジェクトクラスを検索します。Directory Server でオブジェクトクラスが見つからなかった場合、検索はディレクトリーツリーのルートまで次の上位レベルのエントリーで続行されます。オブジェクトクラスが見つかった場合、Directory Server は、uniqueness-attribute-name に設定された属性の値がこのサブツリー内で一意であることを確認します。
たとえば、mail 属性に保存されている値が、nsContainer オブジェクトクラスが含まれるエントリーで一意となるように設定するには、以下を実行します。
  1. たとえば mail Attribute Uniqueness という名前の Attribute Uniqueness プラグインの新たな設定レコードを作成します。詳細については、Attribute Uniqueness プラグインの新規設定レコードの作成」 を参照してください。
  2. プラグイン設定レコードを有効にします。
    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com plugin attr-uniq enable "mail Attribute Uniqueness"
  3. mail 属性に保存される値は、nsContainer オブジェクトクラスが含まれるエントリーで一意である必要があります。
    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com plugin attr-uniq set "mail Attribute Uniqueness" --top-entry-oc=nsContainer
  4. 必要に応じて、チェックされるオブジェクトの範囲を制限できます。サーバーが nsContainer オブジェクトクラスを含むエントリーの下にあるエントリーのサブセットのみをチェックするようにするには、uniqueness-subtree-entries-oc パラメーターに追加のオブジェクトクラスを設定します。この追加クラスも存在している必要があります。
    たとえば、nsContainer オブジェクトクラスセットが含まれるエントリーにあるすべてのエントリーで mail 属性を一意にする必要があります。ただし、プラグインは、inetOrgPerson など、この属性を提供するオブジェクトクラスが含まれるエントリーで mail のみを検索します。この場合は、以下を入力します。
    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com plugin attr-uniq set "mail Attribute Uniqueness" --subtree-entries-oc=inetOrgPerson
  5. インスタンスを再起動します。
    # dsctl instance_name restart

7.1.4. 属性の一意性プラグイン設定パラメーター

Attribute Uniqueness プラグインの設定レコードを設定するには、cn=attribute_uniqueness_configuration_record_name,cn=plugins,cn=config エントリーでプラグインの設定属性を設定します。

例7.1 プラグイン固有の属性を使用した属性の一意性プラグイン設定

dn: cn=Example Attribute Uniqueness,cn=plugins,cn=config
nsslapd-pluginEnabled: on
uniqueness-attribute-name: attribute_name
uniqueness-top-entry-oc: objectclass1 
uniqueness-subtree-entries-oc: objectclass2
Attribute Uniqueness プラグインを設定するために設定できるパラメーターの一覧は、Red Hat Directory Server の設定、コマンド、およびファイルリファレンスの該当するセクションを参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.