検索

4.3. プラグイン開始更新のバインド DN の追跡

download PDF
エントリーへの変更の 1 つで、ディレクトリーツリー全体で、他の自動変更をトリガーすることができます。たとえば、ユーザーが削除されると、そのユーザーは Referential Integrity Postoperation プラグインが属するグループから自動的に削除されます。
最初のアクションは、サーバーにバインドされているユーザーアカウントによって実行されているものとしてエントリーに表示されますが、関連するすべての更新 (デフォルト) はプラグインによって実行されているものとして表示され、どのユーザーがその更新を開始したかについての情報はありません。たとえば、MemberOf プラグインを使用してグループメンバーシップでユーザーエントリーを更新し、グループアカウントの更新はバインドされたユーザーが実行済みとして表示されますが、ユーザーエントリーの編集は MemberOf プラグインによって実行されると表示されます。
dn: cn=example_group,ou=groups,dc=example,dc=com
modifiersname: uid=example,ou=people,dc=example,dc=com

dn: uid=example,ou=people,dc=example,dc=com
modifiersname: cn=memberOf plugin,cn=plugins,cn=config
nsslapd-plugin-binddn-tracking パラメーターにより、サーバーは、更新操作を開始したユーザーと、実際に実行した内部プラグインを追跡できます。バインドされたユーザーは modifiersname 操作属性および creatorsname 操作属性に表示されますが、実行されたプラグインは internalModifiersname 操作属性および internalCreatorsname 操作属性に表示されます。以下に例を示します。
dn: uid=example,ou=people,dc=example,dc=com
modifiersname: uid=admin,ou=people,dc=example,dc=com
internalModifiersname: cn=memberOf plugin,cn=plugins,cn=config
nsslapd-plugin-binddn-tracking パラメーターは、バインドされたユーザーと、その接続に対して実行される更新の関係を追跡し、維持します。
注記
internalModifiersname 属性および internalCreatorsname 属性は、常にプラグインをアイデンティティーとして表示します。このプラグインは、MemberOf プラグインなどの追加のプラグインである可能性があります。コア Directory Server により変更が加えられると、プラグインはデータベースプラグイン (cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config) になります。

4.3.1. コマンドラインで開始した更新のバインド DN の追跡の有効化

コマンドラインを使用して、プラグインを開始する更新のバインド DN の追跡を有効にするには、以下を実行します。
  1. nsslapd-plugin-binddn-tracking パラメーターを on に設定します。
    # dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config replace nsslapd-plugin-binddn-tracking=on
  2. インスタンスを再起動します。
    # dsctl instance_name restart

4.3.2. Web コンソールを使用したプラグイン開始の更新のバインド DN の追跡の有効化

Web コンソールを使用して、プラグインを開始する更新のバインド DN の追跡を有効にするには、以下を実行します。
  1. Web コンソールで Directory Server ユーザーインターフェイスを開きます。「Web コンソールを使用した Directory Server へのログイン」を参照してください。
  2. インスタンスを選択します。
  3. Server Settings メニューを開き、Server Settings エントリーを選択します。
  4. Advanced Settings タブで Enable Plugin Bind DN Tracking を選択します。
  5. Save をクリックします。
  6. インスタンスを再起動します。「Web コンソールを使用した Directory Server インスタンスの起動および停止」を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.