検索

4.3. 特定のプラグインで使用できる属性

download PDF

4.3.1. nsslapd-dynamic-plugins

Directory Server には、サーバーを再起動せずに有効にできる動的プラグインがあります。nsslapd-dynamic-plugins 属性は、サーバーが動的プラグインを許可するように設定されているかどうかを指定します。デフォルトでは、動的プラグインは無効になっています。

警告

Directory Server は動的プラグインをサポートしません。これは、テストおよびデバッグの目的でのみ使用してください。

一部のプラグインは動的として設定できず、サーバーを再起動する必要があります。

プラグインパラメーター説明

エントリー DN

cn=config

有効な値

on | off

デフォルト値

off

構文

DirectoryString

nsslapd-dynamic-plugins: on

4.3.2. nsslapd-pluginConfigArea

一部のプラグインエントリーはコンテナーエントリーで、プラグインのインスタンスが複数、cn=plugins,cn=config のこのコンテナーの下に作成されます。ただし、cn=plugins,cn=config は複製されないので、これらのコンテナーエントリーの下にあるプラグイン設定は、すべての Directory Server インスタンスで手動で設定する必要があります。

nsslapd-pluginConfigArea 属性は、プラグインインスタンスエントリーが含まれるメインのデータベース領域にある別のコンテナーエントリーを参照します。このコンテナーエントリーは、複製されたデータベースで使用することができます。これにより、プラグイン設定を複製できます。

プラグインパラメーター説明

エントリー DN

cn=plug-in name,cn=plugins,cn=config

有効な値

任意の有効な DN

デフォルト値

 

構文

DN

nsslapd-pluginConfigArea: cn=managed entries container,ou=containers,dc=example,dc=com

4.3.3. nsslapd-pluginLoadNow

この属性は、プラグインが使用するすべてのシンボル、これらのシンボルによるすべてのシンボル参照を即時に読み込む (true) か、初回時に使用されるシンボルを読み込む (false) かを指定します。

プラグインパラメーター説明

エントリー DN

cn=plug-in name,cn=plugins,cn=config

有効な値

true | false

デフォルト値

false

構文

DirectoryString

nsslapd-pluginLoadNow: false

4.3.4. nsslapd-pluginLoadGlobal

この属性は、依存ライブラリーのシンボルがローカルで表示される (false) か、実行可能ファイルおよびすべての共有オブジェクトに (true) 表示されるかどうかを指定します。

プラグインパラメーター説明

エントリー DN

cn=plug-in name,cn=plugins,cn=config

有効な値

true | false

デフォルト値

false

構文

DirectoryString

nsslapd-pluginLoadGlobal: false

4.3.5. nsslapd-plugin-depends-on-type

プラグインが正しい順序でサーバーによって呼び出されるようにするために使用される多値属性。nsslapd-pluginType 属性に含まれるプラグインのタイプ番号に対応する値を取ります。詳細は 「nsslapd-pluginType」 を参照してください。以下の有効な範囲内で、この値のいずれかに一致する type 値を持つプラグインはすべて、このプラグインの前にサーバーによって起動します。以下の postoperation Referential Integrity プラグインの例は、postoperation Referential Integrity プラグインの前にデータベースプラグインを起動することを示します。

プラグインパラメーター説明

エントリー DN

cn=referential integrity postoperation,cn=plugins,cn=config

有効な値

database

デフォルト値

 

構文

DirectoryString

nsslapd-plugin-depends-on-type: database

4.3.6. nsslapd-plugin-depends-on-named

プラグインが正しい順序でサーバーによって呼び出されるようにするために使用される多値属性。プラグインの cn 値に対応する値を取ります。cn 値が、以下の値のいずれかに一致するプラグインは、このプラグインの前にサーバーにより起動されます。プラグインが存在しない場合は、サーバーが起動できません。以下の postoperation Referential Integrity プラグインの例は、Views プラグインが Roles の前に起動することを示しています。ビューが見つからない場合は、サーバーは起動しません。

プラグインパラメーター説明

エントリー DN

cn=referential integrity postoperation,cn=plugins,cn=config

有効な値

サービスのクラス

デフォルト値

 

構文

DirectoryString

* nsslapd-plugin-depends-on-named: Views

* nsslapd-pluginId: roles

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.