検索

3.2. 設定オブジェクトクラス

download PDF

多くの設定エントリーは extensibleObject オブジェクトクラスのみを使用しますが、設定エントリーで他のオブジェクトクラスが必要になるものもあります。これらの設定オブジェクトクラスがここにリスト表示されます。

3.2.1. changeLogEntry (オブジェクトクラス)

このオブジェクトクラスは、Directory Server エントリーへの変更を保存するエントリーに使用されます。

Directory Server 4.1x に実装された changelog との互換性を維持するように Directory Server を設定するには、Retro Changelog プラグインを有効にします。changelog の各エントリーには、changeLogEntry オブジェクトクラスがあります。

このオブジェクトクラスは、Changelog インターネットドラフトで定義されています。

上級クラス

top

OID

2.16.840.1.113730.3.2.1

表3.8 必要な属性

objectClass

エントリーのオブジェクトクラスを定義します。

「changeNumber」

changelog に任意に割り当てられた数字が含まれます。

「changeTime」

変更が行われた時刻。

「changeType」

エントリーに対して実行される変更のタイプ。

「targetDn」

サプライヤーサーバーで追加、変更、または削除されているエントリーの識別名。

表3.9 使用できる属性

「changes」

Directory Server に対する変更。

「deleteOldRdn」

エントリーの古い Relative Distinguished Name (RDN) をエントリーの識別属性として保持するか、削除するかを定義するフラグ。

「newRdn」

modRDN または modDN 操作の対象となるエントリーの新しい RDN。

「newSuperior」

modDN 操作の処理時に既存のエントリーの 1 つ上の階層となるエントリーの名前。

3.2.2. directoryServerFeature (オブジェクトクラス)

このオブジェクトクラスは、ディレクトリーサービスの機能を識別するエントリー専用として使用されます。このオブジェクトクラスは Directory Server で定義されます。

上級クラス

top

OID

2.16.840.1.113730.3.2.40

表3.10 必要な属性
属性定義

objectClass

エントリーに割り当てられたオブジェクトクラスを指定します。

表3.11 使用できる属性
属性定義

cn

エントリーの一般的な名前を指定します。

multiLineDescription

エントリーのテキスト説明を入力します。

oid

機能の OID を指定します。

3.2.3. nsBackendInstance (オブジェクトクラス)

このオブジェクトクラスは、Directory Server バックエンドまたはデータベース、インスタンスエントリーに使用されます。このオブジェクトクラスは Directory Server に定義されています。

上級クラス

top

OID

2.16.840.1.113730.3.2.109

表3.12 必要な属性
属性定義

objectClass

エントリーのオブジェクトクラスを定義します。

cn

エントリーの共通名を指定します。

3.2.4. nsChangelog4Config (オブジェクトクラス)

Directory Server 11.3 を Directory Server 4.x サーバー間で複製するには、Directory Server 11.3 インスタンスに特別な changelog を設定する必要があります。このオブジェクトクラスは retro changelog の設定を定義します。

このオブジェクトは Directory Server に対して定義されます。

上級クラス

top

OID

2.16.840.1.113730.3.2.82

表3.13 使用できる属性
属性定義

cn (共通名)

エントリーの共通名を指定します。

3.2.5. nsDS5Replica (オブジェクトクラス)

このオブジェクトクラスは、データベースレプリケーションにレプリカを定義するエントリー用です。これらの属性の多くはバックエンド内で設定され、変更することはできません。

このオブジェクトクラスの属性に関する情報は、Directory Server 設定、コマンド、およびファイルリファレンス の 2 章のコア設定属性と共にリスト表示されます。

このオブジェクトクラスは Directory Server に定義されています。

上級クラス

top

OID

2.16.840.1.113730.3.2.108

表3.14 必要な属性

objectClass

エントリーのオブジェクトクラスを定義します。

nsDS5ReplicaId

レプリケーション環境内のサプライヤーの一意の ID を指定します。

nsDS5ReplicaRoot

複製された領域のルートで接尾辞 DN を指定します。

表3.15 使用できる属性

cn

レプリカの名前を指定します。

nsDS5Flags

フラグで以前に設定された情報を指定します。

nsDS5ReplicaAutoReferral

サーバーが Directory Server データベースに設定された参照に従うかどうかを設定します。

nsDS5ReplicaBindDN

サプライヤーサーバーがコンシューマーにバインドする時に使用する DN を指定します。

nsDS5ReplicaChangeCount

changelog の合計エントリー数と、複製されたかどうかを示します。

nsDS5ReplicaLegacyConsumer

レプリカがレガシーコンシューマーであるかどうかを指定します。

nsDS5ReplicaName

内部操作用のレプリカの一意 ID を指定します。

nsDS5ReplicaPurgeDelay

changelog がパージされるまでの秒数を指定します。

nsDS5ReplicaReferral

ユーザー定義の参照の URL を指定します。

nsDS5ReplicaReleaseTimeout

更新の送信が完了したかどうかに関係なく、サプライヤーがレプリカをリリースするまでのタイムアウトを指定します。

nsDS5ReplicaTombstonePurgeInterval

パージ操作サイクルの間隔 (秒単位) を指定します。

nsDS5ReplicaType

読み取り専用コンシューマーなどのレプリカのタイプを定義します。

nsDS5Task

データベースのコンテンツを LDIF にダンプするなどのレプリケーションタスクを起動します。これは、Directory Server サプライヤーにより内部で使用されます。

nsState

適切な変更シーケンス番号が生成されるように、クロックに関する情報を格納します。

3.2.6. nsDS5ReplicationAgreement (オブジェクトクラス)

オブジェクトクラスが nsDS5ReplicationAgreement のエントリーは、設定された情報をレプリカ合意に保存します。このオブジェクトクラスの属性に関する情報は、Directory Server 設定、コマンド、およびファイルリファレンスの 2 章を参照してください。

このオブジェクトクラスは Directory Server に定義されています。

上級クラス

top

OID

2.16.840.1.113730.3.2.103

表3.16 必要な属性

objectClass

エントリーのオブジェクトクラスを定義します。

cn

レプリカ合意の命名に使用されます。

表3.17 使用できる属性

description

フリーテキストでのレプリカ合意に関する説明が含まれます。

nsDS5BeginReplicaRefresh

レプリカを手動で初期化します。

nsds5debugreplicatimeout

レプリケーションがデバッグロギングで実行される場合に使用する別のタイムアウト期間を指定します。

nsDS5ReplicaBindDN

サプライヤーサーバーがコンシューマーにバインドする時に使用する DN を指定します。

nsDS5ReplicaBindMethod

バインディングに使用するメソッド (SSL または簡易認証) を指定します。

nsDS5ReplicaBusyWaitTime

コンシューマーがビジー応答を送信してから、コンシューマーがアクセスの取得を試みるまで、サプライヤーが待機する時間を秒単位で設定します。

nsDS5ReplicaChangesSentSinceStartup

サーバーが起動してからこのレプリカに送信された変更の数。

nsDS5ReplicaCredentials

バインド DN のパスワードを指定します。

nsDS5ReplicaHost

コンシューマーレプリカのホスト名を指定します。

nsDS5ReplicaLastInitEnd

コンシューマーレプリカの初期化がいつ終了したかを示します。

nsDS5ReplicaLastInitStart

コンシューマーレプリカの初期化を開始するタイミングを示します。

nsDS5ReplicaLastInitStatus

コンシューマーの初期化のステータス。

nsDS5ReplicaLastUpdateEnd

最新のレプリケーションスケジュールの更新がいつ終了したかを示します。

nsDS5ReplicaLastUpdateStart

直近のレプリケーションスケジュールの更新が開始されるタイミングを示します。

nsDS5ReplicaLastUpdateStatus

最新のレプリケーションスケジュール更新のステータスを示します。

nsDS5ReplicaPort

リモートレプリカのポート番号を指定します。

nsDS5ReplicaRoot

複製された領域のルートで接尾辞 DN を指定します。

nsDS5ReplicaSessionPauseTime

次の更新セッションまでの間に、サプライヤーが待機する時間を秒単位で指定します。

nsDS5ReplicatedAttributeList

コンシューマーサーバーにレプリケートしない属性を指定します。

nsDS5ReplicaTimeout

タイムアウトや失敗するまでの間に、アウトバウンド LDAP 操作がリモートレプリカからの応答を待機する時間を秒単位で指定します。

nsDS5ReplicaTransportInfo

レプリカとの間のデータ転送に使用されるトランスポートのタイプを指定します。

nsDS5ReplicaUpdateInProgress

レプリケーションスケジュールの更新が進行中であるかどうかを示します。

nsDS5ReplicaUpdateSchedule

レプリケーションスケジュールを指定します。

nsDS50ruv

レプリケーション更新ベクトルを使用してレプリカの内部状態を管理します。

nsruvReplicaLastModified

レプリカのエントリーが変更され、changelog が更新された最新の時間が含まれます。

nsds5ReplicaStripAttrs

一部のレプリケーションでは、除外した属性の更新も引き続きレプリケーションイベントをトリガーしますが、そのレプリケーションイベントは空となります。この属性は、レプリケーション更新から削除する属性を設定します。これにより、internalModifyTimestamp など属性への変更で、空のレプリケーションの更新をトリガーできなくなります。

3.2.7. nsDSWindowsReplicationAgreement (オブジェクトクラス)

同期合意に関連する同期属性を保存します。このオブジェクトクラスの属性に関する情報は、Red Hat Directory Server 設定、コマンド、およびファイルリファレンスの 2 章を参照してください。

このオブジェクトクラスは Directory Server に定義されています。

上級クラス

top

OID

2.16.840.1.113730.3.2.503

表3.18 必要な属性

objectClass

エントリーのオブジェクトクラスを定義します。

cn

同期合意の名前を指定します。

表3.19 使用できる属性

description

同期合意のテキストの説明が含まれます。

nsDS5BeginReplicaRefresh

手動同期を開始します。

nsds5debugreplicatimeout

同期がデバッグロギングで実行される場合に使用する別のタイムアウト期間を指定します。

nsDS5ReplicaBindDN

Directory Server が Windows サーバーへのバインドに使用する DN を指定します。

nsDS5ReplicaBindMethod

バインディングに使用するメソッド (SSL または簡易認証) を指定します。

nsDS5ReplicaBusyWaitTime

Windows サーバーがビジー応答を送信してから、別のアクセスの取得を試みるまでに、Directory Server が待機する時間を秒単位で指定します。

nsDS5ReplicaChangesSentSinceStartup

Directory Server の起動後に送信された変更の数を示します。

nsDS5ReplicaCredentials

バインド DN の認証情報を指定します。

nsDS5ReplicaHost

同期する Windows サーバーの Windows ドメインコントローラーのホスト名を指定します。

nsDS5ReplicaLastInitEnd

Windows サーバーの最後の完全な更新 (再同期) がいつ終了したかを示します。

nsDS5ReplicaLastInitStart

Windows サーバーの最後の完全な更新 (再同期) がいつ開始したかを示します。

nsDS5ReplicaLastInitStatus

Windows サーバーの完全な更新 (再同期) のステータス。

nsDS5ReplicaLastUpdateEnd

最新の更新がいつ終了したかを示します。

nsDS5ReplicaLastUpdateStart

最新の更新が開始された日時を示します。

nsDS5ReplicaLastUpdateStatus

最新の更新ステータスを示します。

nsDS5ReplicaPort

Windows サーバーのポート番号を指定します。

nsDS5ReplicaRoot

Directory Server のルート接尾辞 DN を指定します。

nsDS5ReplicaSessionPauseTime

次の更新セッションまでの間に、Directory Server が待機する時間を秒単位で指定します。

nsDS5ReplicaTimeout

タイムアウトや失敗するまでの間に、アウトバウンド LDAP 操作が Windows サーバーからの応答を待機する時間を秒単位で指定します。

nsDS5ReplicaTransportInfo

Windows サーバーとの間のデータ転送に使用されるトランスポートのタイプを指定します。

nsDS5ReplicaUpdateInProgress

更新が進行中であるかどうかを示します。

nsDS5ReplicaUpdateSchedule

同期スケジュールの適用

nsDS50ruv

レプリケーション更新ベクトル (RUV) を使用して、Directory Server 同期ピアの内部状態を管理します。

nsds7DirectoryReplicaSubtree

同期する Directory Server の接尾辞 (root または sub) を指定します。

nsds7DirsyncCookie

RUV として機能する同期サービスで設定される Cookie が含まれます。

nsds7NewWinGroupSyncEnabled

Directory Server で新しい Windows グループアカウントが自動的に作成されるかどうかを指定します。

nsds7NewWinUserSyncEnabled

Directory Server で新しい Windows ユーザーアカウントを自動的に作成するかどうかを指定します。

nsds7WindowsDomain

同期している Windows ドメインを特定します。レプリカ合意の nsDS5ReplicaHost と類似しています。

nsds7WindowsReplicaSubtree

同期する Windows サーバーの接尾辞 (root または sub) を指定します。

nsruvReplicaLastModified

Directory Server 同期ピアのエントリーが変更され、changelog が更新された最新の時間が含まれます。

winSyncInterval

Directory Server が Windows サーバーをポーリングして更新を行う頻度を秒単位で設定します。これが設定されていない場合に、デフォルトは 300(300 秒または 5 分) になります。

winSyncMoveAction

同期されたサブツリー以外の Active Directory で検出された、対応のエントリーを同期プラグインが処理する方法を設定します。同期プロセスは、これらのエントリーを無視するか (none、デフォルト)、エントリーが意図的に移動されて同期から削除されたと見なし、対応する Directory Server エントリーまたは Synchronization 属性を削除するか (delete)、エントリーの同期を中止します (unsync)。

3.2.8. nsEncryptionConfig

nsEncryptionConfig オブジェクトクラスは、プロトコルや暗号スイートなど、使用可能な暗号化オプションの設定情報を保存します。これは、Administraive Services で定義されます。

上級クラス

top

OID

nsEncryptionConfig-oid

表3.20 必要な属性
属性定義

objectClass

エントリーのオブジェクトクラスを定義します。

cn (commonName)

デバイスの一般名を指定します。

表3.21 使用できる属性
属性定義

nsSSL3SessionTimeout

SSLv3 暗号セッションのタイムアウト期間を設定します。

nsSSLClientAuth

サーバーがクライアント認証を処理する方法を設定します。allow、disallowed、または require の 3 つの値を使用できます。

nsSSLSessionTimeout

暗号セッションのタイムアウト期間を設定します。

nsSSLSupportedCiphers

サーバーへのセキュアな接続で使用可能な暗号のリストがすべて含まれます。

nsTLS1

サーバーで TLS バージョン 1 を有効にするかどうかを設定します。

3.2.9. nsEncryptionModule

nsEncryptionModule オブジェクトクラスは、暗号化モジュール情報を保存します。これは、Administraive Services で定義されます。

上級クラス

top

OID

nsEncryptionModule-oid

表3.22 必要な属性
属性定義

objectClass

エントリーのオブジェクトクラスを定義します。

cn (commonName)

デバイスの一般名を指定します。

表3.23 使用できる属性
属性定義

nsSSLActivation

暗号ファミリーを有効にするかどうかを設定します。

nsSSLPersonalitySSL

SSL のサーバーが使用する証明書の名前が含まれます。

nsSSLToken

サーバーが使用するセキュリティートークンを特定します。

3.2.10. nsMappingTree(オブジェクトクラス)

マッピングツリーは、接尾辞をバックエンドにマップします。各マッピングツリーエントリーは nsMappingTree オブジェクトクラスを使用します。このオブジェクトクラスは Directory Server に定義されています。

上級クラス

top

OID

2.16.840.1.113730.3.2.110

表3.24 必要な属性
属性定義

objectClass

エントリーに割り当てられたオブジェクトクラスを指定します。

cn

エントリーの共通名を指定します。

3.2.11. nsSaslMapping (オブジェクトクラス)

このオブジェクトクラスは、SASL 属性を DirectoryServer 属性にマッピングするための ID マッピング設定を含むエントリーに使用されます。

このオブジェクトクラスは Directory Server に定義されています。

上級クラス

top

OID

2.16.840.1.113730.3.2.317

表3.25 必要な属性

objectClass

エントリーのオブジェクトクラスを定義します。

cn

SASL マッピングエントリーの名前を指定します。

「nsSaslMapBaseDNTemplate」

検索ベースの DN テンプレートが含まれます。

「nsSaslMapFilterTemplate」

検索フィルターテンプレートが含まれます。

「nsSaslMapRegexString」

SASL ID 文字列に一致する正規表現が含まれます。

3.2.12. nsslapdConfig (オブジェクトクラス)

nsslapdConfig オブジェクトクラスは、Directory Server インスタンスの設定オブジェクト cn=config を定義します。

このオブジェクトクラスは Directory Server に定義されています。

上級クラス

top

OID

2.16.840.1.113730.3.2.39

表3.26 必要な属性
属性定義

objectClass

エントリーに割り当てられたオブジェクトクラスを指定します。

表3.27 使用できる属性
属性定義

cn

エントリーの共通名を指定します。

3.2.13. passwordPolicy (オブジェクトクラス)

local および global パスワードポリシーはいずれも passwordPolicy オブジェクトクラスを取ります。このオブジェクトクラスは Directory Server に定義されています。

上級クラス

top

OID

2.16.840.1.113730.3.2.13

表3.28 必要な属性
属性定義

objectClass

エントリーに割り当てられたオブジェクトクラスを指定します。

表3.29 使用できる属性
属性定義

「passwordMaxAge (パスワードの最大年齢)」

ユーザーパスワードの有効期限が切れるまでの秒数を設定します。

「passwordExp (パスワードの有効期限)」

passwordMaxAge 属性で指定された間隔の後に、ユーザーのパスワードの有効期限が切れるかどうかを指定します。

「passwordMinLength (パスワードの最小長)」

パスワードで使用する必要がある文字の最小数を設定します。

「passwordInHistory (覚えておくべきパスワードの数)」

ディレクトリーストアが履歴に、パスワード数を設定します。

「passwordChange (パスワード変更)」

ユーザーが自身のパスワードを変更できるかどうかを指定します。

「passwordWarning (警告の送信)」

パスワードの有効期限が近づいているユーザーに警告メッセージが送信されるまでの秒数を設定します。

「passwordLockout (アカウントロックアウト)」

バインドの試行が一定回数失敗した後、ユーザーがディレクトリーからロックアウトされているかを示します。

「passwordMaxFailure (最大パスワードの失敗回数)」

バインドの試行を何回失敗するとユーザーがディレクトリーからロックアウトされるかを設定します。

「passwordUnlock (アカウントのロック解除)」

管理者がパスワードをリセットするまでユーザーをロックアウトするかどうか、特定のロックアウト期間後にユーザーが再度ログインできるかどうかを識別します。デフォルトでは、ロックアウト期間後にユーザーが再度ログインできるようになっています。

「passwordLockoutDuration (Lockout Duration)」

ユーザーがディレクトリーからロックされる時間を秒単位で設定します。

「passwordCheckSyntax (パスワード構文チェック)」

パスワードを保存する前に、サーバーによってパスワード構文をチェックするかどうかを指定します。

「passwordMustChange (パスワードを変更する必要があります)」

ディレクトリーへの初回ログイン時、または Directory Manager でパスワードのリセット後にパスワードを変更するかどうかを指定します。

「passwordStorageScheme (パスワードの保存スキーム)」

Directory Server のパスワード保存に使用する暗号化のタイプを設定します。

「passwordMinAge (パスワードの最短有効期限)」

ユーザーが次にパスワードを変更するまでに待機する必要のある秒数を設定します。

「passwordResetFailureCount (パスワードの失敗回数のリセット)」

パスワード障害カウンターをリセットするまでの時間を秒単位で設定します。無効なパスワードがユーザーのアカウントから送信されるたびに、パスワードの失敗カウンターがインクリメントされます。

「passwordGraceLimit (パスワードの有効期限)」

ユーザーのパスワードの有効期限が切れたときに猶予として許可されるログインの数を設定します。

「PasswordMinDigits (パスワード構文)」

パスワードで使用する必要がある数値の最小数 (0 から 9) を設定します。

「passwordMinAlphas (パスワード構文)」

パスワードで使用する必要があるアルファベット文字の最小数を設定します。

「PasswordMinUppers (パスワード構文)」

パスワードで使用する必要がある大文字の英字 (A から Z) の最小数を設定します。

「PasswordMinLowers (パスワード構文)」

パスワードで使用する必要がある小文字の英字 (a から z) の最小数を設定します。

「PasswordMinSpecials (パスワード構文)」

パスワードで使用する必要がある !@#$. などの特殊 ASCII 文字の最小数を設定します。

「passwordMin8Bit (パスワード構文)」

パスワードで使用される 8 ビット文字の最小数を設定します。

「passwordMaxRepeats (パスワード構文)」

同じ文字を連続して使用できる最大回数を設定します。

「passwordMinCategories (パスワード構文)」

パスワードで使用する必要があるカテゴリーの最小数を設定します。

「PasswordMinTokenLength (パスワード構文)」

普通の言葉をチェックする長さを設定します。

「passwordTPRDelayValidFrom」

一時パスワードが有効になるまでの遅延を設定します。

「passwordTPRDelayExpireAt」

一時パスワードが有効な期間を秒数で設定します。

「passwordTPRMaxUse: 5」一時パスワードを使用できる最大試行回数を設定します

 
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.