検索

2.2. データベースアクティビティーの監視

download PDF
注記
サーバーによって監視される Directory Server データベース属性のカウンターによっては、32 ビットシステム上であっても、64 ビットの整数 (エントリーキャッシュヒット数、エントリーキャッシュ試行数、現在のカッシュサイズ、および最大キャッシュサイズ) が使用されます。大規模なシステムでは、これにより、カウンターのローリングが速すぎたり、監視データが歪んだりするのを防ぎます。

2.2.1. コマンドラインを使用したデータベースアクティビティーの監視

データベースの現在のアクティビティーを監視するには、以下を実行します。
# dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com monitor backend
以下の表は、コマンドが返す属性について説明しています。
表2.3 データベース監視属性
属性 説明
readonly データベースが読み取り専用モード (1) か読み取り/書き込みモード (0) かを示します。
entrycachehits 成功したエントリーキャッシュルックアップの合計数。この値は、サーバーがデータベースからエントリーをリロードせずにエントリーキャッシュからエントリーを取得できた合計回数です。
entrycachetries インスタンスを開始してからのエントリーキャッシュルックアップの総数。値は総数です。インスタンスが開始されたため、{DS} はエントリーキャッシュからエントリーを取得しようとしました。
entrycachehitratio
エントリーキャッシュの数は、エントリーキャッシュのルックアップを成功させようとします。この数は、インスタンスを最後に開始してからのルックアップとヒットの合計に基づいています。エントリーキャッシュのヒット率が 100% に近いほど、優れています。
操作がエントリーキャッシュに存在しないエントリーを見つけようとするときはいつでも、サーバーはエントリーを取得するためにデータベースにアクセスする必要があります。したがって、この比率がゼロに近づくと、ディスクアクセスの数が増え、ディレクトリー検索のパフォーマンスが低下します。この比率を改善するには、データベースのエントリーキャッシュのサイズを増やします。
この比率を改善するには、cn=database_name, cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーの nsslapd-cachememsize 属性の値を増やして、エントリーキャッシュのサイズを増やします。
currententrycachesize
エントリーキャッシュに現在存在するディレクトリーエントリーの合計サイズ (バイト単位)。
キャッシュに存在できるエントリーのサイズを増やすには、cn=database_name, cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーの nsslapd-cachememsize 属性の値を増やします。
maxentrycachesize
{DS} がエントリーキャッシュに保持できるディレクトリーエントリーの最大サイズ (バイト単位)。
キャッシュに存在できるエントリーのサイズを増やすには、cn=database_name, cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーの nsslapd-cachememsize 属性の値を増やします。
currententrycachecount 特定のバックエンドのエントリーキャッシュに保存されているエントリーの現在の数。
maxentrycachecount
データベースのエントリーキャッシュに保存されるエントリーの最大数。
この値をチューニングするには、cn=database_name,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=confignsslapd-cachesize 属性の値を増やします。
dncachehits サーバーが、再度正規化するのではなく、DN キャッシュから正規化された識別名 (DN) を取得することにより、要求を処理できた回数。
dncachetries インスタンスを開始してからの DN キャッシュアクセスの総数。
dncachehitratio キャッシュの比率は、DN キャッシュヒットの成功を試みます。この値が 100% に近いほど、優れています。
currentdncachesize
DN キャッシュに現在存在する DN の合計サイズ (バイト単位)。
DN キャッシュに存在できるエントリーのサイズを増やすには、cn=database_name, cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーの nsslapd-dncachememsize 属性の値を増やします。
maxdncachesize
{DS} が DN キャッシュに保持できる DN の最大サイズ (バイト単位)。
キャッシュに存在できるエントリーのサイズを増やすには、cn=database_name, cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーの nsslapd-dncachememsize 属性の値を増やします。
currentdncachecount DN キャッシュに現在存在する DN の数。
maxdncachecount DN キャッシュで許可される DN の最大数。

2.2.2. Web コンソールを使用したデータベースアクティビティーの監視

Web コンソールを使用してデータベースアクティビティーを監視するには、以下を実行します。
  1. Web コンソールで Directory Server ユーザーインターフェイスを開きます。詳細は、『Red Hat Directory Server Administration Guide』のLogging Into Directory Server Using the Web Consoleセクションを参照してください。
  2. インスタンスを選択します。
  3. Monitoring タブで、表示するデータベースエントリーを選択します。
  4. Entry Cache を選択して、エントリーキャッシュのパフォーマンス値を表示します。
    以下の表は、このタブに表示されるフィールドについて説明しています。
    表2.4 エントリーキャッシュタブのフィールド
    フィールド名 説明
    Entry Cache Hit Ratio
    エントリーキャッシュのルックアップを成功させるために試行するエントリーキャッシュの数を示す比率。この数は、ディレクトリーが最後に開始された後のルックアップおよびヒットの合計に基づいています。この値が 100% に近いほど、優れています。操作がエントリーキャッシュに存在しないエントリーの検索を試みるたびに、ディレクトリーがエントリーを取得するためにディスクアクセスを実行する必要があります。したがって、この比率がゼロに近づくと、ディスクアクセスの数が増え、ディレクトリー検索のパフォーマンスが低下します。
    この比率を改善するには、データベースの cn=database_name, cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーの nsslapd-cachememsize 属性の値を増やして、エントリーキャッシュのサイズを増やします。
    Entry Cache Tries ディレクトリーが最後に開始されてからのエントリーキャッシュルックアップの合計数。つまり、サーバー起動以降に要求されたエントリーの合計数です。
    Entry Cache Hits 成功したエントリーキャッシュルックアップの合計数。つまり、ディスクに移動するのではなくキャッシュからデータを取得することで、サーバーが検索要求を処理できる合計回数です。
    Entry Cache Max Size
    ディレクトリーによって維持されるエントリーキャッシュのサイズ (バイト単位)。
    この値はデータベースの cn=database_name, cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーの nsslapd-cachememsize 属性で管理されます。
    Entry Cache Current Size エントリーキャッシュに現在存在するディレクトリーエントリーの数。
    Entry Cache Max Entries
    非推奨。
    エントリーキャッシュで保持できるディレクトリーエントリーの最大数。
    許可される最大エントリー数を設定してキャッシュサイズの管理を試行しないでください。これにより、ホストが RAM を効果的に割り当てることが難しくなる可能性があります。nsslapd-cachememsize 属性を使用して、キャッシュに使用できる RAM の量を設定して、キャッシュサイズを管理します。
    Entry Cache Count エントリーキャッシュに現在存在するディレクトリーエントリーの数。
  5. DN キャッシュのパフォーマンス値については、DN Cache を選択します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.